2018年03月10日

油圧式ステッパー復活


最近障害年金支分権消滅時効事件以外の仕事も増えてきて、相変わらず忙しい毎日を送っている。 障害年金絡みでは、地方公務員の方の地方公務員災害補償基金に対する 本人訴訟のお手伝いを始めた。私の既存の知識にはなかった傷病名(局所交感神経性疼痛症候群CRPS)にかかるもので、これが、この傷病の特性ゆえに法定の審査請求申立て期間をはるかに経過している案件である。

これに関しては、権威ある文献により、傷病の勉強等ゼロからのスタートで始めている。また、私としては初めて受任したセクハラ・パワハラに関する事件も、社労士法及び弁護士法に抵触しないよう工夫しながら最大限の力を発揮するという困難性の高い仕事となるのだが、相手方弁護士の先生と合意寸前まできてきており佳境に入ってきた。

私は、歳の割には元気な方で、仕事についても無理をしているが、お客様によっては、無理をしないよう心配してくださっている。しかし、新しい仕事は受忍しづらい環境になってきており、そろそろ仕事の方も、終活のことも考えないといけないものと思っている。

今年の1月4日からは、次女の家族と同居を始めた。同居を始める前には、物が多すぎて準備が大変であったが、現在は衣食住のことは次女がほとんどやってくれ、快適な生活を送っている。

引っ越し前の準備では、次女が思い切った断捨離を実行してくれ、必要な物まで捨てられたが、各部屋も綺麗で、清潔で、随分使いやすくなった。

幸い、健康であるとはいうものの、散歩もしないほどの運動不足は、体に取り返しのつかないダメージを与えるものと自分ながら心配してきたところであるが、2週間ほど前から油圧式ステッパーを一定時間継続して行なえるようになった。

行う場所も、大幅に改造した LDK にしたので、私のやっているところを見た中2の次女の長女が、何のためにやっているのかと質問をしてきた。運動不足解消で、第二の心臓と言われる太もも・ふくらはぎを使う有酸素運動である旨を説明したところ、 しばらくして、この子も真似してやりはじめた。これを見た次女が試しにステッパーを踏んでみたところ、楽しいと言い出して、時々使うようになった。

お陰で、廊下の片隅に置かれていたステッパーも、LDKの中に 一定の居場所を確保し、 ステッパーの地位を向上させることとなった。

私と次女の長女は定期的に継続できており、これが二人の健康増進に寄与するものと思われる。

次女までが油圧を調整できるのではないかと言い出し、機器を調整したり、油を注し、ギーギーと鳴る音を消す作業まで始めたのである。

これからは、健康第一に、困っている方たちのお役立ちに最大限の貢献できるよう、特に、現在の仕事をできるだけ長くできるよう、健康と仕事の工夫に留意したい。タイミングよく次女の家族と同居できたことに感謝している。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:21| Comment(0) | 15 健康

2018年03月03日

名古屋高裁判決への期待の大きさ


勿論、障害年金支分権消滅時効に係る事件であるが、名古屋地裁民事9部において、2回期日で結審し、敗訴した事件につき、名古屋高裁民事4部では、高裁としては異例の 5回の期日を終え、平成 30年1月26日(金)に結審した事件の判決が、平成30年4月11日 (水) 14時30分である。

結審の時に、閉廷後、担当書記官から、「判決を聞きにみえますか」との質問を受けたが、「勿論です」と答えるべきであったところ、心にもなく、自宅で待つ旨の回答をしてしまった。しかし、今考えれば、担当裁判長は、行政訴訟においても公平な判断をすることで有名な方である。そしてその裁判長は今年退官する旨の情報を得ていた。

私は、具体的な退官の月日は、年度末であると勝手に決め込んでいたが、その場合、判決書にはその裁判長の名前は載らないのではないかと疑問を持っていた。

名前は、別として、判決の判断に係わるのかどうかが決定的なことであるが、これについては、仮に年度末退官としても、大きく係わってくるものと確信していた。

勝手にあれこれ考えていても埒があかないので、疑問のこと、不安なことは、書記官に聞けばいいと割り切って、これについては、昨日担当書記官に電話してみた。

まずもって、この書記官には、判決日に自宅で待つ旨の返事をしたが、二人で判決を聞きに行く旨をお伝えした。この書記官は、私が民事訴訟法第60条の補佐人の許可をいただくときから大変お世話になっている方であるので、そんな関係から、続いて裁判長の退官情報について確認した。

これは、私にとっては朗報であったが、退官日は4月30日とのことである。従って、判決書にも、判決の決定にも同裁判長が大きく関わるわけで、これで負けてしまっては、勝てる裁判がなくなってしまう。

この係は、左陪審も、元弁護士で、行政訴訟についても公平な判断をしてくれそうなのである。共同受任先のG法律事務所と一緒に闘ってくれているk法律事務所のH.N弁護士も、左陪審が弁護士であったときに話したことがあるとお聞きしており、この方も、公平な判断に力を発揮していただけそうである。

加えて、右陪審も、女性の裁判官で、経験を積まれた良識家と思われる。法廷でのほんの短い時間での風貌や所作についても好感が持てる方である。行政事件に対する国に肩入れした偏見は無さそうな方で左陪審同様期待できそうである。

昨年 10月17日には、左下腿切断という身体の障害について、原告側敗訴の最高裁判決が出されたのであるが、現在お世話になっている豊田年金事務所の S.Tお客様相談室長は、物事がよく分かった方で、私がライフワークとしている事件についても、 裁判は個別事件についてなされるものであるから、両方の判決結果があって当然と考えておられ、この事件に対する私の考え方を承知した上で、親切丁寧な対応をしてくださっている。

