2018年11月03日

余りに無責任なホームセンターの商品説明


昨日、ある大手のホームセンターで、金物を3点購入した。本当に欲しかったのは、内寸及び足の長さが通常より少し長めの長足コの字ボルトであったのだが、このホームセンターの扱っているメーカーでは市販品はないとのことで、以前購入したボルトを利用して木材を併用して代用品を作ろうとしたのである。

なぜか、相当前に買った鉤型のボルトと一緒にあるナットが大き過ぎ全く別の物であるようだ。そこで、ナットを10コ程度購入するために、既存の鉤型ボルトを持参して、これに合うナットと、ワッシャ、スプリングワッシャを購入したい旨相談カウンターに売場での案内を依頼した。

ところが、この案内人は、フィットするはずのナットをボルトに嵌めてみて、ボルトの先が潰れているので、ナットの大きさはこれでいいはずだが、中に入らないという。

「鑢でもあれば。ボルトの先端を削れば、スムーズに入る筈」との説明であったので、帰宅後即座に試してみたが、うまくいかない。

5ミリほど入って、途中で窮屈になり、止まってしまうのである。この現象から、大きさは合わせてくれたのだが、私は、ボルトのピッチとナットのピッチが違うのではないかとノータイムで理解できた。

即座に電話して、今度は、男性が電話口に出たので、経緯を説明し、M6のナットは、ピッチの違うものを販売しているかどうかを尋ねたところ、経緯を話しているにもかかわらず、「現物を持ってきてもらい売場で合わせてみないと分からない」との説明である。

再度説明し、どうやら、ピッチがあっていないようであるので、貴社が1種類のピッチしか販売していないのであれば、わざわざ出かけて行っても無駄になるからこのような質問をしている旨重ねて説明した。

回答は、案の定、メートルねじボルト及びメートルねじナットしか取扱っていないとの回答をして平然としている。結果、近くの金物屋に出向き、インチねじ用のナットを購入し、作業は無事完了したのであるが、余分な時間を浪費し、大変嫌な思いをさせられた。

昨日は、これが原因で、予定した作業は進まず、大いに迷惑を被っているのであるが、二人の応対者共が、問題意識ゼロであった。

私は、消費生活アドバイザーであり、NACSの会員でもあるので、消費者目線が強すぎるのかもしれないが、これには二つの大きな問題が内在している。

1つは、先の案内者の、余りにも酷すぎる商品知識の欠如である。今1つは、電話応対者の問題意識の欠如である。私も、「ピッチの問題ではないか」との話をすれば良かったかもしれないが、いかにも自信ありげに、「ボルトの先端が潰れている」といわれてしまうと、一抹の懸念はうっすらと頭をよぎったのであるが、余り目の良くない私は、納得してしまったのである。

このホームセンターは、地元では大手で、私のNACSの会員仲間も、お客様サービスセンターに勤務してみえたこともある。

消費生活アドバイザーを置いているほどの企業であるので、今後は両問題共に、意識的に改善に努めていただきたいものである。


先月10月6日、NACSでは、臨時社員総会が開催された。今まで10年間会長を務められた山本和彦会長(ADRの研究でも多くの論文と学会でも高名であった一橋大学教授)が、NACS 30周年を機に学究に戻られるため、河上正二新会長(青山学院大学法務研究科教授、前内閣府消費者委員会委員長)を選任するためである。

この10年間、山本会長は、消費者庁設置を見越して、NACSが2011年3月に公益法人認定を受け、消費者関連全ての資格を包含する名称変更をするなど大きな実績を残された。

全ての企業に消費者を大切にする姿勢を持っていただくことと、NACSの益々の発展を祈念している。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 19:23| Comment(0) | 7 NACS

2018年10月27日

車中でピアノの打鍵練習ができる時代!!


昨日、豊橋まで滅多に乗らない名鉄電車に乗った。NTT退職者交流会の豊橋会場に出向いたのであるが、名古屋会場の3倍以上の距離があり、電車の最寄り駅が約4qといった田舎に住んでいるので、本宿まで車で行き、そこから国府、伊奈、豊橋と急行に乗ったのである。

その3区間での帰路のことであるが、対面のベンチシートの若い女性が、スマホを膝に乗せ、何かを打っているのであるが、両手を使って、同時に2〜3本の指をお使いである。

文章の入力にしては、動きが不自然であったので、不思議に思い画面を見てみると何とピアノの鍵盤が見えるのである。

空き空きの電車であるので、今の時代は、電車の中がピアノのレッスン場に変わるのである。イアホーンを付けてみえたことからすると自分の打った音も忠実に本物のピアノの音として確認できるソフトを使っているように推測できる。

私の妻は、教育大学のピアノ科を卒業し、長年音楽の講師やピアノ教室の指導員をしてきた者であるが、そのような練習方法をしたことがないことは勿論、そんな練習方法があること自体知らなかったものと思われる。ところが、ピアノのレッスンには余り情熱のなかった現在同居中の次女は、既にこれを知っているのだから、時代の移り変わりは恐ろしい。

