2018年05月27日

白内障の手術


昨日、右目の白内障の手術をして、本日は術後の検査に出かけ、受診後は近くの豊田中央図書館から面白そうない本(ランズバーグ先生の型破りな知恵 スティーヴン・ランズバーク著 清宮真理訳)を一冊借りてきたところです。左目の手術は先週の24日(木)に終わっていたのですが、右目の手術日が昨日の土曜日であったのでブログのアップ日と重なりブログのアップが予定日にできなかった。

ブログの土曜日アップはほとんど崩したことがなく、今回も予定日でのアップを試みたのですが、両方の目が近くの文字がボケてしまい、とてもパソコンを扱える状態ではありませんでした。友達の眼鏡屋さんは、2〜3か月して目の状態が落ち着いてから作ればよいとのんびりしており、私は、近くのボケの程度が分からなかったので、適当なレンズも用意しておらず、失礼をいたしました。遠くがはっきり見えなくて、何十年という間、不満だらけであったのですが、近くが見えるということがこんなに幸せなことであったことに全く気が付きませんでした。

白内障の手術には前々から興味があり、身近な関係者や、周りの人たちの様子を見たり、話を聴いたりしていたのですが、近くの眼科医の受診を受けそろそろ潮時と手術の決断をしました。

白内障の手術自体は、10分もかからないくらいで終わってしまうのですが、ウイークポイントを強引に引っ張られている感じで、気持ちの良いものではありませんでした。事前の検査や事後のフォローが重要で時間も要します。私の行った手術は、水晶体嚢の前部を2 mm ほど切り取り、中の水晶体実質を超音波で砕き吸い取って残した袋状の水晶体嚢の中に人工のレンズを挿入する方法です。

経験者や既に色々な手術を受けている方からみれば、手術といえるような手術ではないかもしれませんが、それでも全国平均3000件に1件くらいの確率で失明に近い状態になってしまうことがあるそうです。従って、実施する医療機関については慎重に検討したのですが、苦しい時の神頼みで、結果の良否は神に祈るのみでした。術後激しい運動は1か月ほど控えるよう指導されていますし、経験者によると脳に近いところだから大事を取った方が良い旨のアドバイスもありました。

私は長年近視であったので、ゴルフもメガネをかけてプレイしていたのですが、これからは眼鏡なしでプレイできることに大きな期待をかけています。仕事や読書・新聞の通読には度の合った老眼鏡を調達し、仕事場とリビングに各々一つずつ置き対処する予定です。外出時に必要な時はリビングのものを持ち出せば足りるので、これからはメガネを探すこともなくなるものと期待している。私はネクタイとメガネが嫌いでその面ではサラリーマンには向いていなかったのですが、これからはほとんどの場面でメガネが不要となり、便利で快適な生活が送れるものと思っている。

より説得力のある上告理由書及び上告受理申立理由書の作成にも貢献してくれるものと、施術のタイミングの良さにも満足している。
タグ:白内障
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 17:57| Comment(0) | 15 健康

2018年03月10日

油圧式ステッパー復活


最近障害年金支分権消滅時効事件以外の仕事も増えてきて、相変わらず忙しい毎日を送っている。 障害年金絡みでは、地方公務員の方の地方公務員災害補償基金に対する 本人訴訟のお手伝いを始めた。私の既存の知識にはなかった傷病名(局所交感神経性疼痛症候群CRPS)にかかるもので、これが、この傷病の特性ゆえに法定の審査請求申立て期間をはるかに経過している案件である。

これに関しては、権威ある文献により、傷病の勉強等ゼロからのスタートで始めている。また、私としては初めて受任したセクハラ・パワハラに関する事件も、社労士法及び弁護士法に抵触しないよう工夫しながら最大限の力を発揮するという困難性の高い仕事となるのだが、相手方弁護士の先生と合意寸前まできてきており佳境に入ってきた。

私は、歳の割には元気な方で、仕事についても無理をしているが、お客様によっては、無理をしないよう心配してくださっている。しかし、新しい仕事は受忍しづらい環境になってきており、そろそろ仕事の方も、終活のことも考えないといけないものと思っている。

今年の1月4日からは、次女の家族と同居を始めた。同居を始める前には、物が多すぎて準備が大変であったが、現在は衣食住のことは次女がほとんどやってくれ、快適な生活を送っている。