日本年金機構内部の管理者でさえ、そのように考えていただける環境になってきたのであるが、その方たちにも、私が裁判で主張している内容が伝わっているわけではない。

私が、障害年金について、老齢年金との違いを主張しているのは、絶対的真理に係る部分であり、論理法則にも経験則にも叶ったものであるので、例えこれに反する最高裁判例があっても、私の考え方が通らなければ、これは法律的解釈ではないと思っている。

この私の確信・核心も、4月11日の判決次第では、客観的に考察すれば、崩れる可能性があることになるが、仮に、私が実際に負けることになれば、流石の私も暫くは立ち上がれないことであろう。

それほどまでに期待している裁判について、おそらく、M.F裁判長にとっても裁判官人生において忘れ難い判決である筈で、期日に2回も遅刻した我々としては、この判決を、傍聴者無しで読んでいただくことは、失礼に当たると考え直したのである。

辛抱強く、高裁で5回も期日を設けてくださり、2回もの遅刻に対しても我慢していただいた。判決以前に感謝しなければならないところも多い。

判決結果は、勿論のこと、判決理由が大事なところで、判決日にお邪魔すれば、判決書を受領後直ちに判決理由も確認できるわけで、私は、この判決理由が、今後の裁判に大きな影響を与えるものであることを切望している。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:28| Comment(0) | 1 障害年金

2018年02月24日

大阪高裁の誤判断の原因について


結論から述べる。障害年金支分権消滅時効事件に対する大阪高裁の誤判断の根本原因は、 大阪高裁が、この問題について老齢年金と障害年金の違いはないと判断したところにある。

この誤判断には、二つの判断誤りがある。一つは、当該事件が精神の障害であるにも拘わらず、平成29年10月17日の最高裁判例(以下「今回最高裁判例」という)に係る判例をそのまま吟味せず適応したことにある。今一つは、この事件は、上記今回最高裁判例が出される前の平成29年9月13日に結審しているにも拘わらず、結審後の上記今回最高裁判例を吟味せず判断の基礎として適応したことにある。

私は、この問題について、数多くの誤判決を見てきているので、ほとんどの下級裁判所の判断を信用していない。しかし、だからといって、最高裁の判断を誤っているとは思っていない。

平成7年11月7日の著名判例本村年金訴訟上告審判例においては、最高裁判例解説が平成10年3月25日に出されており、通算老齢年金にかかる部分ではあるが、公的年金の裁定の法的性質について、適切かつ公正な解説を公表している。その内容は実務とも整合している。そして、今回最高裁判例も、保険事故自体の存在及び発生時期等の客観性については、老齢年金と酷似しているものである。

上記今回最高裁判例の実際の問題は、左下腿切断という老齢年金とは異なる障害年金の問題ではあるが、それでも、初診日証明を含む障害年金の裁定が、停止条件付き債券であることを考慮すべき事件であったのである。ところが、このことは全く考慮されていない。最高裁といえども、弁論主義のテーゼは貫かれているので、当事者から主張のない事項まで判断の基礎とすることはできない。

従って、今回最高裁判例にかかる最高裁の判断自体に誤りはない。しかし、それを事案の異なる精神の障害について適用することは勿論、身体の障害等について一般的共通的に拡大して適用することは、法律的解釈としては明らかに誤っているので、下級審判決としては、上記理由によりこれを適用することはあってはならない取扱いである。

しかも、今回最高裁判例の第一審においては、被告の主張する正しい支払期月が各支払期日であることにも疑問を呈しており、これが正しいこととした場合を前提とした判決であるのである。本当の正しい支払期月は、「社会保険関係訴訟の実務」(252頁左から2列目)が示すように、過去分の支払期月は、国年法第18条(厚年法第36条)3項ただし書が適用になるので、 一つしかなく、国が主張するような各支払期月ではない。

従って、この事件の原告が的確な主張・反論をしておれば、このような判決が出なかったものであり、そうすれば、控訴審、上告審においても、このような結果にならなかった事件であったのである。

真相・深層を知れば、信頼すべき、又はされるべき裁判所においても、考えられないような 事態が生じているのである。

この誤判断をした大阪高裁の第一審の神戸地裁の判決「平成27年(行ウ)第57号 支給年金支給請求事件」では、原告が根拠を示し、老齢年金と障害年金の違いを主張しているにも拘わらず、「原告は、少なくとも障害基礎年金については、受給権者が障害の有無や等級を予測することが困難であり、裁定請求どおりに裁定がされるわけではないことからすれば、裁定は単なる確認行為であるとはいえず、裁定を受けていないことは支分権の行使について「法律上の障害」に当たるなどと主張する 。
 しかし、裁定の法的性質は上記(2)で説示したとおりであるところ、裁定について規定した国年法16条、年金支給期間及び支払期月について規定した国年法18条が、国年法第3章第1節「総則」に設けられていることからも明らかなとおり、国年法は、年金給付を受ける権利の発生及び行使の方法について、障害基礎年金と他の種類の年金との間に差異を設けていない。」(判決書16頁6行目)と悦に入っている。

「総則に設けられていることからも明らかなとおり」、と独自の見解を説示して「差異を設けていない」、と潜在的抽象的観念論を強行しているが、個別の条文の中味を検討することもなく、「総則に規定されているから差異はない」との判断は、問題を個別・具体的に検討することが必須の裁判所の手法としては、必須事項を欠いており落第である。科学、社会が目まぐるしく進化発展する中、私自身、法分野の一角を職務とする者として、誠に恥ずかしく、残念でならない。

そして、法解釈を職責とする大阪高裁までが、この単純な過ちに気付かない、又は気付かない振りをしているのだから、一般論として、行政訴訟における下級裁判所の判断は、信用できないのである。勿論、例外はある。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 15:16| Comment(0) | 1 障害年金