タグ / 相乗効果

22番染色体、難病 FAX送達、確定申告 NACS(公益社団法人 消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)、活動の対象としている商品又はサービス、消費者、違法性の研究、消費者被害、公正な取扱いをするよう提言、消費者庁、経済産業省、厚労省、消費者目線からの行政への提案、消費者主権 NACS(公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)、自筆証書遺言、秘密証書遺言、検認、公正証書遺言、緩和措置  時効進行上の法律上の障碍  為政者のアンテナの低さ 問題の本質 、「無常」に抗する気持ち 作者の自問自答 人間に興味を 人間の様々な性癖や行動をそれなりに肯定 人間の愚かさを暖かく見守る心 老いも若きも、知恵ある者も愚かな者も 「コロンブスの玉子」、ジュリスト5月号「労働判例研究bP226号」、消費者契約法でいう「抗弁権の接続と同じ意味の接続」、法務省内の社会保険関係訟務実務研究会、「本村年金訴訟上告審判例」(平成7年11月7日) 「善宿寺」:良い名前 正信偈:親鸞上人 労務管理等のヒントになる重要な情報 「幻の障害年金」、受給できる筈の障害年金の一部、時効成立を理由、判決は「時効の起算点は、国が支給決定を本人に知らせた時とするのが妥当」、社会保険不服申立て制度 「感謝」する姿勢を持ち続ける 「信頼」されるような行為・行動をし続ける 主人公は、みな「人」 両方に共通する事柄へのアプローチ  「抗弁権の接続」、「停止条件」、期限の未到来の債権、消滅時効完成の絶対的要件、「権利不行使期間継続5年間」、「援用」、内簡、不作為の異議申立て、不作為(決定遅延)の正当な理由、従来の審査期間と比べて異常に長期間、半年程度が目安、関係者が一堂に会して、忌憚のない議論 「絶望の裁判所」、「ニッポンの裁判」、裁判所、裁判官制度と裁判官集団の官僚的、役人的な意識のあり方、裁判のあり方とその問題点、後付けの検証、説明 「行政庁の処分」、「公定力」、公定力のある「行政庁の処分」、自ら公定力を否定、内簡 「遂に出た画期的判決」(20120421) 2011年11月2日の記事「ブログを始めるに当って」で予言 タイトルにかかっている要素 これを読んで理解を深めて ポイントの呆けた長文 言いたいことをほぼ言い尽くした点 「顧問先の労働生産性の向上の実現」、「従業員は、会社最大のステークホルダーである」、洞察力、質問力、先見性、 この問題に対する位置付け及び活動、厚労省に運用改正又は法改正を決断させること この運用の違法、秘密、経験則や論理法則、経済的弱者 みなす主張、期限の未到来、条件の未成就、同時履行の抗弁権の付着した債権 アクセス解析,訪問者数,ページ数,法務省内社会保険関係訟務実務研究会 エムズの片割れ 20130917 (火)、社会保険審査官及び社会保険審査会法、行政不服審査法、ジュリスト2014 5月号102頁から105頁 東京大学労働法研究会 労働判例研究 1226、関係者が一堂に集まって、忌憚のない議論、弁明書の提出、申請に対する何らかの行為、書面で作成の理由 カラスの剥製 ニューピオーネ 日進月歩 キーワード検索 老齢:支給開始年齢3カ月前の通知 300月未満カラ期間の有無確認ハガキ 遺族:未支給年金と遺族年金の案内 認定日請求 ご本人・ご家族の症状自覚の欠如 担当医師が制度に無関心の場合  グループ討議のメンバー同士 強い絆 致命的な固有名詞の間違い 反省、反省 コロンブスの玉子、判官の恣意的証拠選択、、訴訟救助の申立て、行政処分、社会保険審査官及び社会保険審査会法、審査請求、行政不服審査法、弁明書、法解釈誤りという一般論 ジェック システムデイ ブレイン 伸びている企業 社労士シンポジウム スマホ、ドッグイヤー データ移行の互換性 32Gチップの大きさは驚異 610件の電話帳 電話応対者のスキルはバラバラ 備忘録 パレートの法則 手間暇がかかり過ぎ 問題解決の模索 フィルター、「即削除ホルダー」、クラウド フェルミ推定 誤差が大きく たった5人のメンバー 色々な違った考え方 コミュニケーションの大切さ 違った見方からの検証 ヤル気の喚起・高揚 部下への質問 リーディングケース、制度の趣旨、法解釈の実践的な様相、その問題点、国家賠償法、事後重症認定、障害状態不該当事由、審査資料、刑事訴訟、行政訴訟、及び憲法訴訟、下級審の裁判内容をコントロール、補佐人制度、最重要な国民の権利 一事不再理、容認処分、棄却処分 一旦社団法人実践倫理宏正会、「倫風」、障害手当金 一期一会 一業種一会員 出席が最重要事項 一番問題なのは現症日の表示のないこと、その内科医が癌を疑い出した日、病名も分からず療養に関する方針も指示もしていない段階で初診日 一般社団法人社労士成年後見人センター愛知、業務審査委員会、社労士賠償責任保険、地域包括支援センター 一般財団法人 行政管理研究センター、行政不服審査及び行政手続判例判例等に関する調査研究報告書 万人に共通的に喜ばれる美味しいものを食べに行く旅行 何でも話せる仲間 ストレートネック 間接包内矯正 