2018年05月12日

セクハラ・パワハラ事件のあっせん申請について


私があっせん申請に係る代理人及び訴訟になった場合の補佐人の受任を受けている事件で、私は、早期解決を目指し、先ずもって、被申立人(以下「相手方」という)との裁判外和解を勧めた。結果、金額の隔たりが大きく、和解は成立しなかった。

私が上記の和解を勧めたのは、委任者(以下、原則として「当方」という)側には手持ちの証拠がないことと、徹底交戦の場合解決までに長期間を要することである。まして、申立人は重度のうつ病が治っていないのだからなお更である。

相手方にとっても悪い話ではないので、相手方受任弁護士もある程度の妥協をしてくるものと思っていたが、私が立ち会った2回の面談ではそれがなかった。しかし、当方は、度重なるセクハラ・パワハラで重度のうつ病になり、意に反して退社しなければならなかったのであり、原因や相当因果関係に係る立証がないからという理由だけでは到底納得できるものではない。

徹底的に争う覚悟はできているが、当方の武器となる客観的、具体的、積極的な証拠は今現在何もない。ほとんどの証拠は相手方のパソコンに入っており、当方のスマホに入っていたラインの情報は、裁判所からの令状等がないといただけない。相手方はこの問題のパソコンは、不具合があったので、廃棄したといっているのである。

裁判になれば、申立人同様の理由で辞めた人が多数いるので、その内の一人を選び証人になっていただく予定である。しかし、本件では在職中申立人は営業部に属しており、直属の上司である営業部長からセクハラ・パワハラの被害を受けたのであるが、総務の担当者及び営業部の主幹等に何度も相談しており、管理者である主幹に対しては、具体的に配置転換の希望も出していたのである。

結果、相手方は何の手も打たず、これらの被害の防止に係る策も、教育もしていなかった。この不作為は、労契法第5条の定める安全配慮義務に違反しており、これは民法415条に定める債務不履行に当たる。債務不履行については、基本的に債務者側に立証責任がある。従って、本件について上記の証拠がないからと言って当方に一方的に立証責任があるものではなく、双方に一定の立証責任があるのである。

しかし、これだけでは相手方は折れてこないものと思われる。就労実態は、深夜まで拘束されているいたことが何度もあるが、給与明細書を見ると、残業手当についてみると、早出残業手当相当分のみの支払いしかなく、実際の残業時間の1/3も支給されていないのである。また、天引き内容にしても、労使の書面による協定はあると思われず、36協定も結ばれていないようである。

所轄の労働基準監督署に聞くと、労災申請した場合調査した結果は、本人であれば資料がいただけるとのことである。また、事件の内容もセクハラを通り越して、ストーカー行為の疑いも濃いものであり、刑事告訴も含め徹底交戦の準備をしている。労基署には申し訳ないことだが、当方は、この労災申請が通らなくても申請のメリットは大きいのである。しかも、事件の進捗によっては、当方から取下げも可能なのである。

既に、5月10日(木)には労災申請をしており、同日中に負傷又は発病年月日、及び療養のため労働できなかった期間等に係る相手方の証明をもらう第7号様式及び第8号様式を既に送付済みである。続いて、5月15日(火)には、社労士会労働紛争解決センター愛知へのあっせん申立てを予定しているので、相手方に出席を促す意味と、和解のメリットを考えさせるタイミングとしては、これらの申請は、絶好の時期に重なったのである。

一応は、あっせん、労働審判、提訴、及び刑事告訴と段階を踏んで進める予定で、裁判にまで発展した場合の委任先弁護士事務所まで決めてあるが、相手方の出方次第では和解についても選択肢の一つとしているのである。

相手方受任弁護士は若く経験も浅いことが目に見えているが、この事件がいかに労力を要し、実入りの少ない事件であるかを知らないはずがない。従って、直接関係しない側面からの攻撃は、相手方への和解勧告の意味をも持つのである。少し先にならないと結果は分からないが、世の中には色々な事件があるので、こんな場合の使用者側の反応の一類型として、読者諸氏にも見守っていていただきたい。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 11:18| Comment(0) | 3 人事・労務

2018年05月05日

夏野菜の定植


実は今年に入ってから私の私生活は急変している。今日のテーマはその一片を夏野菜で表したにすぎない。

今年の1月4日(木)には、次女の家族と同居している。次女の家族は、中3の女子と小2の男子(仁哉⇒仁)がいる(ご主人は、事情があって、未だ市内の実家を生活の本拠地としている)のだが、仁が生まれるまでは、3人の娘に、各々一人ずつの女子の孫だったので、直系で唯一の同性である仁と私は、ぴったりと息が合っているのである。

今はこんなのんきなことは言っておられるが、実は同居するまでが大変で、私達夫婦で溜め込んだ余分な物が一杯で捨てるのに2〜3カ月はかかっているし、一苦労したのである。この片付けには2人の孫まで大活躍で、予定した1月4日(木)に何とか間に合った感じである。

同居し始め、新生活になじまないうちに1月24日(水)には、妻がブロッコリーを詰まらせて意識不明になり、救急車で豊田厚生病院に運ばれたが、2月6日(火)には亡くなってしまった。食物誤嚥による低酸素脳症とのことであった。

妻は3人の娘が幼いうちに統合失調症を患い、長年苦労してきており、本来の希望に満ちた生活を送れなかったかもしれないが、振り返ってみれば、私も妻もそれなりに幸せであったのではないかと思っている。

