2018年09月22日

社会保険担当窓口の驚かされる無責任な実態


昨日の相談者は、一昨日、当市の商工会議所のA支所の労災担当を訪ね、事故日平成30年1月29日、初診日平成30年2月9日の業務中の骨折について、休業補償給付を申請に行ったところ、「差し替えができないから申請できない」と受付けを拒否されたとのこと。

この方は、建築現場で働く一人親方であるが、「差し替えができないから申請できない」が何を意味するのか不明であるが、商工会議所が言うのであれば、結論は間違いないであろうと悩んでみえた。症状が落ち着いて、速やかに申請に行ったのに、「既に申請期限が切れている」と言われては、何のために保険に入っているのか分からなくなるし、それでは、「いつまでに申請すれば良いのだ」と、怒ってみえる。

治療が済んでからでないと状況も分からないし、疑問はあったが、商工会議所の担当者からいわれれば、それが本当のこととしか思えず、一昨日の申請日は夜も眠れなかったと言われる。

労災保険自体の申請期限を考えても、仮に2年時効の給付の時効自体を考えても商工会議所の担当者の発言は意味が分からない。

あれこれ、憶測をしていても、埒が明かないので、私が、身分を名乗って、直接その担当者に電話で確認してみたところ、確たる信念があるわけではなく、既に健康保険でご本人が医療費の支払を済ませているから、「その差し替え」ができないのではないかと思っただけとの回答である。

勿論、労災が認められれば、健康保険の清算も生じようが、この相談者が、一番の目的としていたのは、休業補償給付である。事故日から今年の6月中旬頃までは働けていないので、少なくとも、5カ月弱は対象となる期間があるはずである。

どこの世界でも色々な担当者がおり、サービスのバラツキはある程度仕方ないことであるが、必要最小限のレベルは確保していただかないと、顧客への悪影響が大き過ぎる。我々は、そのスキルや配慮の不均一から免れることはできないが、相手の身になって考えていない点で余りの無責任に開いた口が塞がらない。

この担当者は、わざわざ来訪された顧客の希望や目的について確認していない。ご自分の思い付きで、相手の話も聞かずに、先走って勝手に判断しているのである。

同じようなケースで、酷い目に遭っている方を私は幾人も知っている。ご息女が、母の無念を晴らしたいと、弁護士を立てて最高裁まで争っても、証明の問題で請求を棄却され続けた方もおみえである。

遺族年金の申請を、窓口担当者の無理な資料要請(当時の医師による死亡診断書、及び約20年前の、当時の近隣住民等による同一世帯であったことを証明できる資料)のため一時は諦めた方の場合、その金額も半端ではない。障害年金の遡及請求を遡及請求という制度の説明(しかも、病名から当然に遡及請求を考慮する必要のあるケース)もなく事後重症とされた方も多い。

日本年金機構では、平成25年頃から相談者に「説明事項のご確認」を、年月日、及び宛先を明記して渡すようになってきており、一般民間保険会社では、保険事故発生時の支給事務を一番大事にしている旨をPRして、実際にそのように行動している会社も存在する。

お役所仕事といってしまえば、それまでだが、中には、素晴らしい気配りをしてお客様から感謝されている担当者もみえるのだから、一部の人の不具合は残念というほかない。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:55| Comment(2) | 13 社会・仕組み

2018年09月15日

突然届いた日向夏


一昨日、しばらく音信不通になっていた宮崎のお客様から日向夏がどっさりと届けられた。季節になると、私の健康を気遣って色々な食べ物や飲み物を送ってくださる心優しい障害年金支分権消滅時効の問題を抱えたお客様からである。

何が嬉しかったというと、何はともあれ、この方の生存が確認できたことである。携帯もメールも通じなくなっており、息子さんのご家族と別居した旨をお聞きしており、その後しばらくして、倒れられたことがある旨お聞きしていたのだから、最悪、お亡くなりになっているのではないかと心配をしていたからである。

ご本人は、脚が不自由で、優しい息子さんの自分への世話を解放させたいという思いから別居したのである。会社を休んででも、進んで介護をしてくれる息子さんを気遣っての別居であったが、少々無理があったように感じられる。