仙腸関節 三大元凶、特別の法律に基づかない行政措置、行政の暴走 上告受理申立て理由書、上告受理申立て理由補充書、形成行為型処分、確認行為型処分、当然発生型処分、調書(決定)、補佐人制度 上告受理申立て理由書、上告理由書、反論書、意見書、瀬木比呂志、「ニッポンの裁判」、権利の混同、裁定の法的性質、正論、邪論・邪説、曲論、裁量権、単なる確認行為、障害認定日現症、請求日現症、事後重症認定 上告受理申立て、民法第158条の類推適用、西三河自由業フォーム 上告、上告受理申立て、控訴理由書、法治国家 不作為の異議申立書、審理員、特段の理由、処分変更、認定日請求、事後重症、不作為に係る審査請求書、広汎性発達障害(アスペルガー症候群)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、再裁定請求 不利益変更 想像力 主な改正点 ワードスキル 消費生活アドバイザー NACS 世の中色々、私のお客様に「これは勝てるよ」と伝えてくださった弁護士の先生もみえる、本文は3枚、最初の書証も3種類、ポイントを主張・立証、後は、被告の主張に対して的確に反論して行けばよい、この先生の手法には、プロ中のプロとしての大きな度量と余裕を感じた 主な争点 主位的請求理由、勝利の方程式 主張・立証の自己責任 予備的主張、初診日以来のカルテ、第3準備書面に対する反論 予防が万全でない 被害を最小限 初期対応の大切さ 事後重症認定、認定日請求、社会保険審査官、独任制、飛躍請求、決定 事業主の想い 人は知らないことだらけで死ぬまで未熟 一人でも多くの人に幸せを感じて 人生を楽しんで 人を救いたい気持ち 私のライフワーク:「障害年金支分権消滅時効の運用改正又は法改正を政府に決断させること」 最期通告 否が応でも 裁判所に呼び出す 取消訴訟 実質的当事者訴訟 再審査請求前置主義の関門 会計検査院にも情報提供 人証、保佐人、指定代理人、尋問 人間力が飛躍的に発展 解決手法 積極的に第一歩を 社会保険審査会(以下「審査会」という)への不服申立 成年後見人 この請求を諦めと」といっていることに等しい 先例と違った考え方 今度こそ完全勝訴、この書類は全て一般論(国の法解釈誤り)に関するもの、最終版をPDFファイル化、これだけの書類を整え相手方も裁判所も説得しないと勝てない、全国どこの案件でも、受給権者にとって最善となる選択肢を提示できる環境 介護保険法、社会保障・社会保険の専門家、独断専行単独行動派、弁護士会 代利権付与申請 代理権付与行為、代理行為目録、特別授権事項、訴訟代理人となる資格 仮に訴訟で負けた場合、政治家に訴えてこの不合理な取扱いの運用改正なり法改正の活動を続けられるという、正に同士である、「これは、事実上又は個人的な障碍であって、時効の進行を止められるほどの法律上の障碍ではない」、ジュリスト5月号「労働判例研究bP226」、なぜ、時効問題についてこんなに多くの不服申立てや訴訟が提起されているのか、問題にしなければならないのは、先ず、ここからである 任意後見の方法 杞憂の解消の効用 緻密な先生 企業と疎遠になる国民年金 違法の内容 一般的弱者である障害者 国の違法行為によって 支分権が具体化 基本権と、支分権を混同 時効制度の趣旨 本人の落度 どこまでの人に 返還に値しないケース 難しい問題 奪還請求 不合理な却下 意識統一 住基カード、マイナンバーカード、署名 住民票上の住所、生活の拠点、成年後見人法定代理人、報酬請求の有無、終身の契約 体系的分類 バックアップの方法 何が姑息か マニュアルレポート2012(日本年金機構H.P) 法テラス(一定の要件の下に着手金を貸付ける制度)の利用 本人訴訟支援 指導・相談業務と書類作成業務の範囲 何でも経験、予想どおり様々、最初の一声が大事 何事も環境による影響が大きい、混声合唱団、老若男女色々な職業の人、社労士になったのも偶然、偶然続きの私の人生、音楽と出会い 何度も何度も言って聞かせる 尊敬できる人物がいるだけ 納得の基軸である「顧客志向」 あくまで支援 当事者になれない 社是、企業理、念夢・ビジョン、将来像 これを作る過程でもヤル気の喚起・醸成はできる 上司・先輩・同僚との関係 あるべき社員像 的確な事業計画 褒める・叱る 挑戦・研鑽の機会 成功体験 絶えず質問に回答 時間の使い方 プライオリティ 1日24時間の使い方 保佐人、本人訴訟支援、結審、正論、曲論 個人情報の保護 事業者 何人(なんぴと)もの意味 第三者情報開示は、原則本人同意、例外制限列挙 困った生き物  停止条件の成就前 停止条件付き債権、調査官解説、ロビー活動 停止条件付債権、初診日証明義務、障害認定日、各支払期月 偶然の出会い 傷病手当金、あっせん、選択も回避もできない職務上の権限、労働局紛争調整委員会、社労士労働紛争解決センター愛知、サポート社会保険労務士 先ずは、「相談から」、名称「幻の障害年金 実現の会」(略称:幻実現 会)、最大の難関は、財源、本当に消滅時効が完成してしまう前に、時効中断の措置を 入院した病院の診断書 @〜C(「自殺企図」と記載、消費者金融へ借金をした取引履歴、精神疾患の患者は、病気の特性上自分で自分の病状を正確に認識することができないことが多い、自分の病状の悪さを医師に100%伝えることは難しい、審査請求という方法、見極め時、審査請求期間の60日 公定力、行政処分、教示、不服申立期間、事実行為(観念の通知) 公正証書遺言、死因贈与公正証書、始期付所有権移転仮登記、「請求要件」の可能性、年金事務所の良識ある担当者、心からの謝罪の言葉 公的年金の時効問題無料相談 恒常化、全国対応 奪還請求可能か 時効中断措置を急ぐか 最優先事項 プロの仕事!! 