2022年09月03日

感謝頻りのスマホの機能


この小さなスマホが 今や 昔のパソコン以上の働きをしてくれている

私の主な使用方法は Word の音声入力 種々の書類の 一部修正 クラウドの有効活用 行事予定表 ノートを有効活用 時計のアラーム機能 電卓 LINE Facebook 写真のアルバム編集 携帯電話 である

携帯電話会社のアプリでなくても 疑問点等については 特別に スマートサポート契約を結ぶと 担当者が調べて 遠隔操作で 支援してくれる

これが便利で 暇さえあれば利用している 料金は380円/月 418円/月(税込) であるが 私は 十分過ぎるほど元を取っている

遠隔操作しながら相談できるので 私の場合は ちょっとした買い物のお手伝いもしてもらっている

どんな機能があって何を選ぶかは アドバイスがあったほうがより良いものが選べる

その時に ポイントの案内をしてくれるので 経済的でもある

今や スマホなしでは 生活が成り立たない
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:06| Comment(0) | 6 IT

2021年07月17日

大満足した安心サポート契約の応対担当者


私は、パソコンとスマホにチームビューアーをインストールして、パソコン画面をスマホから見たり、スマホからパソコン画面を操作したりして非常に便利に使っていた。

ところが数日前に、商用使用が検索されたとのことで、使えなくなってしまった。長時間継続使用していたので、そちらの規制がかかったのかもしれない。

これはアメリカのマイクロソフト社の製品のようであるが、英文で商用使用でない旨の申し出をすれば再度使えるようにしてくれるようであるが、2つの組織の専門家の助力によっても、申し込みの文章を投入できるサイト(投入できる枠)自体が出てこない。

異なったアドレスから再申し込みをしてみたが、同じパソコンからの申込みで、同一人物からの再申し込みと判断されたようで、こちらも進まない。

地元プロバイダーのかけつけサポートを受けたが、この両方が上手くいかない。

最終的にかけつけ担当者からアドバイスを受けたのは、同じような機能のあるAny Desk(ドイツ製) を、スマホ会社の安心サポートの遠隔支援を受けながらダウンロードすることであった。

このスマホ会社の窓口の担当者が良かった。従来遠隔操作の対象は、スマホだけと思い込んでいたのだが、この担当者の案内では、パソコンとも繋いで遠隔操作ができるというのである。

実際にやってみると枝分かれした細かい設定が幾つもあり、とても自分ではできない操作を、質問、説明を繰り返し、効率よく完結してくれたのである。

例えば、豊田名古屋間等スマホが遠隔地にある時にも使うことがあるのかどうか、これによって設定が変わってくるという。また、双方向から操作が必要かどうかについても、設定が変わってくるのだが、私は、パソコンからスマホの操作をすることはないので、これは不要とか、余分な機能は排除して全ての設定が理想的にできた。

スキルもあり、応対もベストな担当者T.M氏に大変感謝している。この担当者との出会は、たまたま電話に出た担当者が良かったという偶然ではない。最初の申込みでは、電話に出た方は内容が分からなかったので、調べた上で、向うから電話をくれた担当者であった。私ではない者からの電話になるかもしれないとの案内を受けていたので、偶然もあり、その道に詳しいT.M氏が担当することになったようである。

こんなに満足したことは、久々である。

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:10| Comment(0) | 6 IT

2021年05月08日

ワードの変換誤りの原因


私は、業務上ワードを使うことが多い。ところが、マイクロソフトからWebで年間契約しているoffice365に搭載されている諸ソフトのうちワードだけが誤変換が多いのである。

家電量販店で買ってきたソフトとは違いVer Upの都度、更新が可能であるので、信頼していたのであるが、どうもすっきりしない。

エクセル等の他のソフトでは、このような誤変換は起こらないし、ワードだけが、印刷時にすぐに印刷できなくて、Wordを呼び直しに行く時が時折ある。この誤変換等は、ワードソフトが原因の可能性が非常に高いと思い込んでいた。

今1つ原因があるとすれば、キーボードである。時折隣のキーに接触するのか打った時に抵抗感があるのである。そのためか、漢字の誤変換は勿論、打ってもいない、小さい「っ」が余分に入ってしまったり、打っているはずの仮名文字が入っていなかったりした。

この原因は、キーボードとマウスの電池不足も考えられたので、バッテリーチェッカーで時折調べたりもしていた。

何度打っても目的の言葉に変換できない時もあり、これ以上この状態は続けられないと決心して、先ずは、キーボードを変えてみようとパソコンショップに行ってみた。

凹凸の少ない無線のマウスとセットになったUSBタイプの発信機付きの機種を選び持ち帰ったのであるが、現物見本で試しただけあって、打鍵もスムースで、誤変換も生じない。投入が苦手な私としては、快適である。

投入の苦手な私は、普通の人の何倍もこの誤変換に悩まされたのであるが、どうやら、その原因は、ワードソフトではなくキーボードにあったようである。

マイクロソフトには謝らなければならないが、当面の悩みは、解消したようだ。

買い換えには、多少の時間は要するが、そんなに高いものではないので、キーボードにも疑いの余地ありと分かった時点で早く買い替えてしまえば良かった。

同じ過ちを2度と繰り返さないようこの経験を忘れないようにする。
タグ:office365
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:30| Comment(0) | 6 IT