2021年09月04日

過日の断捨離行動の効果 〜論文根拠資料の発見〜


私は、現在、ある学会に対して寄稿論文の提出を予定しており、その草稿が95%程度まで出来上がっている。

この論文の概要は下記のとおりであり、私のライフワークと深く関わりがある。

テーマ:障害年金の支分権は本当に裁定前に時効消滅しているか否か

英文タイトル:Whether or not the disability pension tributary rights are really time-barred before the award

キーワード:基本権と支分権の独立、確認行為型行政処分、障害年金の支分権の発生時期、支分権の権利行使期待可能性、障害年金と老齢年金の違い


9月15日(水)予定の名古屋高裁金沢支部判決が出るのを待って、投稿する積もりであるが、ある事実を確認する資料が、手元にある筈であるが、何度か、その都度何時間もかけて探しているが、思っている物が見付からない。

ところが、断捨離に引き続いて実施していた仕事関係のファイルの整理を続けていたのであるが、資料を分類し徹底的にファイリングをやり直し中、昨日これだという資料が確認できた。

A4版1枚の写真入りの資料であるが、これがないと客観的な事実として表現出来なかったのである。

8月28日にアップした断捨離の決断の効果は意外と大きかったことになる。

全般として仕事関係の書類の整理が捗り、審査請求や訴訟は勿論、現在執筆中の論文の2カ所の不確定部分のうち残り1カ所に当たる不確定部分の表現を確定させることができた。

大事な部分である主張の根拠となる資料をたった1枚探せなかったのであるか、これがない状態で、学会の査読は勿論、採用されれば学会誌にまで掲載されることとなる論文の内容として、不確かなことを書けないのである。

論文に関わる本資料の関係部分は、障害年金の裁定に係る大臣の裁量権の有無が鍵となる事項であるが、探していた資料は、その存在を証明する資料のうちの一つであり、非常に大事なものである。

そのくだりは、厚生労働大臣には、障害等級認定に係る裁定について裁量権がある又は発揮されていることを結論として簡潔に述べる部分である。

その1は、平成7年11月7日 最高裁判決の判例解説において、確認行為型の行政処分には、「既に有する権利に変動及ぼすことができる機能がある」こと。
その2は、複数の障害(傷病)がある場合の総合判定は、裁量なしでは不可能であること。
その3は、厚生労働省の主管の職員が、障害者団体と障害認定について交渉をしている事実

であったのだが、この3番目の内容が私の捜査の対象であった。

繰り返すが、客観性を重視する学会の論文となるものであるので、これを根拠資料なしに述べることはできない。反論や質問や問い合わせは多分ないものとは考えているが、どんな質問に対しても明確に説明できるよう準備するのが著者の責任であると考えている。

タグ:査読
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 11:13| Comment(0) | 日記

2021年08月28日

沈黙は金なり


防水工事の施工に伴い、室内の天井クロスの一部張り替えと、一部床板の積み増しを実施した。

この施工業者を決めるのに、見積書を3者から徴したのだが、結果、3度目になるいつもの業者に発注した。

床材の面積の数字を見ると、私の概算とは違っており、少し多い目の数字となっていた。

過去2回の施工実績から、信頼のおける業者であったので、その件は質問もせず、そのまま黙っていたところ、本日、床板が4畳半ぐらい余るから、追加して施工したいところがあれば、サービスで実施してくれるといわれる。

ほぼ必要な所は、積み重ねで施工済みであるが、ピアノの下については、ピアノが余りにも重いので、未実施であった。

その場所について、ピアノをずらして施工できますか、と質問したところ、大きく動かさなくても、必要最小限の移動をしながら施工が可能だとの回答である。

施工するのは、今すぐではないが、これは有り難いことであるので、追加施工をお願いした。

私が見積書を見たときに考えたことは、2階は単純で2間×2間半で計算を間違えようがないのだが、1階のフロアについては、複雑に入り組んでおり、床材の必要面積を計算するのを間違えたのか、それとも、ロス分を見込むとこれだけの数になるのかは、その時点では定かではなかった。

ところが、私は、この業者を信用していたので、その件については質問をせず、黙っていたので幸運が舞い込んだ。

築後40年になる古い建物であるが、これで床がふかふかして気になる所はなくなって、毎日を心配なく気持ち良く過ごすことができる。

私が床材の面積について質問していたら、このような幸運はなかったことになる。正に沈黙は金である。

裁判では、黙っていたら負けが決まるが、実社会では、黙っていた方が良いことが結構ある。

タグ:沈黙は金
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:44| Comment(0) | 11 所感

2021年08月21日

再度の断捨離決断


大正9年生まれの私の母は、捨てることを知らず、何でも溜め込むタイプであった。

亡くなった時に母と同居の弟の片付けに妹夫婦と手伝いに行ったのだが、部屋中に膨大な物が溢れており、片付けるのに3日間を要したことを思い出す。

こうなると、価値のある物とない物を区別している時間もなく、中型のトラックに積み込んで多くをゴミとして捨てた。

母が、趣味として溜め込んだ物がほとんどであったが、それらは、梱包されたままの物もあり、ほとんど生前の母のために活かされなかった。

平成30年2月6日(火)に亡くなった妻も、どちらかと言うと溜め込む方であった。

ところが、妻が亡くなる3週間前から同居した次女は、断捨離の名人である。

同居するにあたっても、コンテナ 2 杯、ゴミ袋 大を100コ以上捨てた。

物を取っておくために、タンスや入れ物を買って、わざわざ部屋のスペースを狭めて、かつ、大事な物とどうでもいい物をうまく整理しないので、いざ使う時にはすぐ出てこない。

これでは物を何のために保管していたのか、全く意味がない。

物は必要最小限に限定し、用途別 集中保管を徹底すべきで、今頃になって再度の断捨離を決断した。

長女等からは、早くエンディングノートを書くように言われているので、丁度良い機会である。49歳の長女でさえ、一人娘のために書き終えているというのだから、弁解の余地はない。

仕事の物から、日常生活必需品、大工道具やその材料等、片付けなければならない物は満載である。

先ずは仕事の物から片付けなければならないが、分類するだけでも大変である。極力、PDF データに変換し、検索を容易ならしめるファイル名を付け、クラウドに保管する必要がある。

実際にやってみると、大分類、中分類、小分類と整理し、書類等を区分けするだけでも大変である。次女から早く片付けるよう頼まれているのは、仕事以外の物の方であるが、開業社会保険労務士としては、優先順位は仕事が一番になってしまう。

物覚えが悪いせいで、今使っている書類でさえも、パソコンと机の周りは、山積みである。

同時に作業できるのは、一つの仕事しかできないのであるから、机の周りには、それだけを置けばすっきりとするのに、未だにそれができていない。呆れるばかりである。

断捨離を教えてもらい、毎日うまい料理を作ってくれる次女には大変感謝しているが、そうかと言ってこの片付けの優先順位について次女の希望には答えられない。

せめて、できるだけ効率的に、次女の希望分を含め、早く実現することで勘弁してもらうこととする。

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:22| Comment(0) | 11 所感