2016年10月15日

検診結果にショック


9月27日(火)特定健康診査を受診した。10月11日(火)数値をみてショックを受けた。自分自身、運動不足は自覚していたので、いつかは具体的な数値として宣告される日が来るものとは覚悟していたが、予想していたとはいえ、懸念事項が現実のものとなり大きなショックを受けている。

昨年までは、※の付された項目は全くなかったのだが、今年は、一挙に3つも付き、メタボリックシンドローム判定「予備群」とされてしまった。

身体計測 胸囲 基本値 cm 85.0未満 のところ、 ※ 89.0
血中脂質検査 中性脂肪 基準値 r/dl 30〜149 のところ、 ※ 171
同上   HDL-コレストロール 同上 40〜96 のところ、 ※ 34
 である。

既往症のある人や、医者から言わせると、「大したことではない」と言われるが、若い頃は、ほぼ、ミスユニバースの体形と酷似していた私としては、ウエスト70前後であったのだから、これが89では、これは「何とかしなければ」という気持ちにさせられる。

昨日の妻の受診日に、妻の主治医に少し時間をいただき、対策案を相談した。一番良いのは、散歩だと言われる。食事を減らすのは、他にも影響するので、止めた方が良いとのこと。一番大きな筋肉は、大腿部の筋肉だから、散歩が一番と言われる。

30分程度からですか? と質問したところ、時間ではなく歩数だとのこと。一挙に1万歩は無理だから、5,000歩から始めると良いとのアドバイス。私は、そこまで言われても、まだ、所要時間を気にしており、油圧ステッパーではダメですか? と問い直す。
ダメではないが、雨天くらいにしておいた方が良いとのご託宣。

後者の場合、15分で汗をかき出し、5分間汗を出して入浴するのが、効率的で、私の目標であったが、守られていなかった。自分自身でしか管理できないことを守れていなかったのだから自業自得である。ワーク・ライフ・バランスを重視し、推奨している社労士がこんなことではいけない。

先生は、散歩の場合、意欲にも繋がると、あくまで散歩を第1候補に挙げられる。折角専門家にアドバイスをいただいたのだから、時間など気にせず、これは素直に守らなければならない。

私のライフワークについては、まだ、私の意思を継いでくれる人はいないので困ったこと(有力候補はいたのだが、諸般の事情により固まらなかった)ではあるが、キーマンである保険者に決定的ダメージ(法改正又は運用改正の決断をさせること)を与え得る訴訟での完全勝訴については、提携予定先との試行訴訟の訴状(案)の完成が近づいており、事前調整を経て、11月21日(月)には、関係4者 + 提携予定先のスタッフによる面談調整・最終(案)の決定と予定されており、私だけの仕事ではなくなった。

従って、私が定期的な運動を日課にして、少し事務が遅れるとしても、主に、審査請求(旧法の異議申立て)事案となるが、そのために事務の進捗がお客様に影響が出るほどに遅れるとは思っていない。少しでも異変を感じられたら、遠慮なく忌憚のないご意見をいただきたく切望する。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:39| Comment(1) | 15 健康

2013年02月16日

首こりの原因

 私は、肩はこらないが、定期的に首こりが酷くなり、低周波治療器の世話になったり、私には良く効く近くの温泉に出向いたりして解消してきた。自宅から2kmほどの温泉は、私の体質に合っているようで、2回ほど入ってくると肩や首が軽くなったように感じる。

 偶然、日経新聞の書籍の広告で「肩こり・首痛は99%完治する」(酒井慎太郎氏著)を見付け、市立図書館にリクエストしておいたものが、本日手元に届いた。今日は、交渉事が思ったより上手く行ったので、安心して、この本を読んでいて、途中で土曜日であることに気付き、ブログ投稿を始めた次第だ。

 まだ読み出したところであるが、私の首こりの予防、治療の基本となる部分を指摘していただいたように感じるので、納得できた一部分を紹介したい。皆さんは既に常識としてみえるところかも知れないが、私の無知を披露します。

 頭の重さは約6kg、前かがみやうつむきの姿勢をとったとき、首の後ろ側の筋肉にかかる過重負担は、直立姿勢をとっているときに比べ、なんと約3倍になると言われているそうです。私の日常で、前かがみやうつむきの姿勢がなんと多いことか。

 こりが発生するのは、血行不良に問題があるようです。肩や首の筋肉が緊張して疲労すると、筋肉の中を走る血管が圧迫され、その部分の血行が妨げられ、血行が悪くなると、当然、その部分への酸素や栄養の供給が不十分になります。筋肉というものは、酸素を使ってブドウ糖を燃焼させ、必要なエネルギーを作り出しています。ところが、血行が悪く、酸素が十分に行き渡っていないと、ブドウ糖が不完全燃焼を起こし、乳酸などの老廃物質に変わってしまいます。この老廃物質が筋肉や神経を刺激して、こりや痛みとして知覚されるのだそうです。

 この本の、中盤、後半には対策や治療法が書かれているものと推測するが、この本は私にとって大きな朗報をもたらしてくれるものと楽しみにしている。懸案の運動不足も、1カ月ほど前からは、油圧ステッパー20分を堅持できている。腹筋を加え、来月からは、水泳を再開し、再来月からは、市営プールでの水泳を、近くの温泉での水泳と入浴に変え、ほぼ毎日通えるように仕事と、生活設計を抜本的に改善することを決意した。何か、先が明るくなってきた。ありがとう、〇〇さん。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 21:22| Comment(0) | 15 健康

2012年03月10日

健康寿命

 我が国は、平均寿命が世界一ですが、健康寿命(肉体的、精神的、及び社会的に健全な状態でいられる寿命)も世界一だそうです。随分昔に、長野県を発祥の地とするPPK(ピン・ピン・コロリ)運動についてお聴きしたことがありますが、これは正に健康寿命に通じるものです。長野県の現在の平均寿命は、現在男性では、1位、女性では4位だそうですが、それでも老人医療費は、北海道の半分、全国平均より、20万円も安いそうです。長寿を考えた場合、必ずしも恵まれた環境とは言えず、寧ろ過酷な環境に近い筈ですが、大したものです。

 原因は、色々あるようですが、私は、一番大きな原因は、老人が生き甲斐を持っている説を信じたく思います。多くの老人が農業に従事して生き甲斐をお持ちのようです。これを自身に置き換えた場合どうだろうかと考えました。少し運動不足ですが、長いサラリーマン生活を終えた後も、社会にお役立ちできる天職を得、生き甲斐としています。いわば理想とされている長野県の状態に近い訳です。更に、両親ともに長生きの家系ですので、交通事故にでも合わなければ、健康で長生きできそうな気がします。勿論、油断は禁物ですが、これ以上の仕合せはないので、境遇に感謝しています。

 当家の跡継ぎ予定は、次女ですが、長女からは、延命治療の要否を確認され、不要と回答しています。私のある恩師は、献体をされましたが、私はまだそこまでは考えていません。世の中、色々な人がいて面白いので、これからも人とのお付き合いを大切にして、悔いのない、楽しい余生を送りたいと思っています。




posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 22:15| Comment(0) | 15 健康