2023年08月26日

国文学者の多彩で深淵な才能


今週は 3日間ほどを 費やし 平成30年2月6日に突然亡くなった妻の残した 古い書物を持ち出してきて 一通り 通読した

この書籍は 『 文論中心 口語文法 』島田勇雄 明治書院 初版 昭和38年5月5日 昭和41年6月30日 4版発行である

裏表紙の 妻のメモによると 大学3回生の時に 購入した ようである

妻は 昭和39年4月入学 昭和43年3月卒業だから 3年生は 昭和42年 となるので 第4版が出て 1年ほどしてから 面白かったからか 必要を感じてかで 購入したようである

著者は 1911年 広島県生まれ 東京大学 文学部 国文科卒 当時は 神戸大学 文学部 助教授 であったようだ

著作物としては 『万葉集の解釈と文法 』『保元物語・平治物語』 が紹介されている

この本の内容については このブログで書ききれないので 割愛するが この書籍には 既に私の引いた朱線があり 一度 読んでいるような痕跡がある

小口の辺りは 日焼けで 茶色く 焦げており 紙も 相当に 弱っている

なぜ また この書籍を 読む気になったのかであるが 必要を感じたからであり 著者の多彩な才能に 尊敬の意を表しているからである

多くの著名な 文学作品の 文例を引用し その使われ方 文法上の意味 等を 説明するだけでも 膨大な 基礎知識がないとできないことである

加えて言えば 多くの学説の違いを頭に置いて それらを評価し 自説を述べるのであるから 並大抵のことでない

後者については 法律の世界でも 学説 や 判例について 同様のことが言えるが 国文学においては 更に その緻密性が高いように感じられる

また 例 問 等を随所に設け 多くの大学の 入試問題も紹介しているが これらは並の努力ではできないことが 痛感される

自然に頭が下がる 思いであるが これに比べ 私が 日頃 仕事で 接する 行政事件 に係る裁判官の 屁理屈には 辟易 させられている

このことについては 瀬木比呂志( 2015.1.20)
『 ニッポンの裁判』講談社 現代新書 によると 「行政事件について まともな審理を行う裁判官は 10に1人である。」( 161頁 8列目)と 紹介されているが これが 改善される 見込みのないことに 暗澹たる思いを抱く

普遍性も必然性もない理由を付けて自己の思っている方向に結論を持っていく強引さには日頃うんざりしている


書籍の内容については割愛する と言ったが 以前 このブログでもテーマにしている 「が」 と「は」について ほんの少し 紹介する

「が」は 大体 述語が分っていて 主語についての説明を求める助詞

「は」は 主語が分っていて 述語についての説明を求める助詞

「が」は未知のことに 「は」は既知のことについて用いる

「が」は述語に重点が「は」は主語に重点がある

「 が」 と「は」の違いの他の点は それらが かかってゆく 距離の 遠近にある 「が」は短く 「は」は長い
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:43| Comment(0) | 13 社会・仕組み

2023年08月05日

金銭の請求の民事裁判は 簡単️


先週のブログで 障害年金の 遡及請求が 敵った 全国の 皆様に 立ち上がろうと 呼びかけました

突然そんなこと言われても 一般の人には 裁判は縁遠いものです

しかし 刑事事件の裁判と違い 金銭の請求のような 単純な民事事件では 適切な 相談者又は指導者がおれば 法廷でのやり取りは 難しいことは何もありません

実質的には 全て 事前の書類のやり取りで済んでしまうので 口頭弁論では 「陳述します」 と一言 言えば 目的は達成できるのです

希に 裁判長から 質問のあることもありますが 分からないことは その場で答えず 内容を 聞き直すなり メモを取るなりして 後日 書面で回答します といえば 十分です

口頭弁論は 次回の期日を決めることを含め 5分か10分で 済んでしまいます

費用についても 本人ができれば 訴額の1%以下(逓減方式)の手数料(収入印紙)と 7,000円前後の予納郵券(郵便切手)を納めるだけで済みます

高いのは弁護士の着手金ですので 訴額が少額である場合は 着手金が不要となる この本人訴訟が有効なのです

注意を要することは 弁論主義が採られていることです 書類を提出しただけでは 主張したことにならないので 本人が 法廷に出て「陳述します」と発言する必要があることです 法定代理人が いる場合は別として 必ず 本人が 出席しなければならないので 健康管理等が 重要となることです

疑問のある方は 何でも結構ですので 遠慮なく お問い合わせください

タグ:弁論主義
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:52| Comment(0) | 13 社会・仕組み

2023年01月07日

訴訟救助の申立却下に対する対処


昨日 大阪地裁 第2民事部から 井原毅士生原様分の訴訟救助の申立てに対する 却下決定 を受けた

半ば予想はしていたが やはりという感じである

却下理由については 想定内のものであり 実質的当事者訴訟としての 厚生年金請求事件と 行政処分の取消事件を 同一の訴訟と判断したこと 及び わかりもしないのに 経済的に 窮状にないという理由である

これは極めて理不尽であるが これを乗り越えて不合理を追及する必要がある

これに対する対処は かねてから 予定していた 既に受給済みの 5年間遡及分に対する 遅延損害金の請求である

幸いに 今まで 長い年月を要しているが 全ての場合で 5年以内には 時効の中断をしており その都度 時効の起算が クリアしているので 継続 5年間の権利不行使は一度もないのでその請求ができるのである

具体的には 本文所定の各支払期月の翌月の初日から 支払済みまでの 期間に対する 年5%の割合による 遅延損害金の請求である

被告及びほとんどの裁判所は 正しい支払期月は 年金法所定の各支払期月であると 主張するので それに従って請求するのである

これは 予備的請求として予定していたものであるが 却下の決定に 即した対応として 今回はこれを 主請求としたものである

手続き的には 訴状訂正申立書により 従来の訴状を 今回提出の 訂正済み訴状 に 請求の趣旨を 全面的に 替えるものである

これによれば 支払済みまでの 日数が 分からないので 訴訟物の価額は算出できず 訴訟物の価格は160万円とみなされ その印紙代は 18000円であるのでなんとか支払いはできる

従来の 89000円と比べると 格段に安くなる

大阪地裁はこれに対しても 色々理由をつけて 棄却してくるものと思われるが そうするためには 被告及び 裁判所自らが 正しい支払期月としている年金法本文の定める 各支払期月を 否定する必要があり 屁理屈に屁理屈を重ねる 結果になるものと思われる

行政訴訟とは言うものの 日本の司法はこれで良いはずがない
タグ:行政訴訟
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:44| Comment(0) | 13 社会・仕組み