スマホには多彩な機能が満載で、私たちはほんの何十分の一か、何百分の一かを利用しているのみあるが、時代遅れの私は、この機能には率直に驚きを感じた。

移動体通信については、出始めの頃は、大きな機器をショルダーで背負うような形態電話があったが、固定電話が常識であった当時は、それでも便利な時代になったものだとの実感であった。

勿論、未来の構想については、色々語られていたが、私が昨日体験した利用方法など予測を越えていた事柄となる。

はるかに想定外のことが現実になっているのであるが、一方、私がおかしいと思っている、司法の判断については、今のところ、下級裁判所においてではあるが、旧態依然の納得性にない判断が繰り返されており、判決理由についても矛盾だらけであるのだから残念でならない。

しかも、年金法により、受給権保護規定まである最も重要な権利について、違反者が国であることを考えると、科学の進歩との落差の大きさを感じないわけにはいかない。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 17:54| Comment(0) | 11 所感

2018年10月20日

任意後見制度のメリット


一昨日の相談は、ご本人(Y.K様、22歳、男性、以下「本人」という)のご祖母(Y.F様、77歳、6年前に未亡人)様からで、2つの問題についてであった。

1つは、アスペルガーと診断された本人のこと、今1つは、ご自身が知人(A氏、50歳前後)に投資(貸金)した2400万円が2000万円以上返ってきていないという問題である。

後者については、社労士の係る問題ではないが、当事務所は、豊田市が全戸に配布している「豊田市 くらしの便利帳」の「相談」の頁右下に写真入りで広告を載せているので、社会保険労務士の知名度の低さのせいもあり、色々な関係の相談が入る。

後者については、お付き合いの深い弁護士の先生を紹介したので、本日は、前者の問題と、その後の電話で依頼された障害年金の問題に絞り所感を述べる。

障害の状態であるアスペルガーについては、約50分の電話相談の間には、「本人が障害者であることを認めたくない」という発言のあったことを心に留めていたので、私の方から障害年金の話は全くしなかった。しかし、2回目の電話では、ご祖母様の方から、今では、本人も障害年金を受給したい意向である旨をお聞きしたので、これについては、私が裁定請求代行をする旨の契約の運びとなったので、以下の話は割愛する。

問題は、ご本人の当面の生活である。本人のご両親は健在で、岐阜県のM市にお住まいである。ご祖母の娘さんが本人の母親であるが、ご祖母からみると、ご両親ともが子供の指導、ケアーについて、無関心で手薄であるとお感じで、本人も、ご祖母に懐いていて、「あの家には、2度と帰らない」と言っているようである。

以前、本人の生活状況を危惧したご祖母は、本人を前掲のA氏に紹介し、A氏が就労、日常生活の面倒をみるように依頼(命令!?)したようである。

ところが、A氏は、ある会社の安城支店を任されていたのであるが、その支店が廃止されて、今では、自営でペンキ屋さんをしているとのこと。その経営もうまくいっていないようで、本人は、少しばかりの手間賃と3食を与えられていたが、今では、無給になり、2食になっているとのことである。
これでは、ご祖母としては、将来は勿論、当面の健康のことも心配で、電話相談と相成ったのである。この2人は、うまが合っているようで、本人は、今後もA氏と一緒に居たいようである。

本日、当面の予定として、A氏が、仕事の関係で、2カ月ほどの予定で横浜に行くので、これに同伴させて良いかどうか等の了解を求めにご祖母のご自宅に2人で来るという。本人は、既にその気になっており、ご祖母も、特段反対をするお積りはないようである。

しかし、ご祖母は、上記のとおり当面の健康は勿論であるが、それ以上に本人の将来のことを心配しておみえで、ご自分が、万一の時は、許される範囲で、本人に相続させたいお積りである。

このような状況下、本人及びご祖母のご意向に沿った支援を考えた場合、法定後見では、即応性も確実性も担保されないのである。

色々検討してみると、平成14年4月施行の任意後見制度の移行型を選択するのがベストであると私は判断した。勿論、公証人の先生とも移行型実施に伴う具体的な事前相談を必要とするが、私は上記の状況からはこれがベストであると考えている。

移行型というのは、後見契約とは別に、任意後見監督人が選任されるまでの間の法律行為や見守りなどについて、委任契約を締結し、委任事務を行う方式をいう。

本人の判断能力が低下した時点で、任意後見監督人の選任の申立てをするまでの時限的措置であるが、この契約の内容を工夫することによって、即応性、確実性の効果もあるのだから、ベストな選択といえるのである。

私は、今まで、いずれも法定後見制度として、成年後見人2件、保佐人1件を経験しているが、本件について考えた場合、委任契約の中身について、労働(雇用)契約等について、どこまでタッチできるか等未知の部分もあるが、この初めての機会を、本人及びご祖母にとって、満足していただけるよう最大限の努力をする積りである。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 12:24| Comment(0) | 13 社会・仕組み