2017年07月29日

偶然気付いた2年間の二重払い


本日はブログのアップが遅れてしまい、定期訪問の数十人のお客様にはご迷惑をお掛けしてしまった。中には、私が高齢ゆえ、体調でも崩したと思われた方もおみえかもしれない。遅れたのは、外出の出発前に仕上げようとの目論見が、他の事案もあり思うように進まなかっただけである。

本日は、特定社労士の能力担保研修があり、3回予定の初日であった。これは休めないので、帰宅後即座にグログのアップに取り掛かっている。お許しいただきたい。


先月の6月21日(水)、スマホの機種変をした。私は、タブレットも持っているので、約2年前から、M.S社の開発したOffice 365 Solo (ワード、エクセル、パワーポイント、及びポラリスの最新版ソフトが使えて、クラウドで1Tまでのデータ保管ができるOne Drive包含契約)の契約をしていた。

最初は、月額契約をして、1,274円/月を2ヵ月続け、K社のケイタイキャリヤーから支払っていた。暫くして、同じ内容で、割安な年間契約があることを知ったので、長期間利用の予定される契約でもあり、年間契約に切り替えた。

ところが、先月スマホでワードが使えなかったので、色々な操作をしているときに、月額契約がストップされておらず、約2年間月々引落しされ続けていたことに気付いたのである。

本日、なぜこのようなテーマを選んだかというと、この返還金をめぐる対応に3社が絡み、最初は、どこもが積極的な対応をしなかったからである。私は、消費生活アドバイザーであり、ITに関するWeb上の契約には、色々問題意識を持っていたので、ほかにも皆さんに知ってほしいことがあり選定した。本日は、各社には、実名で登場していただく。

M.S社によると、一昨年の6月から年間契約にきれいに切り替わっているとのこと。私が、真っ先に電話したのは、ケイタイキャリアーであるK社である。K社からは、紙ベースの請求明細書をもらっており、約2年間1,274円/月が引き落とされ続けていたことが確認できたからである。

私が、2年間もの長い間、二重払いに気付かなかったのは、この明細書の表記が、商品名ではなく、「auかんたん決済/情報料/税込」となっていたからである。

ところがau は、代金の請求回収を依頼されているだけで、この商品にも契約にも何の関係も持たないから、月額契約分の返還はできないという。そして、どこから代金の請求を依頼されているのかも分からない(勿論、その部署では)という。えっ!? 「そんなことがあっていいの」といった感じだ。

色々調べてみると、この月額契約は、私が、グーグルプレーからネットで契約したようである。するとau に対して請求等を依頼したのもグーグルジャパンであるので、M.S社からこの窓口の電話番号を教えていただき、二重払いの代金の返還を求めた。

グーグルでは、料金返還基準であるポリシーが決まっており、公表もしているようであるが、一定期間(48時間!?)以内のキャンセル(そもそも本件はキャンセルではない:担当者が理解しているのかも会話内容からは分からない)等返金ポリシーに規定がないと返還できないという。

これはおかしなことで、M.S社では、きれいに切り替わっているというのであるから、毎月auに対して誤って代金請求を続けていた(au によると、月々依頼がないと請求にかからないといわれるが、これも疑問:自動継続契約条項等の存在!?)のは、グーグルであるから、グーグルで速やかに返還すべきではないかというと、返金ポリシーに規定のないことは、開発会社での対応となるとの回答である。

私に言わせると、この会社は、このことだけで、CS上は×評価である。自ら誤った行為を起し、後は知らんというのだから道理が通らない。たまたまダメな担当者であったのかもしれない。

これをキャンセルと考えれば、この回答も尤もな点がある。これはどう考えてもキャンセルではない。それが分からない担当者に当たり、返還ポリシーには、該当する規定があったかもしれない。しかし、思い込みの激しい人にはそれは見えない。