最新受諾案件は、遺族年金 公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会、 事後重症、 公開審理、 公定力 共同受任、異議申立て、審査請求、回収不能、遅延損害金、勝訴は時間の問題 具体的権利、所定の支払期月、長期間経過した支分権、無条件に支払いを認める、行政措置、公共の福祉 内容を知らない、問題が隠れた状態、年金の消滅時効は撤廃すべき、国による違法行為、成年後見人、遺言執行者、争族、最も悲しい結果 内簡、停止条件付債権、期限未到来の債権、通知の処分性、抗告訴訟、行審上の行政処分 内簡、基本権、支分権、停止条件、特別の法律の規定に基づかない行政措置、リッチテキストエディター、カラーパレット、リンクを挿入 、Youtube、ニコニコ動画、Twitter 再裁定請求、社会保険審査調整室、「意見陳述に代えた文書」、「再審査請求に係る補充意見書」 分野ナシで、聴きたい所だけを聴ける スマホからワード等のデータを音声入力で作成 音声で読み上げ 初めての審査請求内容、社会保険相談官、内容証明による催告書を「相談」、確認請求の形 判例や文献の調査、国の主張の検討、代利権付与申請 判決確定の先延ばし 選挙事務が混乱 政府の天秤ばかり 発想が逆 実質2審制 正しい考え方を潰して 間違った考え方を永久に続ける方法 裁定から5年以内の障害年金受給者 全ての方が請求できる可能性を持つこととなる 憲法25条に基づき具体化された重要な国民の権利 どちらの解決にも膨大な費用を伴う 判決能力、行為能力、意思能力 労働に関して会社を良くする 職場の実態 価値観の共有 一緒に考え行動する 労働生産性の向上 ヤル気の喚起 トラブル未然防止 円満解決 一芸に秀でる者 労働社会保険諸法令 法施行の不整合 横断的観察 労働社会保険諸法令、成年後見制度の保佐人 労働裁判、労働審判、アドリブの効いた即答、一刻も早い完全勝訴、運用改正又は法改正 医師の良心、保険者代理人(国) 千円札1枚 帰りの電車賃 半官半民 単なる事実の通知、行政処分性、奪還請求、履行遅滞、質問主意書、消滅時効の援用、名古屋高裁で完全勝訴、自由報酬制、消滅時効が完成 単刀直入、相続の相談を受ける機会、問題事例の多さ、問題の重要性、遺産分割協議書 厚生労働大臣による裁定を受けて初めて支給が可能となる旨、ニッポンの裁判 厚生労働大臣への意見票 独善の回避 厚生労働省は一般論敗訴を「個別事件」という、この情報の流れと、関係者の選択・意思表示との関係、不思議なものがあり、偶然と必然を共有している 取消訴訟、給付訴訟、行政事件、民事事件 受けたサービス内容と料金 価値を見出し得なかった 教育には、時間とお金がかかる 受給権者の意思、観念操作、法治国家、政治的判断、「オキシトシン」、グルーミング(スキンシップ)行動 各支払期月、故意か過失か、3審制 合格率は7% 官報で合格確認 少し遠くから社労士試験を観察 3人で祝杯 同じ環境で、同じ時間があれば、男性はとても女性には勝てない 女性が長生きする事実は100年経っても変わらないだろう 名刺管理ソフトの効用、IP電話(050)の通話品質 名古屋地裁の判決文、確認行為、観念すること、裁定請求権、時効の法理は基本は不変 固定費をターゲット 売り上げに連動する流動費 士気 効果 国の主張の虚構、訴状や準備書面への目次、判決理由、心証形成 国の論理は破綻している、「控訴人は、判決理由とは異なる見解を縷々主張するが、いずれも採用することはできない」、本来正当な受給権があるのに、国が違法に不支給としている事実、厚労大臣への異議申立て、単なる事実の通知(事実行為)、不作為でも適用対象、勝訴した場合でも通常認められない弁護士費用が認められ易くなる 国家経済的見地 国家賠償法、国家公務員の違法、国家公務員法、「法的対応能力養成講座」、年金相談第6号、「受給権者の権利を護る使命を果たすために知っておきたい! “私の事件”から読み解く 障害年金支分権消滅時効の運用誤りと問題点」、慰謝料請求提訴、損害賠償事件の消滅時効、特別損害発生予見性 国第18条3項但書き、裁定請求手続の遅れ、裁定手続の遅れ、基本権と支分権は独立した権利、国は民事訴訟の一当事者か、国が一般論で完敗しているということ 地域包括センターの総合相談支援業務、家族会 地域包括支援センター、訴えの利益 基本権と支分権を混同した抽象的観念論、請求の正当性、裁定の法的性質、抽象的な権利 報復措置、不利益処分 多くの弁護士の先生のお力をお借りしている、両方の専門的知識をフル活用しないと勝てないのかもしれない、突然「結審」と宣言され、裁判官は奥に引き揚げてしまわれた、裁判とは見方によっては怖いものである、この主張が認められなければ、日本は、「法治国家ではない」 