3人の娘と4人の孫に恵まれ、妻は私を信頼しきっていたし、生まれ変わったとしても配偶者には再度私を選ぶと言っていたほどである。歳は私より三つ半若かったので、当然自分の方が長生きするものと思い、時々、私に対して、「一緒に死にたい」とか「ずっと生きていて」と言っていた。

私は冗談に、「こんな状態ではお前の方が先に逝くのは目に見えている」と言っていたのだが、これが本当になってしまった。

しかし、これが同居前のことだったら、悔やんでも悔やみきれないところであったが、わずか3週間ほどといえども次女の家族と同居できたのだから、これで良しとしなければきりがない。


さて、夏野菜の話であるが、例年定食はほとんど5月5日と決まっていたが、今年は4月30日(木)に行うことができた。色々な関係で心身ともに余裕ができたこともあるが、昨年収穫後借地の畑の約3/4は雑草よけの黒のビニールシートを張っておいたので、畝作りや石灰散布もずいぶん楽にできたからである。

メニューは、キュウリ、ナス、トマト、及びミニトマトが定番で、各々3本ずつである。仁がミニトマトが好物で、今年は収穫も成育の見守りも楽になりそうである。ミニトマトは丈夫で例年たくさんできるので、まったくもって好都合である。

仁は室内でテレビゲームに夢中になっていることが多いので、できるだけ自然に親しみを持たせたく思っており一石二鳥である。

例年雑草の処理に追われていた畑仕事が、今年は一転楽しみに代わってきた感じで大満足である。副次的効果も生まれてきており、少し前には巨峰の剪定もできており、うまくいけば今年は摘果までもができそうである。

これらがうまく運んでいるのは、次女が同居に先立って、私の発想ではできないくらいの思い切った断捨離を実行してくれたからだと思っており、感謝に堪えない。

これからは、仕事に追われることなく、仕事自体も減らしていき、より内容の濃い業務遂行をしたく思っている。なぜなら、今年は最高裁に対して、多くの下級審の理不尽な判決が違法であることを分かっていただく必要があるし、ほとんど受付け自体を拒まれている上告受理申立てを、潔く受理していただく必要があるからである。

これらは、精魂込めて、時間をかけて、工夫に工夫を重ねて丁寧に精一杯の表現をする必要があり、片手間でできる仕事ではないからである。


(今月からは、音声入力を拡大したので、平がなが多くなっている等表現方法が少し変わっています。)
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 17:40| Comment(0) | 11 所感

2018年04月28日

正解のない難しい相談に直面


昨日、重度の統合失調症の43歳の次男が2回目の入院中に同居中であったご夫妻から今までにないほどの難しい相談を受けた。初回入院は措置入院で約2年半、今回は保護入院で、1年半はかかるだろうとのお話である。

親子の縁は、基本的に切って切れるものではないが、籍を外してしまえば、縁が切れると思ってみえる。籍と住所、世帯の違いや、相続、扶養義務等の一般論を概略説明したが、この問題は、そんなことで解決できるような生易しい問題ではない。

行き成り、ご次男を「籍から外したい」と言われるので、世帯を別にしたいということだと見当はついたが、このような相談は初めてであるので、私も即答に窮した。電話により約1時間ほど話をしたが、20年以上も世話をし、支援し続けご夫妻の限界を越えてしまったようである。

ご夫妻は、夫78歳、妻75歳、子供は男子二人、兄は東京に行って帰ってきたくないと言っている。多分弟がいるからだとおっしゃる。ご次男ご本人は昼夜逆転の生活で、真夜中も大きな声を出したり、大きな音で音楽を聴いたりしているようである。

ご夫妻の住まいは、食堂までご次男に占拠され、寝室だけになってしまったそうである。全ての部屋は黒のスプレーで、文字とも絵とも分からぬ落書きだらけで、壁も至る所に穴が明いており、ナイフが刺さったままになってるそうで、身の危険も感じておられる。

音楽を聴いている、これが仕事だから、その内、1,000万円ほど入ってくると言っている。あるお金は全部使ってしまいお金の管理はできない。

その内、私たちも、どちらかが病気になるだろうから、次男の入院中に土地を売却して、どこかアパートにでも引っ越して夫婦二人きりで生活したいと言われる。車も2台あるのでご次男が使用しているもう一台は処分したい意向である。勿論、土地の売却代金は、ご夫妻で使いたいとのこと。

この状況をお聞きすると、ご希望の案がご次男を遺棄するものでもなく、例えば配偶者でさえ、重度の精神病の場合は離婚原因とされているのだから、このご次男に対し支援を諦めることは人道に悖るとも言えない。

世帯を別にすれば、たぶんご次男は生活保護は受けられるのであるから、ご夫妻の考え方を誤りだと決め付けることもできない。

このご夫妻に残された人生を有意義に過ごすことは、ご夫妻の権利であり、このご夫妻がこの案を考え着くまでには、考えに考え貫いた挙句の結論であると思われる。

ご夫妻が、私に求めているのは、「この考え方は、間違っているのでしょうか」というものであるから、正解は難しい。案は出したものの、未だに迷ってみえるのである。

お住まいは私の事務所の近くであるので、一度豊田市に相談に行かれて、なお疑問不安等があれば、ご夫婦で当事務所に相談に来られるようお話しした。

最終的には、悔いを残さないようなお二人の決断ということになるが、現実的合法的選択肢について、ベストの情報を提供するのが私の役割であると思っている。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 13:06| Comment(0) | 13 社会・仕組み