M.S社は、中国人のAさんが電話でもメールでも親切に対応して下さり、途中、2回も中間報告があった。返すべき、月払いの受領データはグーグルにしかないので少々の時間を要する旨の回答である。そして、お客様の気持ちはよく分かる旨の共感の言葉と、再演防止のための社内周知をする旨のお言葉もあった。

この件については、流石M.S社 !!  というところか。

ところが、ITに関しては、何が起こるか分からない。

私は、昨年5月の始め頃、ランサムウエアーに感染した。うっかりメールの添付物を、自ら転送した分と混同して開いてしまったのだ。結果、PDFファイル以外のワード等のファイルは、全てファイル名を変えられてしまい、開けなくなってしまった。暫くして、身代金要求の脅迫文が届いたが、私は、そのような圧力に屈するような性質ではない。

私は、クラウド利用については、先に述べたM.S社のOne Drive とDrop Box を利用していた。この困った状況について、地元プロバイダーやエイデン豊田本店等に相談していたのであるが、エイデンの担当者が親切で、Drop Box では、ファイル名を変えられた時の状態に近い形で、一定の手続き後バックアップデータを送ってもらえることを調べてくださった。

膨大なデータが全て修復不可能であれば、業務の継続は続けておれなかった可能性が高い。Drop Box とエイデンの担当者には、深く感謝している。

この例によると、ITに関しては、大会社にお金を払っておればその方が便利で安心、とならないことが証明された。いささか、ショックではあるが、私のDrop Box との契約は、8GBまでの無料契約であった。これに助けられて特に大きな損害もなく現在も業務を継続しているが、大会社、大容量、有料の契約であるOne Drive(M.S社提供)は、救済の手段も講じられておらず、何も助けてくれなかったのである。これを知ったエイデンの担当者、「私もDrop Box にしよっと !!」と言った。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 18:39| Comment(0) | 6 IT

2017年06月24日

スマホの機種変


一昨昨日、最新鋭の発売間もないスマホに変更してきた。まだ、2日間ほどしか使っていないのだが、機器そのものの性能等については、今のところ満足している。振り返ってみれば、初代スマホは、約4年半も利用していたのだから、ドッグイヤーと言われる業界の進歩は私のような素人には想像のつかないほどであるに違いない。

先ずは大きさである。片手で持てる範囲で、できるだけ広い画面を希望していたが、そんなには違いはない。画面のサイズ(以下いずれもo単位)は、61×106.5から69×142.5に変っている。新機種では、ホームボタン等が、画面の下方でのタッチ式になったので、その点を考えれば、有効面積が、そんなに広くなった訳ではない。

厚さは、裏蓋付きで、10から8.5に薄くなっており、技術の進歩を実感できるが、重さは、155gから198gと逆に重くなっている。これをワイシャツ等の胸のポケットに入れるには、重すぎる感じがする。持ち運びには不便になったが、使用するには、手応えがあり、自然に、今までより慎重に扱うこととなり、今までのように、何度も落としたりはしないようになるものと思われる。

一番の重大事は、無線であるので、通話とwebの感度となるが、以前の機種と比べて、アンテナがなくなったのにも拘わらず、かなり性能が向上していることが実感できる。

操作性については、表紙のアイコン表示が格段に使い易くなった。以前の物は、収容しているソフトの全てのアイコンを表示したページと、よく使うものだけを表示したページの2段階表示であったが、新機種は、表示ページは1種類しかないので、無駄がなくなり使い易くなった。そして、余り頻繁に使わないアプリは、「その他のアプリ」という多数のアイコンを収容できる特別のスペースが設けられたので、画面の使用面積を無駄に広げることなく操作性は向上したのである。

画面ロックの解除についても格段の改善があった。以前は、顔人証と暗証番号であったが、今度は、指紋認証と暗証番号を選んだ。顔人証では、時々機能せず、暗証番号の入力を余儀なくさせられていたが、指紋認証では、今まで一度も失敗がない。しかも、指を押すのは、簡単であり実にスムーズにできる。かつ、反応が速い。