大臣又は機構理事長への請求の道を拓き、理由なしと認めた場合は、理由を付した行政処分としての回答を出すこと ずうずうしくも、被告(国)には、裁判で負けた場合の対応策を準備書面の中でも要請していた この裁判を「個別事件の問題」と片付ける積り 嬉しい電話 厳しい逆質問 実質2審制、某公共放送、H.Nという番組、消滅時効制度の廃止、差押え、受給権保護規定、曲論 実際に権利を回復する、着手金の工面、不服申立制度 審査庁(厚労厚生労働大臣)、主要な裁判の行方、「公権力の行使、行政庁(厚生労働大臣)の意思表示、公定力を否定、勧告書、行審法の目的、審査の事実 審査請求却下の経緯 再審査請求が審議されるよう主張した内容 「行政処分」に関する定義 行政事件訴訟法による解釈と混同 公権力の行使 「この請求は諦めよ」と言っていることと同義  審査請求(旧法の異議申立て)、訴訟、関係機関等への働きかけ、執筆活動、審理員、弁明書、反論書、成年後見人の本人訴訟、保佐人、補助人、本人訴訟 審査長、参与、虚偽申立て 審理員 弁明書 反論書 行政不服審査会 対応可能な、通達、解説書、マニュアル本 東芝柳町工場事件の最高裁判例 日立メディコ事件の最高裁判例 懲戒解雇、及び退職事由に該当するような場合 きちっと書類に残してない 顧問社労士の腕の試される機会 左上顎洞癌、ステージ4 巨大な国家債務、虚構の法治国家、年金業務監視委員会 巨耳 消費生活アドバイザーの視点 差し迫った困難 会社を即刻辞めたい 本当に辞められないのですか 私はどうしたらよいですか 私だったら 最初から冷たくお断りする 実に千差万別 差押え、担保、立証責任、論理の飛躍、事実誤認、論理法則、経験則、抽象的観念論、確認行為型の裁定、立法政策、処分変更 年金事務所での誤った説明、日本法令の「年金相談第6号」、年金業務監視委員会の廃止 年金時効問題無料相談キャンペーン 裁定請求から5年が近い人 実際に行動 内容証明による支払の催告 支払いの請求と時効の中断 社会保険審査官に審査請求 社会保険審査会への再審査請求 年金業務監視委員会関係の情報 郷原信郎弁護士とジャーナリストの神保哲男氏との対談 最後の委員会の様子も一部公開 説明不能の回答やら、間違いを認めない体質 国民皆年金の体制では、国民に必要な委員会である 年金業務監視委員会、東日本大震災、行政処分のない事件に対する不服申立て 年金相談第6号、名古屋社労士探究会、愛知県社会保険労務士政治連盟 幹の太さ 実の付きよう 育てるべき者 良く見てやること 観察力 太陽の恵み 弁護士の先生では、恥ずかしくて主張できないような主張内容、厚生労働省は主管事項においては自らの解釈がすべて(万能)だとでも思っている!?、未だに基本的な方針を変えない、根本的な法律の条項は一つ、同じ法律の同じ条項に基本部分で二つの正反対の解釈、最早法治国家とは言えない、「隠されているから時効問題が起るのは当然」、少しでも多くの人に障害年金を知ってほしい 弁護士業を開業しながら正式に社労士業も登録してみえる士業の方、このブログの効用、私のバックボーンになっている部分、30台から80台まで幅は広い、公的年金消滅時効問題は分かり難いが、重要な問題 当時の担当医による死亡診断書、 当時の近隣住民等からの同一 生計維持証明、 救われるべき事件、 最善を尽くしたい、会計法第31条1項、 物事には「そもそも」という根本がある 思想犯、被疑者、情緒不安定人格障害、高次脳機能障害 意気込み ヤル気 意見票 実質的行為能力 停止条件付債権 一般の債権消滅時効期間 感じたこと、訴えたいこと、時効中断の措置、奪還請求、ほとんどの関係者に知られていない、名古屋高裁の認めた私の考え方を、当り前になる社会にする 憲法25条2項の理念、国民の生活の安定、健全な国民生活の維持・向上、国家的詐欺、国民的議論、支援者が頑張らないと重要な権利でさえ守られない、消された年金の奪還活動 成功体験を共有 共感 自主性 老若男女 成年後見人法廷代理人 支払は5年分の遡及 強い不満 いずれは改善すべき重要な事項 世論、公論を喚起する機会 成年後見人、成年後見制度利用促進事業、保佐又は補助相当、民族第158条1項の類推適用 成年後見法定代理人、保佐人、保佐人法廷代理人、鑑定、裁判管轄 手続きのポイント助言、一般論で国と争うこと、審査請求、再審査請求は得意分野、審査請求期間内、社労士人生における最大の目標 指定代理人 指定代理人、証人尋問、陳述書、訴訟救助の申立て、立証責任 控訴状、予納郵券代、手数料(収入印紙)、訴訟救助の申立て 控訴理由書、準備書面、労働社会保険諸法令、内簡、国会答弁、予備的主張 摂取障害(F5)、特定不能の広汎性発達障害(F84.9)、組織の論理、急性期、回復期、再発予防期 改正行政不服審査法、審査請求書、審理員、審査庁、不作為、申請に対するなんらかの行為、不作為の理由、国家賠償法、処分変更、認定日請求、内簡、事後重症 政治家の周り、要改善事項は山ほど、優先的に改善事項、公的年金制度における年金給付の消滅時効に関する質問主意書、法治国家にあってはならない重大事、カラーパレット 