2019年09月07日

晩節の研究


今週は、久しぶりに読書の時間を持った。河合敦著「晩節の研究」偉人・賢人・の「その後」である。今年の4月25日第1刷発行であるので、まだ、比較的新しい書籍である。

色々な時代の色々な立場の方30名が選ばれている。時代別では、古代の偉人たちが3名、中世が6名、近世が14名、近代が7名である。日本人が対象であるようだが、渡海してきて日本人になった鑑真も選ばれている。女性は3人しかいない。北条政子、日野富子、及び千姫である。

色々特徴的な活動等が書かれているが、歴史に名を残す偉業を成し遂げた人物も、ほとんどの場合、本当に活躍したのは、ある一定の期間に限られる。人間、良い時ばかりではないから、用心して悔いのない人生を送りましょう、と言いたかったのかもしれない。

その人物の意外な面、偉業、金銭感覚、親子関係、政敵、友人異性との関係などが述べられているが、著者は歴史研究家であるようだがそれにしてもよく調べたものだ。現地を訪れたり大変であったと思うが楽しみながらの著作活動であったと思われる。好きでなければできないことである。

タイトルがタイトルだけに死について多く書かれていることは当然で、それと近い関係にある病気との関係が多く書かれていたように感じた。現代の医学では死と直結しない病でも、当時は、容易に死に結び付いてしまう環境であったのだから当然である。

晩節ともなれば、現代とは異なるので、何らかの病を得て人生を狂わされるのである。そのことは、医学の進歩した現代でも共通することであるので、心せねばならない。人は、油断していると簡単に死んでしまう。

意外だったのは、30人の中に入ってはいるのだが、足利義昭である。義昭についてこれほど詳しく書かれている書物を読んだのは初めてである。今まで持っていたイメージが一転した。

晩節に昔を振り返って、良い人生だったと思えることも大事なことであるが、人はいつ死を迎えるか大病にでもならなければ分からない。人間何といっても健康第一である。今を、健康で日々悔いを残さないように楽しく暮らすことこそが晩節において一番に大事なことである。


今週は、ごく短いですが、これで筆を置き、3県合同の特定社労士能力担保研修3回中2回目研修に行ってまいります。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:21| Comment(0) | 11 所感

2019年01月19日

恒例行事となった確定申告 全く進歩なし


電子申告を初めて既に多くの歳月が流れているが、毎年1回だけしかこのソフトに触らないので、思い出しながらの作業となりストレスを感じる。少なくとも、毎年欠かさずやっているのに快適に済ませた記憶がない。

大小様々なレシート等を日付け順に区分して、貯めておいた物に一連番号を付けるだけでも数時間を要する。

これをパソコンで投入し、決算書や申告書類にするまでは、途中で不具合等があってもソフト会社に電話をすれば、時間はかかっても解決は保障されている。家計費分計などは、ソフトのお陰であっという間に済んでしまう。

いつも上手くいかないのが、このデータをe-Taxで税務署に送る作業である。単純なはずのこれが上手くいかないのであるから不思議である。時々パソコンを変えることもあったり、認証の方法が変わっていたり、読み取り端末が変わっていたりするのであるから、この時しか縁のない者にとっては厄介である。

そして、上手くいかなかった場合の問い合わせ先も1カ所では済まなくて、次の問い合わせ先を案内されるのだから、毎年、これで期限までに完了するのかと不安になる。

こんなことなら、税務署まで作った書類を持参した方が便利かとも考えるが、分厚くなった領収証等を提出するのも嫌な面がある。中には、しばらく、保管しておきたい領収証等もあるが、これをコピーするのも無駄な作業で気が進まない。

今年は、昨年と同じパソコンで作業を始めたので、送信面の余分なトラブルは発生しないはずであるが、切羽詰まってイライラするのが嫌だから、今年は早めに準備を始めた。

残念ながら、この道のスキルのない私は、トラブルのないのを神に祈る道しか残されていない。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 14:54| Comment(0) | 11 所感

2019年01月05日

あるリケジョ弁護士のことば 「小学生に説明するように」


昨年のこと、愛知県会での社労士法改正に伴う補佐人シンポジウム開催後の関係者有志による懇親会の席上、基調講演をお願いした弁護士の先生から上記のような言葉があった。

話の内容は、裁判官の主張の内容の理解度に関する話である。主張内容を普通に記述しても中々担当裁判官には通じない。小学生に説明するように丁寧に主張する必要がある。裁判官は、その程度だと思わないと後悔を残すことになるとおっしゃる。

特に、裁判官に万能や正義を期待しても、期待を裏切られるだけで、訴訟進行上害になるとのお考えである。

私のやっている裁判は、ほとんどが行政訴訟であるので、なお更その傾向は強く、リケジョ弁護士のお言葉に変に納得してしまった。

例えば、障害年金支分権消滅時効問題については、老齢年金と障害年金の違いを認めたのは、優に20件を超える今までの類似事件につき、福岡高裁ただ一つである。

勿論、日本年金機構発行の分かり易い資料等を引用し、その説明をしているのであるが、通じない。省令である施行規則には、給付の種類ごとに「裁定の請求」に係る細かい規定があり、これを確認するだけでもその違いは明らかであるが、両者の違いを認めようとしない。

私は、これは、本件については、裁判官が政治的判断をしており、法律的解釈をしていないからだと決めつけていたが、年を越すに当たって、色々反省する中で、今年は、リケジョ弁護士のおっしゃった言葉を我慢強く、実行してみようと決意したのである。

本日は、新年のご挨拶代わりの決意表明で失礼させていただく。本年も宜しくお願い申し上げます。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 16:02| Comment(0) | 11 所感