やはり、何度も入院をしてみえたようである。体も段々と弱ってきており、昨日の電話でのお声も以前のような張りが感じられなかった。12月には、癌の転移の検査があるといわれる。その結果によっては、息子から私に電話させるとまでおしゃって、息子さんのお名前までお聞きした。音信不通状態を避けるべきとのご配慮である。

ご自身が、そんな状態であるにもかかわらず、私の健康を気遣ってくださるのだから、感謝の気持ちで一杯であるのだが、私は、弁護士ではないので、ご本人に代わって代理人となって法廷で闘うことはできない。

本人訴訟支援では、今となっては、本人が健康上法廷に出向けないのである。お声も弱々しく、その件は、今となってはどうでもよくなっているとはおっしゃってくださったが、年金事務所の担当管理者とのやり取りのことばをお聞きしているので、諦め切るのは大変なことのように思われる。

その担当官は、金額まで計算して、「残念ですけど」といって、そのメモを消したとお聞きしている。無念は晴らしたかったに相違ない。


本日は、3回予定の第3回目の特定社労士能力担保研修である。社労士法の第8次改正で、法廷で補佐人として陳述できるようになったのは、非常にありがたいことだが、第9次、第10次で構わなので、労働社会保険に関する訴訟については、単独で代理人が務められるように社労士法を改正していただきたい。

民法等の基本法については、一般的には、弁護士の先生方に及ばないものの、労働社会保険に限定すれば、現状、社労士の方がはるかに詳しいのだから。

その目標達成のためには、社労士の資格試験に、民法、民事訴訟法、及び行政法を加える必要があるというのが私の意見である。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:38| Comment(0) | 11 所感

2018年09月08日

大根と玉ねぎに再挑戦


昨日、大根の種と玉ねぎの小粒な苗のようなもの(直系2〜3pの改良種の球根)を買ってきた。

例年は、キュウリ、ナス、トマト(ミニトマトを含む)、ピーマン等の夏野菜しかやっていなかったが、いくらか余裕ができたのか、他のものにも挑戦してみようという気持ちになった。

実は、この2品種は、同時にではないが、前にも手がけたことがある。大根については、平成17年頃、第二就職先である NDS リースの社長(NTT の大先輩でもある)に、桜島大根の種を頂いて、2〜3年栽培を続けたのである。大きな大根で丈夫で、栽培には手間暇もかからなかったが後が続かなかった。食してみると大根おろしに適しており、それ以来私は、大根おろしのファンになった。

玉ねぎについては、一時は、畑一面に沢山植えて、収穫後は、 ネットに吊るして保管していたくらいだから、やはり2〜3年は栽培していたと思われる。私は前々から玉ねぎが好物であったので本来続ける気持ちはあったのだろうが、たぶん雑草との戦いに敗れてしまったものと思われる。

ここ2年間ほどは、雑草が成長し、種を落としてから草刈りをするという悪循環だけは断つことができているので、再度挑戦心が湧いてきたのかもしれない。

種や苗はすでに用意したのだが、畑の耕作予定地の80%ぐらいは除草を済ませているが、残りの20%は本日除草すると共に耕す予定である。従って定植は、石灰や多少の肥料を畑の土と混ぜてからになるので一週間ほど先になる。

買ってきた大根の種は、おでん用と大根おろし用の2種類である。自分の作ったものを食することは、大きな楽しみであるが、出来栄えはやってみないと分からない。いつものことでいえば、「買ってきた方が安上がり」という失態の連続である。

栽培のことに戻るが、過日偶然にも、平成17年当時のこの桜島の大根の種が出てきたので少しばかり水に漬けておいた。勿論、10年以上前の乾燥し切った種に芽が出てくるとは思えないが、植物には意外な生命力があるのでお試し施策である。買ってきた大根の隣にでもまとめて植えてみることにした。

ほとんど不可能なことを試みるというこの若さ・馬鹿さは何に由来するのだろう。良く分からないが、考えようによっては、これが私の健康法の秘訣かもしれない。

玉ねぎは植えてから収穫までの期間が長いが、大根は2〜3か月もすれば収穫できるので、この失敗談についても後日報告させていただく。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:44| Comment(0) | 15 健康