2021年07月24日

真夏の重労働


先週の土曜日、7月17日、私は、2階にある大きめの和ダンスを一棹分解して撤去した。

その部屋が明るくなり使い易くなったのだが、真夏の重労働にはいささか閉口した。

2つに分かれているものであったが、少し大きめであったので、あと一息という階段の曲がり角まで下ろしてみたが、曲がり切れない。

一旦引き返し、2回のテラスに置いて、1.5kgのハンマーと大きめのバールで、階段を通れるまでの大きさに分解した。

そこからが中々の重労働であった。分解してしまった以上粗大ごみとして市の清掃局に引き取ってもらう訳にも行かないので、地下1階の車庫に運び、丸鋸で、燃やすごみのビニール袋に入るまでの大きさに切断である。

これが暑いので大変な作業で、埃をかぶりながら作業していると、それを見た次女は、「300円のチケット2枚で市が持って行ってくれるのに」という。

階段を下せない事情を話すのも面倒で、黙々と作業を続けていたが、分解した木屑は、大きい袋に13杯あった。

これで終わりではない。妻の着物や反物をどう処分したらよいかと思案していたところ、まるで女神様が私の目の前に置かれたかのように、偶然、買い取り屋さんの小さめの新聞折り込み広告があるではないか。何というタイミング!!

容積・重量は反物が一番多いのであるが、今時、反物など買ってくれない業者が多い中、電話してみると査定させていただくという。

早速来ていただいて、処分したところ、2/3程度は引き取ってくれ大助かりであった。

代金は、3000円いただいたが、出張査定でこれだけいただければ大満足で、部屋が使い易くなったので心身ともに軽やかとなり真夏の重労働の疲れも忘れた。

妻がなくなり3年4カ月経過後の行動であったが、もっと早く実行に移すべきであった。

タグ:粗大ごみ
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:59| Comment(0) | 11 所感

2021年07月17日

大満足した安心サポート契約の応対担当者


私は、パソコンとスマホにチームビューアーをインストールして、パソコン画面をスマホから見たり、スマホからパソコン画面を操作したりして非常に便利に使っていた。

ところが数日前に、商用使用が検索されたとのことで、使えなくなってしまった。長時間継続使用していたので、そちらの規制がかかったのかもしれない。

これはアメリカのマイクロソフト社の製品のようであるが、英文で商用使用でない旨の申し出をすれば再度使えるようにしてくれるようであるが、2つの組織の専門家の助力によっても、申し込みの文章を投入できるサイト(投入できる枠)自体が出てこない。

異なったアドレスから再申し込みをしてみたが、同じパソコンからの申込みで、同一人物からの再申し込みと判断されたようで、こちらも進まない。

地元プロバイダーのかけつけサポートを受けたが、この両方が上手くいかない。

最終的にかけつけ担当者からアドバイスを受けたのは、同じような機能のあるAny Desk(ドイツ製) を、スマホ会社の安心サポートの遠隔支援を受けながらダウンロードすることであった。

このスマホ会社の窓口の担当者が良かった。従来遠隔操作の対象は、スマホだけと思い込んでいたのだが、この担当者の案内では、パソコンとも繋いで遠隔操作ができるというのである。

実際にやってみると枝分かれした細かい設定が幾つもあり、とても自分ではできない操作を、質問、説明を繰り返し、効率よく完結してくれたのである。

例えば、豊田名古屋間等スマホが遠隔地にある時にも使うことがあるのかどうか、これによって設定が変わってくるという。また、双方向から操作が必要かどうかについても、設定が変わってくるのだが、私は、パソコンからスマホの操作をすることはないので、これは不要とか、余分な機能は排除して全ての設定が理想的にできた。

スキルもあり、応対もベストな担当者T.M氏に大変感謝している。この担当者との出会は、たまたま電話に出た担当者が良かったという偶然ではない。最初の申込みでは、電話に出た方は内容が分からなかったので、調べた上で、向うから電話をくれた担当者であった。私ではない者からの電話になるかもしれないとの案内を受けていたので、偶然もあり、その道に詳しいT.M氏が担当することになったようである。

こんなに満足したことは、久々である。

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:10| Comment(0) | 6 IT

2021年07月10日

「絶望の裁判所」等の再通読について


最近の障害年金支分権消滅時効に係る判決を見てみると、結審の当日に判決日が決められず、後日通知するとして、約2カ月後に通知があった事件(東京地裁)、及び結審の日に判決日が決められたがその後2回も延期の知らせが届いた事件(名古屋地裁)もある。

その場合、判決の結果は兎も角として、少なくとも、判決理由を書き上げるまでにどのくらいの期間を要するかが見込まれなかったのであり、少なくとも、平成29年最高裁判例(44号判決)をコピペしたような判決理由ではないことを期待したのだが、その両方について、完全に期待を裏切られた。

後者については、7月8日(木)13:10が判決日であったが、以前、類似事件について、社労士法による補佐人届を違法に認めなかったり(本来、裁判所には、許可不許可の権限がない)、ただし書の法解釈の根本を誤まったりして、請求を棄却した裁判長であり、保守的で出世思考の裁判長であるので、期待自体が無理であった。

しかも、原告の主張を取り違えており、形式的な型どおりの判決理由であり、誤った平成29年最高裁判例(44号判決)を引用したものであった。

しかし、このように証拠及び良心に従った判決(憲法第76条には、「すべて裁判官は、その良心に従い独立してその職務を行い、この憲法及び法律にのみ拘束される」と書かれている)が期待薄となれば、必然的に、政治家及びマスコミを巻き込んだ改善活動の比重を高めなければならなくなってくる。

まして、「絶望の裁判所」、「ニッポンの裁判」、及び「裁判官も人である」等の書物を反芻すれば、改善活動を裁判にばかり頼っておれないのは客観的事実である。

これらの書物の表現がどのくらいの正確度であるかを確かめるためもあり、再度図書館にリクエストして読み返しているが、経験上、相当の確率で記載内容の正しいことが確認できた。

今までも、地元の代議士等に働きかけていたが、この問題の幅の広さと奥の深さから、社労士会が厚生労働大臣に対して意見具申をした時期に合わせて動いていただく程度の問題に治まっている。

私は、NTTのOBであり、退職者の会等にも加入しているので、全電通の新聞も週に1度は手元に届いている。

過日、その新聞を見ていたところ、組織内候補のM.I参議院議員が厚生労働委員会のメンバーとして活動している旨の記事を目にした。

この議員であれば、この問題を徹底的に研究して、継続的に誠意をもって、矛盾点、違法点、要改善点について追及をしてくれるのではないかと、国会内の事務所の秘書に電話したところ、非常に良い感触を得た。

この側面からの改善活動は、これからは、この道をメインにしようと決意したところである。

選挙を控えているので、急ぐ訳ではないが、先ずは、この問題を継続的に取扱っていただける担当秘書を決めていただき、分かり易い資料をメールの添付ファイルで送ることから活動を開始する積りである。

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 07:25| Comment(2) | 13 社会・仕組み