文書送付嘱託、攻撃防御方法、公定力のある「行政処分」、「単に事実の通知」、消滅時効援用の意思表示 料金返還ポリシー、自動継続契約条項、共感の言葉、再演防止、ランサムウエアー、身代金要求の脅迫文 新三河タイムス、みんなねっと、補佐人準備書面 既存の受給権さえ侵害している 税と社会保障の一体改革 日本の産業を支える中小企業、社会保険、人権の保護(受給権の侵害防止)、遡及請求5年間支給が常識化、違法で間違った運用、さむらい(士)さんのお仕事 日本の産業を支える中小企業様のお役立ち、制度自体の認知度の低さの問題、これに対する政府・保険者の広報に関する姿勢、消滅時効等の誤った法解釈による運用、不服申立て制度の公明性・公平性、年金とは一つ間違えると怖ろしいところもある、理不尽で腹立たしいところも多い 日本電信電話公社、日本電信電話株式会社 明細書が無いようでは動けない、違法事実は一つ増える、正義感に燃えて、責任ある行動を、労働者にとって賃金がいかに大事なものか、携帯会社はどこか、メールの利用 時効と正義、権利行使可能性論、ラウンド法廷で 時効の中断、着手金、委任契約、援用、弁護士方式、補佐人、心証形成、回収不能 時効を理由にした障害年金の受給権の侵害の事実 時効消滅とされた障害基礎年金の支払い請求事件、1回の説明ですべてを納得させる必要のある不服申立て、相手方の反論を待って再反論すれば足りる訴訟、審査請求、再審査請求の道を拓くべき運用改正等、一番の近道、多くの請求実績、考え方が正しいことの公証 時効消滅不支給通知部分、行政処分、単なる事実の通知、ほとんどの受給権者も国民も知らない 普通郵便、審査請求期間、異議申立て、年金記録問題、納付率、強制加入 更なる改善要望 自動振り分け機能 有難くないお客様 スマホへの転送設定 P.Cで拒否したメールもスマホで受けることに 顧問契約に限定 成果報酬型広告の掲載 顧問契約に関する集客 お客様満足という目に見えない商品 両者のニーズが合致 売るべき商品 最重要事項は国民からの信頼の回復 最高裁としては初めての判決、抽象的観念論、事柄の実体から乖離した観念操作、論理法則、経験則 最高裁の不受理、確認行為、裁量権 最高裁判所判例解説、確認行為型 月刊みんなねっと、事後重症認定、裁定を経ていない支分権が抽象的な権利にとどまるとはいえない、社労士会政治連盟、社会保険労務士総合研究機構(社労士総研) 月刊社労士、松本克美、時効と正義 有権解釈 服務線表 人間関係 気遣い 朗報となるべき活動(国年法第30条に基づく障害基礎年金の支分権の消滅時効の進行の起算日の問題) 朝日新聞名古屋本社報道センターの記者からの取材、公的年金消滅時効問題、昨年9月の同社の記事「私の視点」、この事件の第一審の後半からは、国の法解釈誤りという一般論を主位的請求に変えて争って、名古屋高裁もこれに対して主位的に位置付け判決理由を明記 未払い残業代請求対策 東京外大の外国学部英語専攻の弁護士 比較法学 無限の可能性 東大理系卒の弁護士 本人が知らない内に時効で消滅していく仕組み(取扱い)、遂に出た画期的判決 時効問題控訴審完全勝訴、主張に対する評価の問題、本当に情報を必要とする受給権者等 本人の証言等だけ、公開審理、政管健保、初診日のカルテに前歴の概要を書く、初診日証明、一件一件が全て真剣勝負、あらゆる可能性は探る、事後重症認定、責任の重さ 本問題は本来単純な問題、この問題の解決を必要としている人たち、一般的には経済的弱者が多い、問題点自体を認識していない潜在需要の形、この解決を進めるために最大の障害となる着手金、成果報酬、補佐人、証人 本多静雄氏の青隹自伝、百寿翁、新作狂言集、「足に靴をあわす」取り組み、最高裁が判断を下す年、正当な権利が全うされる年 材料・道具の調達 素人の最大の強み 東京一局集中 名古屋飛ばし 自主性・責任感 社労士のみに与えられたチャンス 東海メールクワイアー、エストニアの合唱曲、豊田混声合唱団、第13回刈谷音楽祭、刈谷混声合唱団 様々な症状のある障害の存在を要件とする障害年金、出したくない弁明書 権利の混同、審理不十分、裁定には裁量権、立証責任、本権について時効の援用をしない運用 権利不行使の状態が継続、事実的基礎、権利が行使できる状態になっていない時、「虚構」、「詭弁」、秘密、世間の偏見、差別 正しい考え方を広め、それを当り前の考え方にする 正確な診断書を作成することができない主治医、無年金障害者、理不尽な落とし穴 段取り8割 有言実行 民法改正、「内簡」、実定法にこの規定と同趣旨の規定、内部通知、法令、未だ具体化していない、政治的判断 民法第158条1項 事実を捻じ曲げた架空の事実 具体的請求権である支分権 停止条件付き債権 事実上の障碍 法律上の障碍 観念すること 消滅時効の起算点 裁定が希薄な年金受給権 事柄の実体から乖離した観念操作の嫌い 保険事故の存在、及び時期 決定、容認、弁明書、国家賠償法、行政不服審査法、弁護士費用の請求、行政処分、最高裁判所判例解説、形成行為型、確認行為型、当然発生型 決定、権利行使不可能説、停止条件付債権説、期限未到来説、時効援用必要説、会計法不機能説、権利混同否認説、行政措置越権行為説、内簡金科玉条否認説 油断、手でブレーキを押さえた、年寄りには車は危ない、人間の脳の神経を走る感知のスピード、光並み!? 