2018年10月27日

車中でピアノの打鍵練習ができる時代!!


昨日、豊橋まで滅多に乗らない名鉄電車に乗った。NTT退職者交流会の豊橋会場に出向いたのであるが、名古屋会場の3倍以上の距離があり、電車の最寄り駅が約4qといった田舎に住んでいるので、本宿まで車で行き、そこから国府、伊奈、豊橋と急行に乗ったのである。

その3区間での帰路のことであるが、対面のベンチシートの若い女性が、スマホを膝に乗せ、何かを打っているのであるが、両手を使って、同時に2〜3本の指をお使いである。

文章の入力にしては、動きが不自然であったので、不思議に思い画面を見てみると何とピアノの鍵盤が見えるのである。

空き空きの電車であるので、今の時代は、電車の中がピアノのレッスン場に変わるのである。イアホーンを付けてみえたことからすると自分の打った音も忠実に本物のピアノの音として確認できるソフトを使っているように推測できる。

私の妻は、教育大学のピアノ科を卒業し、長年音楽の講師やピアノ教室の指導員をしてきた者であるが、そのような練習方法をしたことがないことは勿論、そんな練習方法があること自体知らなかったものと思われる。ところが、ピアノのレッスンには余り情熱のなかった現在同居中の次女は、既にこれを知っているのだから、時代の移り変わりは恐ろしい。

スマホには多彩な機能が満載で、私たちはほんの何十分の一か、何百分の一かを利用しているのみあるが、時代遅れの私は、この機能には率直に驚きを感じた。

移動体通信については、出始めの頃は、大きな機器をショルダーで背負うような形態電話があったが、固定電話が常識であった当時は、それでも便利な時代になったものだとの実感であった。

勿論、未来の構想については、色々語られていたが、私が昨日体験した利用方法など予測を越えていた事柄となる。

はるかに想定外のことが現実になっているのであるが、一方、私がおかしいと思っている、司法の判断については、今のところ、下級裁判所においてではあるが、旧態依然の納得性にない判断が繰り返されており、判決理由についても矛盾だらけであるのだから残念でならない。

しかも、年金法により、受給権保護規定まである最も重要な権利について、違反者が国であることを考えると、科学の進歩との落差の大きさを感じないわけにはいかない。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 17:54| Comment(0) | 11 所感

2018年09月15日

突然届いた日向夏


一昨日、しばらく音信不通になっていた宮崎のお客様から日向夏がどっさりと届けられた。季節になると、私の健康を気遣って色々な食べ物や飲み物を送ってくださる心優しい障害年金支分権消滅時効の問題を抱えたお客様からである。

何が嬉しかったというと、何はともあれ、この方の生存が確認できたことである。携帯もメールも通じなくなっており、息子さんのご家族と別居した旨をお聞きしており、その後しばらくして、倒れられたことがある旨お聞きしていたのだから、最悪、お亡くなりになっているのではないかと心配をしていたからである。

ご本人は、脚が不自由で、優しい息子さんの自分への世話を解放させたいという思いから別居したのである。会社を休んででも、進んで介護をしてくれる息子さんを気遣っての別居であったが、少々無理があったように感じられる。

やはり、何度も入院をしてみえたようである。体も段々と弱ってきており、昨日の電話でのお声も以前のような張りが感じられなかった。12月には、癌の転移の検査があるといわれる。その結果によっては、息子から私に電話させるとまでおしゃって、息子さんのお名前までお聞きした。音信不通状態を避けるべきとのご配慮である。

ご自身が、そんな状態であるにもかかわらず、私の健康を気遣ってくださるのだから、感謝の気持ちで一杯であるのだが、私は、弁護士ではないので、ご本人に代わって代理人となって法廷で闘うことはできない。

本人訴訟支援では、今となっては、本人が健康上法廷に出向けないのである。お声も弱々しく、その件は、今となってはどうでもよくなっているとはおっしゃってくださったが、年金事務所の担当管理者とのやり取りのことばをお聞きしているので、諦め切るのは大変なことのように思われる。

その担当官は、金額まで計算して、「残念ですけど」といって、そのメモを消したとお聞きしている。無念は晴らしたかったに相違ない。


本日は、3回予定の第3回目の特定社労士能力担保研修である。社労士法の第8次改正で、法廷で補佐人として陳述できるようになったのは、非常にありがたいことだが、第9次、第10次で構わなので、労働社会保険に関する訴訟については、単独で代理人が務められるように社労士法を改正していただきたい。

民法等の基本法については、一般的には、弁護士の先生方に及ばないものの、労働社会保険に限定すれば、現状、社労士の方がはるかに詳しいのだから。

その目標達成のためには、社労士の資格試験に、民法、民事訴訟法、及び行政法を加える必要があるというのが私の意見である。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:38| Comment(0) | 11 所感

2018年06月23日

人生1回限りの絶対的な事故


今年に入ってから、身近で親しい人の死に 4 回直面した。

最も新しい事故は、6月16日(土)に訃報が入った。高校生の時から親しくしていた名古屋市天白区に住む同級生の女性である。賢くて、運動神経も抜群で、体の不調も聞いていなかったので、名前を聞いた時には、余りの意外性にびっくりした。クラス会では、最後の二人になるのではないかと、私は勝手に想像していたのだ。

第1報では交通事故と聞いたので、左ハンドルの大きなベンツに乗っていたので、ダイアナ妃ではないが、車対車等の大きな事故を想像したのだが、意外にも、自宅近くで横断歩道を渡っていた時に、トラックに跳ねられたとのことである。歳とはいうものの、それくらいは、避け得る能力を持っていたはずと残念でならない。色々な役を引き受けていたので、多忙を極めていたから、何か考え事の最中であったかもしれない。

私は、予定が重なり、通夜にしか参列できなかったが、その時のご主人のお話では、6月4日(月)に事故に遭い、意識が回復することなく、2週間弱で亡くなったとの報告であった。

私は、ゴルフも何度も一緒にプレーしており、過日は、私が名古屋に行った帰りに喫茶店で会い、私は緑内障の手術をしたので、私の術後の回復の状況を見て、ツーサムでプレーしようと約束をしたところであった。

彼女は、ゴルフの会員権も3つ以上持っており、私が、未だ未達成のホールインワンの経験もある。

6月18日(月)の日経新聞の私の履歴書では、阿刀田高氏が、男が女に関心を抱くのは、“顔、心、床”という言葉がある旨述べてみえる。そして、男の条件としては、“お金”が加わるのではないかとも言われている。

しかし、この歳になると、そのうちの何一つも関係なく、多感な頃の思い出が一番であるのではないかと、今は、事故や死が信じられないし、非常に寂しさを感じている。

目前の大事な約束も果たさず、突然先に逝ってしまった。何か、因縁を感じてしまうのだが、妻が意識不明で、意識を回復することもなく入院していた期間も丁度2週間、よりによって、葬儀の6月18日(月)は、私の誕生日である。

高層マンションを数棟持ち、何不自由なく人生を謳歌していたのに、突然ゼロになってしまうのである。

ご冥福を祈る。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:10| Comment(0) | 11 所感