引っ越し前の準備では、次女が思い切った断捨離を実行してくれ、必要な物まで捨てられたが、各部屋も綺麗で、清潔で、随分使いやすくなった。

幸い、健康であるとはいうものの、散歩もしないほどの運動不足は、体に取り返しのつかないダメージを与えるものと自分ながら心配してきたところであるが、2週間ほど前から油圧式ステッパーを一定時間継続して行なえるようになった。

行う場所も、大幅に改造した LDK にしたので、私のやっているところを見た中2の次女の長女が、何のためにやっているのかと質問をしてきた。運動不足解消で、第二の心臓と言われる太もも・ふくらはぎを使う有酸素運動である旨を説明したところ、 しばらくして、この子も真似してやりはじめた。これを見た次女が試しにステッパーを踏んでみたところ、楽しいと言い出して、時々使うようになった。

お陰で、廊下の片隅に置かれていたステッパーも、LDKの中に 一定の居場所を確保し、 ステッパーの地位を向上させることとなった。

私と次女の長女は定期的に継続できており、これが二人の健康増進に寄与するものと思われる。

次女までが油圧を調整できるのではないかと言い出し、機器を調整したり、油を注し、ギーギーと鳴る音を消す作業まで始めたのである。

これからは、健康第一に、困っている方たちのお役立ちに最大限の貢献できるよう、特に、現在の仕事をできるだけ長くできるよう、健康と仕事の工夫に留意したい。タイミングよく次女の家族と同居できたことに感謝している。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:21| Comment(0) | 15 健康

2016年10月15日

検診結果にショック


9月27日(火)特定健康診査を受診した。10月11日(火)数値をみてショックを受けた。自分自身、運動不足は自覚していたので、いつかは具体的な数値として宣告される日が来るものとは覚悟していたが、予想していたとはいえ、懸念事項が現実のものとなり大きなショックを受けている。

昨年までは、※の付された項目は全くなかったのだが、今年は、一挙に3つも付き、メタボリックシンドローム判定「予備群」とされてしまった。

身体計測 胸囲 基本値 cm 85.0未満 のところ、 ※ 89.0
血中脂質検査 中性脂肪 基準値 r/dl 30〜149 のところ、 ※ 171
同上   HDL-コレストロール 同上 40〜96 のところ、 ※ 34
 である。

既往症のある人や、医者から言わせると、「大したことではない」と言われるが、若い頃は、ほぼ、ミスユニバースの体形と酷似していた私としては、ウエスト70前後であったのだから、これが89では、これは「何とかしなければ」という気持ちにさせられる。

昨日の妻の受診日に、妻の主治医に少し時間をいただき、対策案を相談した。一番良いのは、散歩だと言われる。食事を減らすのは、他にも影響するので、止めた方が良いとのこと。一番大きな筋肉は、大腿部の筋肉だから、散歩が一番と言われる。

30分程度からですか? と質問したところ、時間ではなく歩数だとのこと。一挙に1万歩は無理だから、5,000歩から始めると良いとのアドバイス。私は、そこまで言われても、まだ、所要時間を気にしており、油圧ステッパーではダメですか? と問い直す。
ダメではないが、雨天くらいにしておいた方が良いとのご託宣。

後者の場合、15分で汗をかき出し、5分間汗を出して入浴するのが、効率的で、私の目標であったが、守られていなかった。自分自身でしか管理できないことを守れていなかったのだから自業自得である。ワーク・ライフ・バランスを重視し、推奨している社労士がこんなことではいけない。

先生は、散歩の場合、意欲にも繋がると、あくまで散歩を第1候補に挙げられる。折角専門家にアドバイスをいただいたのだから、時間など気にせず、これは素直に守らなければならない。

私のライフワークについては、まだ、私の意思を継いでくれる人はいないので困ったこと(有力候補はいたのだが、諸般の事情により固まらなかった)ではあるが、キーマンである保険者に決定的ダメージ(法改正又は運用改正の決断をさせること)を与え得る訴訟での完全勝訴については、提携予定先との試行訴訟の訴状(案)の完成が近づいており、事前調整を経て、11月21日(月)には、関係4者 + 提携予定先のスタッフによる面談調整・最終(案)の決定と予定されており、私だけの仕事ではなくなった。

従って、私が定期的な運動を日課にして、少し事務が遅れるとしても、主に、審査請求(旧法の異議申立て)事案となるが、そのために事務の進捗がお客様に影響が出るほどに遅れるとは思っていない。少しでも異変を感じられたら、遠慮なく忌憚のないご意見をいただきたく切望する。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:39| Comment(1) | 15 健康