法治国家、代理権付与 法治国家、福祉国家、労働社会保険諸法令、当然発生型の行政処分、確認行為型の行政処分、既に存在する権利に変動を及ぼすことができる行政処分、時効中断の行為、基本権と支分権の独立性、公理に匹敵するほどの真理、全ての年金に共通すること、保険事故 法的対応能力養成講座、宿題の提出率は2%、答弁書、証拠説明書、余りの違い、問題は、本来全員が一致すべき事柄、あっせん、調停、審査請求、再審査請求 法解釈誤りという一般論、著名判例本村年金訴訟上告審判例(H071107)、未支給年金支給請求事件、弁明書、反論書、月刊 社労士に深く感謝 法解釈誤りという一般論、論理の飛躍や論理矛盾、潜在的・抽象的観念論、最高裁、及び最高裁事務総局、確認行為型の行政処分(裁定)、裁量権、既に存在する権利に変動を及ぼすこと、「処分変更」 消された障害年金、障害認定日による請求、消滅時効の起算点、時効停止事由、民衆訴訟の気概、事実の捻じ曲げ、架空の事実、権利行使可能日、停止条件付き債権、時効進行上の法律上の障碍、返還請求対策 消滅時効と正義 画期的判断 停止条件付き債権同様の効果 大きな障害者支援 障害基礎年金支給 5年より前の分も 消滅時効の運用・解釈の間違い、受給権の侵害、無料相談キャンペーン 消費生活アドバイザー 企業と消費者のパイプ役 行政と消費者とのパイプ役 消費者団体としては初めて公益社団法人 ConsumerADR ADR法による法務省の認可 消費者紛争を取扱う唯一の民間認証ADR 消費者法の定着 積極的な提言活動 人に関する専門家 強い親和性 消費生活アドバイザー、約款、内部関係、「念書」、加給に係る書類 潜在的・抽象的観念論、裁定を受けさえすれば支給を受ける権利(支分権)を行使することができる??、法律的に合理性のある方 潮時と、限界、本件審査請求は法律の規定に対する不服、彼女が申立てている内容は法律の規定の当否とは違う、重要な権利が、公然と国の違法に侵害されている、許し難い重要な問題 瀬戸会、電話運用、「ありがとうございます運用」、青木雨彦、電電公社 父の脱サラ 一発倒産 経営に関心 特定健康診査、中性脂肪、ワーク・ライフ・バランス 生活保護費の返還請求、慰謝料、財産分与、同意書、成年後見制度利用促進事業、市町村民税非課税世帯、市長申立て 生活保護費の返還請求問題、認定日請求と事後重症の違い、例え、周辺(又は附属)業務といえども、真実を探究する必要がある 生活権 重大な権利侵害 自己矛盾 改めるべきは改める 無理な主張の繰り返し 用途別・目的別に保管、50年近く一度も見られることなく眠っていた、無理をせず、少しずつ、楽しみながら進め、物に囲まれた生活から解放されたい 男女半々の8人兄弟・姉妹 一番親しみを持っていた叔父 持ち前の才覚と努力 長女の長男 叔父達に感化を受けた恵まれた一面 部門によっては大企業  就業規則等の全面改正  画期的判決 実際の権利行使機会 目無しダルマ 懸案の消滅時効問題 最高裁にも私の指摘した考え方を認めてもらうこと 社会に与える影響が余りにも大きい 「過ちを改めるに憚ることなかれ」 何時にか改めなければならない誤った考え方 利便性を優先 直接の対象者は精神障害者等、「私には関係ない」と片付けられてしまうこと、流石プロの仕事!!、合理的な理由は棄却決定の条件、社労士の仕事として確立、誰にでも関係する一般論 相乗効果 相談方法:事務所面談又はメール、FAX(面談打合せはTEL可) 真の需要 着かず、離れずの関係  社会保険労務士法が改正施行、「補佐人」の制度、口頭弁論主義、公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会、月刊誌「みんなねっと」、裁判所が政治的判断 社会保険労務士法の改正法案、個別労働関係紛争に関する民間紛争手続、補佐人の制度、一人社労士法人、訴状や準備書面、相談・粗動業務、社会保険審査官、内簡 社会保険審査会公開審理、裁判所が6種類、民事、刑事、行政、税務、労働及び社会、3審制、個別の窓口に告知義務、「裁判の闇」 社会保障崩壊、NPO法人医療制度研究会 、本田 宏、誤った事後重症認定の問題 社労士は手続屋、相談・指導業務、早期発見・早期解決の対策、傍目は八目機能、イエスマンの集合 社労士会政治連盟、審査請求、棄却、再審査請求、省令に該当する「障害認定基準」、支分権 社団法人倫理法人会、豊田中央倫理法人会、社労士の職業倫理、法と倫理、各業界と倫理、社内コンプライアンスと倫理、ホップアップウインドウ 私のライフワーク、抜本的再スタート 私の応援団長的存在、情緒不安定人格障害、この業務を委任してくれる人がいて初めて活かされる、先駆的役割を、私の視点、「幻の障害年金 解消へ 時効の起算点改めよ」、幻の障害年金の看板娘内容証明郵便で「相談」を持ち掛ける人がいるのだろうか、関係者が一堂に会して議論すれば結論は即座に出る筈 