2021年08月28日

沈黙は金なり


防水工事の施工に伴い、室内の天井クロスの一部張り替えと、一部床板の積み増しを実施した。

この施工業者を決めるのに、見積書を3者から徴したのだが、結果、3度目になるいつもの業者に発注した。

床材の面積の数字を見ると、私の概算とは違っており、少し多い目の数字となっていた。

過去2回の施工実績から、信頼のおける業者であったので、その件は質問もせず、そのまま黙っていたところ、本日、床板が4畳半ぐらい余るから、追加して施工したいところがあれば、サービスで実施してくれるといわれる。

ほぼ必要な所は、積み重ねで施工済みであるが、ピアノの下については、ピアノが余りにも重いので、未実施であった。

その場所について、ピアノをずらして施工できますか、と質問したところ、大きく動かさなくても、必要最小限の移動をしながら施工が可能だとの回答である。

施工するのは、今すぐではないが、これは有り難いことであるので、追加施工をお願いした。

私が見積書を見たときに考えたことは、2階は単純で2間×2間半で計算を間違えようがないのだが、1階のフロアについては、複雑に入り組んでおり、床材の必要面積を計算するのを間違えたのか、それとも、ロス分を見込むとこれだけの数になるのかは、その時点では定かではなかった。

ところが、私は、この業者を信用していたので、その件については質問をせず、黙っていたので幸運が舞い込んだ。

築後40年になる古い建物であるが、これで床がふかふかして気になる所はなくなって、毎日を心配なく気持ち良く過ごすことができる。

私が床材の面積について質問していたら、このような幸運はなかったことになる。正に沈黙は金である。

裁判では、黙っていたら負けが決まるが、実社会では、黙っていた方が良いことが結構ある。

タグ:沈黙は金
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:44| Comment(0) | 11 所感

2021年08月21日

再度の断捨離決断


大正9年生まれの私の母は、捨てることを知らず、何でも溜め込むタイプであった。

亡くなった時に母と同居の弟の片付けに妹夫婦と手伝いに行ったのだが、部屋中に膨大な物が溢れており、片付けるのに3日間を要したことを思い出す。

こうなると、価値のある物とない物を区別している時間もなく、中型のトラックに積み込んで多くをゴミとして捨てた。

母が、趣味として溜め込んだ物がほとんどであったが、それらは、梱包されたままの物もあり、ほとんど生前の母のために活かされなかった。

平成30年2月6日(火)に亡くなった妻も、どちらかと言うと溜め込む方であった。

ところが、妻が亡くなる3週間前から同居した次女は、断捨離の名人である。

同居するにあたっても、コンテナ 2 杯、ゴミ袋 大を100コ以上捨てた。

物を取っておくために、タンスや入れ物を買って、わざわざ部屋のスペースを狭めて、かつ、大事な物とどうでもいい物をうまく整理しないので、いざ使う時にはすぐ出てこない。

これでは物を何のために保管していたのか、全く意味がない。

物は必要最小限に限定し、用途別 集中保管を徹底すべきで、今頃になって再度の断捨離を決断した。

長女等からは、早くエンディングノートを書くように言われているので、丁度良い機会である。49歳の長女でさえ、一人娘のために書き終えているというのだから、弁解の余地はない。

仕事の物から、日常生活必需品、大工道具やその材料等、片付けなければならない物は満載である。

先ずは仕事の物から片付けなければならないが、分類するだけでも大変である。極力、PDF データに変換し、検索を容易ならしめるファイル名を付け、クラウドに保管する必要がある。

実際にやってみると、大分類、中分類、小分類と整理し、書類等を区分けするだけでも大変である。次女から早く片付けるよう頼まれているのは、仕事以外の物の方であるが、開業社会保険労務士としては、優先順位は仕事が一番になってしまう。

物覚えが悪いせいで、今使っている書類でさえも、パソコンと机の周りは、山積みである。

同時に作業できるのは、一つの仕事しかできないのであるから、机の周りには、それだけを置けばすっきりとするのに、未だにそれができていない。呆れるばかりである。

断捨離を教えてもらい、毎日うまい料理を作ってくれる次女には大変感謝しているが、そうかと言ってこの片付けの優先順位について次女の希望には答えられない。

せめて、できるだけ効率的に、次女の希望分を含め、早く実現することで勘弁してもらうこととする。

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:22| Comment(0) | 11 所感

2021年07月24日

真夏の重労働


先週の土曜日、7月17日、私は、2階にある大きめの和ダンスを一棹分解して撤去した。

その部屋が明るくなり使い易くなったのだが、真夏の重労働にはいささか閉口した。

2つに分かれているものであったが、少し大きめであったので、あと一息という階段の曲がり角まで下ろしてみたが、曲がり切れない。

一旦引き返し、2回のテラスに置いて、1.5kgのハンマーと大きめのバールで、階段を通れるまでの大きさに分解した。

そこからが中々の重労働であった。分解してしまった以上粗大ごみとして市の清掃局に引き取ってもらう訳にも行かないので、地下1階の車庫に運び、丸鋸で、燃やすごみのビニール袋に入るまでの大きさに切断である。

これが暑いので大変な作業で、埃をかぶりながら作業していると、それを見た次女は、「300円のチケット2枚で市が持って行ってくれるのに」という。

階段を下せない事情を話すのも面倒で、黙々と作業を続けていたが、分解した木屑は、大きい袋に13杯あった。

これで終わりではない。妻の着物や反物をどう処分したらよいかと思案していたところ、まるで女神様が私の目の前に置かれたかのように、偶然、買い取り屋さんの小さめの新聞折り込み広告があるではないか。何というタイミング!!

容積・重量は反物が一番多いのであるが、今時、反物など買ってくれない業者が多い中、電話してみると査定させていただくという。

早速来ていただいて、処分したところ、2/3程度は引き取ってくれ大助かりであった。

代金は、3000円いただいたが、出張査定でこれだけいただければ大満足で、部屋が使い易くなったので心身ともに軽やかとなり真夏の重労働の疲れも忘れた。

妻がなくなり3年4カ月経過後の行動であったが、もっと早く実行に移すべきであった。

タグ:粗大ごみ
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:59| Comment(0) | 11 所感