2019年12月28日

孫のおもちゃになったダイソンの掃除機


どういう経緯かは分からないが、同居の次女が、通常7万円ほどするダイソンの掃除機の新品をいただいてきた。

娘と孫で、取説を読みながら、色々使い方を試していたようで、小3の仁哉が私に使い方を、実演を交えて説明する。

5h充電して約40分使えるようで、パワーも、ターボ切り替えがあり十分の感じである。仁哉は、色々なヘッドの取り替え、壁掛け式の充電器の設置方法、溜まったゴミのワンタッチでの捨て方等を全部覚え、実際に使ってみたい一心である。

私の寝室(金、土は仁哉も良く一緒に寝に来る)で、早速使い始め、床は勿論、ベッドの上のふとん、毛布まで仁哉が一人で掃除を終わらせ、ママからご褒美にお小使いをせしめたようだ.

丁度、数日前から、エアコンの暖房の効きが悪くなっていたので、仁哉にヘッドを取り替えてもらい掃除を始めたところ、ヘッドの形状は勿論のこと、掃除機の大きさ、重さ(軽さ)等が適当で、非常に使い易い。何よりも、コードのないのが非常に便利である。

私もこの機器を気に入って、娘に頼まれるまま、階段下の押入れに壁掛け式の充電器を設置した。

ところが、2日間試してみても、充電し始めのランプを確認したのにもかかわらず、2回とも全く充電されていない。

娘に、手元で直接充電してみるので、一旦充電器を外してくれと頼まれ、現場に行って初めて失敗の原因に気付いたのである。

この押入れには、以前から照明用にスイッチ付きのテーブルタップが設置してあり、今回の充電器もそこを電源としていたので、押入れを閉める時にスイッチを切ってしまうと、照明だけでなく、全部の送電が止まる仕組みになっていたのである。

これでは、充電できるわけがない。照明用の大きな電球は、ランプを緩め消してしまい、押入れの扉を開けているときの照明は、ケーブルタップのパイロットランプと充電器自体のパイロットランプで十分であるので、問題は難なく解決した。

私が、横着をして現場に出向かなかったら、この簡単な原因に気付かず、メーカー等に電話してしまうところであったが、偶然、仁哉がこの機器に興味を示してくれたので、間抜けなポカミスも外部には出なかった。



早いもので、今年もあと3日を残すのみである。私のライフワークについては、今年も朗報をお届けすることができなかったが、来年の夏頃には、大きな案件で一つの区切りを付けることができるものと思っている。来年も宜しくお願い申し上げます。

よいお年をお迎えください。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 15:21| Comment(0) | 11 所感

2019年09月07日

晩節の研究


今週は、久しぶりに読書の時間を持った。河合敦著「晩節の研究」偉人・賢人・の「その後」である。今年の4月25日第1刷発行であるので、まだ、比較的新しい書籍である。

色々な時代の色々な立場の方30名が選ばれている。時代別では、古代の偉人たちが3名、中世が6名、近世が14名、近代が7名である。日本人が対象であるようだが、渡海してきて日本人になった鑑真も選ばれている。女性は3人しかいない。北条政子、日野富子、及び千姫である。

色々特徴的な活動等が書かれているが、歴史に名を残す偉業を成し遂げた人物も、ほとんどの場合、本当に活躍したのは、ある一定の期間に限られる。人間、良い時ばかりではないから、用心して悔いのない人生を送りましょう、と言いたかったのかもしれない。

その人物の意外な面、偉業、金銭感覚、親子関係、政敵、友人異性との関係などが述べられているが、著者は歴史研究家であるようだがそれにしてもよく調べたものだ。現地を訪れたり大変であったと思うが楽しみながらの著作活動であったと思われる。好きでなければできないことである。

タイトルがタイトルだけに死について多く書かれていることは当然で、それと近い関係にある病気との関係が多く書かれていたように感じた。現代の医学では死と直結しない病でも、当時は、容易に死に結び付いてしまう環境であったのだから当然である。

晩節ともなれば、現代とは異なるので、何らかの病を得て人生を狂わされるのである。そのことは、医学の進歩した現代でも共通することであるので、心せねばならない。人は、油断していると簡単に死んでしまう。

意外だったのは、30人の中に入ってはいるのだが、足利義昭である。義昭についてこれほど詳しく書かれている書物を読んだのは初めてである。今まで持っていたイメージが一転した。

晩節に昔を振り返って、良い人生だったと思えることも大事なことであるが、人はいつ死を迎えるか大病にでもならなければ分からない。人間何といっても健康第一である。今を、健康で日々悔いを残さないように楽しく暮らすことこそが晩節において一番に大事なことである。


今週は、ごく短いですが、これで筆を置き、3県合同の特定社労士能力担保研修3回中2回目研修に行ってまいります。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:21| Comment(0) | 11 所感

2019年01月19日

恒例行事となった確定申告 全く進歩なし


電子申告を初めて既に多くの歳月が流れているが、毎年1回だけしかこのソフトに触らないので、思い出しながらの作業となりストレスを感じる。少なくとも、毎年欠かさずやっているのに快適に済ませた記憶がない。

大小様々なレシート等を日付け順に区分して、貯めておいた物に一連番号を付けるだけでも数時間を要する。

これをパソコンで投入し、決算書や申告書類にするまでは、途中で不具合等があってもソフト会社に電話をすれば、時間はかかっても解決は保障されている。家計費分計などは、ソフトのお陰であっという間に済んでしまう。

いつも上手くいかないのが、このデータをe-Taxで税務署に送る作業である。単純なはずのこれが上手くいかないのであるから不思議である。時々パソコンを変えることもあったり、認証の方法が変わっていたり、読み取り端末が変わっていたりするのであるから、この時しか縁のない者にとっては厄介である。

そして、上手くいかなかった場合の問い合わせ先も1カ所では済まなくて、次の問い合わせ先を案内されるのだから、毎年、これで期限までに完了するのかと不安になる。

こんなことなら、税務署まで作った書類を持参した方が便利かとも考えるが、分厚くなった領収証等を提出するのも嫌な面がある。中には、しばらく、保管しておきたい領収証等もあるが、これをコピーするのも無駄な作業で気が進まない。

今年は、昨年と同じパソコンで作業を始めたので、送信面の余分なトラブルは発生しないはずであるが、切羽詰まってイライラするのが嫌だから、今年は早めに準備を始めた。

残念ながら、この道のスキルのない私は、トラブルのないのを神に祈る道しか残されていない。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 14:54| Comment(0) | 11 所感