私の手掛けている内容は、実は多くの需要がある筈、私はネットと無関係のお客様をフォローできていない、支分権消滅時効問題、「停止条件付債権的債権」、裁判官が、「なるほど」と納得するまでの主張の展開をしていない可能性、私達士業は、説得力の優劣でサービスを評価される側面を否めない 私の目指す独特の支援方法、家族様が裁定請求できる環境、無料支援、特に難しい案件、審査請求等、「幻の障害年金」 私=当事務所代表 空期間、堀木訴訟、法律上の障害、政治的判断、消滅時効を援用 答弁書、主張・立証、和解、取下げ、合意書 答弁書、書証 終戦の1週間前の8月8日 全てが遅れたまま ピンピンコロリン 経営改革PT、雇用にも貢献、 結果、「これは法律を変えて行かなければならない」、意見が一致、自分が困っての相談ではない、障害年金何でも相談の相談専用サイト、無料相談、全国対応、真のニーズ 結果妥当性、弁論主義のテーゼ、主張主義、自白の拘束力、職権証拠調べの禁止、曲論を採用すべき理由、国が基本権について消滅時効の援用をしないこととしたこと、立法政策、正論、曲論、例外的措置である曲論、実質的立法 結論がまずある、一般社団法人社労士成年後見人センター愛知 給与計算、人事制度、人事コンサルの仕事、人は経験によって成長 網膜 色素変性症、重複請求、情報公開 総務省の「年金業務監視委員会」、時効の起算日と時効期間の計算を間違った取扱い、裁定請求する前に、「実は、5年遡及を超える分は 消滅時効が完成しています??」、名古屋高裁で、遅延損害金の起算日が1カ月遅れたことを除き完全勝訴、実は、裁定(決定)通知書が届いてから5年以内の支分権は消滅時効は完成していない、正当な受給権が存続、請求できる道を即刻拓くべき、更に不服のある者には不服申立ての道を拓くべき 縦型のカーテンボックス、ウッドデッキ、それまでの生活環境・体験、専門家の意見、誰に相談、誰から指導を受ける 聴衆の認識の度合い 質問の時間 肩こり・首痛は99%完治する 頭の重さは約6kg 前かがみやうつむきの姿勢 首の後ろ側の筋肉にかかる過重負担は、直立姿勢をとっているときに比べ、なんと約3倍になる こりが発生するのは、血行不良に問題がある 仕事と、生活設計を抜本的に改善 自主的な救済 自分が案内している代金が分からなくて 十分なサービス提供 業界全体の発展 自分を良く見てくれていることが分かったとき 自己研鑽 愛知県の特定社労士3割弱 言論の自由・表現の自由 船員保険、障害者手帳の等級、「豊田市くらしの便利帳」、年金マスター、FP技能士、障害年金の支分権の問題 色々な労務問題を抱えている課、2回目の定年、余命推定の話 行政不服審査法、処分変更、曲論、国家賠償法、求償権、裁定=行政処分 行政不服審査法、単に事実の通知、意思表示、差押えや課税まで禁止、社会保険審査会、「事実行為」 行政不服審査法、弁明書、不作為の異議申立て、標準審理期間、国民の権利利益を救済 行政訴訟、民事訴訟、紛議調停申立て、取下げ、裁判外和解、裁判上の和解 裁判において最も重要なのは、説得力ある主張である これを実行するためには莫大な財源を必要とする 同じ争点の事件の結果が両極端になってしまうのは合理性がない 証拠を、「障害認定日の障害の状態を判断できる資料でない」と独断と偏見で違法に、「審査資料として採用しない」としている 決定書を冷静に読み込むこと 裁判のように、相対する立場のものが議論する場がない、「この部分を含めて行政処分である」とする見解、この部分は、単なる事実の通知であって、「行政処分ではない」とする見解、行政処分そのものである裁定(決定)通知書に付帯させて通知させていること、通知が「個別の時効援用である」旨年金事務所で説明している事実 裁判員制度 裁判官の恣意的証拠選択、控訴理由、第1審重視主義、20歳前障害、内簡、要件事実 裁判所で政治的判断、国の主張構成には論理の飛躍がある 裁判記録、謄写申請資格 裁判長の指揮権、裁定請求から5年を経過、司法に間違いのない判断を促すこと、原点回帰、豊田市「くらしのべんり帳」、アラパー2015、社労士が行う経営コンサルティング 裁定の性質、支分権の消滅時効の起算点、具体的請求権である支分権、請求権を確定的に取得、実態的な権利、裁定請求権に近い実効性の希薄なもの、事柄の実態から乖離した観念操作の嫌い、裁判上の請求 裁定の法律的な性質 裁定を経る前の受給権なるもの 実体的な権利 実効性の希薄な年金受給権 事柄の実体から乖離した観念捜査の疑い 本村年金訴訟 裁決書に異例とも言える遺憾の意の表明 脚下照顧 裁定の裁量権、確認行為型の行政処分(裁定)、観念論、国会答弁の拘束力 裁定通知から既に6年超経過しているケース、一貫して国の不合理・不誠実を主張、お客様の立場に立った親切丁寧なサービスの提供、親として障害を認めたくない、不利益は本人に帰属、法律的な障碍、着手金の額 裁定通知を受けてから5年の時効を中断、簡易迅速かつ公正な手続、国民の権利利益の救済、行政の適正な運営を確保、「弁明書」、「コロンブスの玉子」 裁決延期の合意反故、行き違い、すれ違い、受診状況証明書に「準ずる書類」をいただける旨の口頭了解、少し変わった裁判必至 裁決、事後重症認定、代理人 