私は、パソコンで受けたメールを全てタブレットとスマホに転送しており、簡単な返信は、タブレットから行っていたが、今後は、タブレットでもスマホでもそれができそうで、操作性の向上したスマホには、感謝の気持ちで一杯である。

スマホに対して私が望む本来の機能とは少し離れるが、12cmほどのTVアンテナケーブルを差し込むとTVも見られる。そして、スピーカーの性能も良くなっているが、このアンテナケーブルにイヤホーンを差し込めば、高感度のステレオ音質が楽しめる。ほとんどテレビを見ない私ではあるが、これからは、少し見たい番組時に、3階から降りていく必要もなく、この機能も、私の仕事に貢献してくれそうで嬉しい。そして、電池の消耗も少なくなったようで、連続使用時間は相当長くなったようである。

以後、何年間使えるかは分からないが、機種変には、データやアプリの引き継ぎに相当の手間暇がかかるので、できるだけ長い間使いたく思っている。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:18| Comment(0) | 6 IT

2015年07月25日

情報の洪水・暴力的一方的情報提供への対策

既に、3年半ほど前から、セールス目的の夥しい数の電話、メール、及びFAXが頻繁にくるようになった。FAXについては、以前から「みるだけ受信」にして、不要なものは タイトル等を見るだけで即削除していた。

皆さんお困りのことと思うが、特に困るのが電話とメールである。電話については出てみないことにはどんな用件か分からないし、非通知の場合もお客様からのときもある。嫌な思いをしたときは、その番号を拒否登録するのだが、スマホの拒否登録の容量にも限度があるようで、既に、一杯になってしまった。メールについても、フィルターに掛けるのだが、アドレスを変えて送付してくるのか中々対策がおぼつかない。

専門家に相談しても良いアイデアが提示されなかった。私は、多くの人が考え着かないようなことを考える癖があるようで、最近、この2つについて有効な対策を発見した。先ずは電話についてであるが、2度と受けたくない電話の場合、拒否リストには登録できなくなってしまったので、逆に電話帳に登録してしまうのである 最近のスマホは、電話帳登録の許容範囲は、ほぼ無制限となっているようである。これに分かり易い名前にして登録してしまえば、その名前が表示された時は、電話に出なければ良い。その場合の登録は、私の場合、「拒否 1」から順番に番号を付けている。そして、電話の内容によっては、受信年月日、受信時刻、用件の概要を付記している。

困りに困ったメールであるが、これも逆転の発想で、「即削除ホルダー」を作成し、受けたくない送付元のアドレスをこのフォルダーに、その都度「自動振り分け登録」してしまうのである。この受信メールが一定の物量に達したときには、一応全体を確認し、全てを削除してしまえば良いのである。しかし、この自動振り分け機能は、パソコンのメールソフトには付いていないのでスマホとタブレットで実行している。パソコンへのメールはスマホとタブレットに全転送しているので、タブレットでその管理ができれば、パソコンの余分なメールを削除するのも安心かつ効率的である。

これを実施する前は、対策に苦労していたし非常識なセールスに対し怒りさえ感じていたが、現在極めて頭がスッキリし爽快である。早くパソコンのメールソフトの方にも自動振り分け機能を付加していただきたいものである。

これにより、単なる受信拒否と違い、一応は受けた形になっているので、ある意味発信元に対してもリベンジしたことになる。

これはネガティブ面に対する対策であるが、私は、ポジティブな面でもパソコン、プリンター複合機、スマホ及びタブレットをフル活用している。

タブレットを購入した時に、ワード等がセットになった新しいソフトを購入したが、これにはクラウドに 1テラまで保存できる契約が付加されていた。この容量は、膨大なもので、私がフルに利用しても、とても満パイにはならない容量である。必要なデータはこまめにスキャンして、このクラウドに保存すれば、ほとんどどこに行ってもタブレット等で見ることができる環境になったので、非常に便利になった。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 14:32| Comment(0) | 6 IT