補佐人選任届、上告受理申立て理由補充書、当事者又は受任弁護士が主張したのと同じ効力、弁論主義、「ともに出頭し陳述」、「取り消し、又は更正すること」 補佐人選任届、意見書、屁理屈を重ねた主張構成、「虚構」、現実的解決策 補正命令、訴訟救助の申立て、勝訴見込み、法テラス 補正要請、訴状訂正申立書、主位的請求原因・理由、弁護士職務基本規程、遅延損害金の請求 要件事実 見積価格の的確性  観念操作、論理法則、社会通念、論理の飛躍、行政措置、立法政策、行政権、司法権、援用の意思表示 計画的具体的教育の実践 失敗を次に活かせる者 上司も労働条件 記事に関し質問ができる 記事検索 記事保存 リクエスト項目のメール通知 映像一覧 写真一覧 効率化絶大 訪問目的・概要 簡潔明瞭 訴状の取り下げ、「時効は完成していない」、「未だ受給権は存在している」、多数の事由、成年後見人の本人訴訟 訴訟能力、要件事実、論理の飛躍、受給要件 証明責任、損害賠償、前提事実、指揮権発動、土俵外の事実、納期(支払期月)、抽象的観念論 謄写記録、動機が不純、二の舞、瞑想、海馬 賢い消費者 どちらの戦略を選ぶか 通算老齢年金、垂直思考、水平思考、年金法の解釈の問題、基本権と支分権の権利の混同、法律上の障害論(逆から言えば、事実上の障害論)、上旬理由書、上告受理申立理由書 造語表現 対日本人 単純明快 逢妻交流館 その道 本当のところ 遡及請求 受給権発生は障害認定日 最大5年分の遡及 上告受理申立て 遺族年金関係の特殊なケース 老齢年金関連の特殊なケース 原処分から「60日を経過 遅れた正当な理由の疎明 最後の最後の方法 遺族年金 門前払いのたらい回し、日本年金機構を守る壁、権利の行使を払いのけるための制度、権利の行使は当たり前のこと、違法な不支給を一方的に、なるほどと思えるような回答を 関係法令ブックマーク 電話帳に音声認識機能を 文句なしの大容量 陳述書、一事不再理、成年後見人 際最低請求、総合判定、保険料納付率 障害年金の支給停止の実態、認定医が診断書を見る時間、一人平均1分半程度、障害者の一生を左右する重大事、必要な人に必要な障害年金が支給されるためには何をすべきか、人間関係の重要性 障害年金何でも相談サイト,一事不再理の考え方,法的知識及び経験を駆使,あらゆる可能性,生活支援面 障害年金支分権の消滅時効の運用誤り是正活動、「一緒にやりましょう」、社会を変えていきましょう」、ゴルフのスイングでは、球を打ってから頭を動かさないようにそのまま残すことが大事、クラブのソールと地面との接触具合 障害手当金、再裁定請求、一事不再理、陳述書、障害者雇用枠、取下げ書 障害状態確認届、就労支援施設、「医証」 電信電話債券、利付債、割引債、移転料、独占事業、積滞 顧問先の生産性の向上 労使の信頼関係 日本の産業を支える中小企業様 簡潔の答える態度 顧客応対等にはゴールデンタイムに当る大事な時間帯、私の考え方に異を唱える方、更に問題点を把握し認識を深めるため自分の考え方が正しいことを概ね10コ以上の要素から説明、又は証明 飛躍上告 餅は餅屋 放電 木に縁りて魚を求む そのことについて一番詳しい人に相談すること 内容によっては相談先の選択が重要な仕事 15分以上の遅刻や早退、11日間63時間以上の受講、私は、母の愛情なくして、ここまで育たなかった 20歳前障害、「年金証書(国民年金 年金決定通知書)」、「年金を受給される皆様へ」、「審査の遅延について」、代理人に何の通知もないこと 3つの請求原因(@時効特例法の適用、A国の消滅時効援用は信義則違反、及びB国家賠償法に基づく損害賠償請求)、裁定から5年以内であれば、老齢年金の一般的な事情の場合を除き、全て受給権が存在している、法務省訟務局内社会保険関係訴訟実務研究会「社会保険関係訴訟の実務」(三協法規出版) 1999年252頁、厚生労働大臣官房年金管理審議官発 日本年金機構理事長宛 年管発0907第6号(平成20年9月7日) 「厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付を受ける権利に係る消滅時効の援用の取扱いについて、時効の援用は、時効 42年間以上続けられた行政解釈、審査会の裁決の考え方を行政が無視している事実、公的年金については、基本中の基本事項についてまで曖昧なところが多くあります 65歳は人生の重要な節目、年金の有難さ、仕事と趣味の大切さ、知恵、洞察力、リスクマネジメント、脇役に徹すべし、知恵=(知識・情報 + 経験)×思考、シニアの落とし穴:「陳腐化 真正不確実性の世界、先生でなければできなかったこと、広範な無料相談、敢えて有料としている部分、結果を求められる仕事内容、可能性を追求する姿勢 HTLV−1関連背骨髄症(HAM)、保佐人、補佐人、論理の飛躍、論理矛盾、経験則、論理法則、立法政策 IME手書きパッド 変換不可能な文字 音声認識機能  NACS、事業者、消費者、消費者被害、消費者契約、消費者被害の一類型、依頼者の側に立った代理人、国民的議論 PPK運動 老人が生き甲斐を USB冷え冷えクーラー 指名できない窓口担当者 指名できる社会保険労務士 Web活用セミナー IT相談 活発過ぎるくらいの発言 質問力  、障害手当金 、電話会議