2013年08月17日

更正決定申立て 無料相談の拡大!!

 消された年金奪還請求について、いよいよ佳境に入ってきた。社会保険審査会の適法性の審査だけ(とはいうものの、中味まで見ているので、通常の案件より長くかかったのかもしれない)で7カ月以上待たされたが、その挙句の果てに、門前払いである。しかも、明らかに、その判断の基礎となる言葉の定義を誤認しているのである。

 事務局に説明し、更正決定申立ての了解を得て、早速、更正決定申立書を作成して投函した。誤認部分は、決定(裁定)通知書の「時効消滅不支給通知部分」を、行政処分としているところである。国の、法廷での釈明は、この部分は、「単なる事実の通知であって、行政処分性はない」としているのです。

 従来は、門前払い(却下)されないための対策に、多大な労力やスペースを割かざるを得なかったが、偶然ではあるが、今後は本論に傾注できる環境になった。コンパクトに核心を突く表現が可能となり、幸運(巡り合せ)に感謝している。

 従って、この一方的不支給の行為が、何の法的根拠もなく、単なる事実の通知によってなされていることになります。既に、最高裁で、国民年金法第16条(厚生年金保険法第33条)の意義(支分権の行使可能時点 ≒ 裁定と支分権発生時点 ≒ 消滅時効の起算点)関する正しい解釈が出されており、同じ考え方は、社会保険審査会においても3回も裁決例があります。そして、これに反する最高裁判例はありません。

 この考え方によれば、支分権の行使可能時点( ≒ 支分権の発生時点 ≒ 消滅時効の起算点)は、決定(裁定)通知が受給権者に届いた日の翌日からとなります。従って、その日から5年以内であれば、奪還請求ができるのが当然であり、国は、既に、履行遅滞に陥っています。

 また、平成19年7月6日以降は、会計法の適用がなくなり、支分権の消滅時効に関する規定、「援用を要さず、放棄もできない」という部分が排除されたのです。これに伴い、平成20年には、衆議院においても参議院においても、公的年金の時効の規定は、基本権についても、支分権についても撤廃すべきであるとの質問主意書が提出され、これについて、時の内閣総理大臣が、「個別の事情を勘案して時効の援用を検討し、民法の規定に基づき、個別に時効の援用を行った場合に限り、当該権利が時効消滅することとされたものである」と答弁しているのです。ところが、現実の運用はそのようにはなされていないので、その面でも国の運用は不当です。また、こんな時代に、議論の入り口の段階で数カ月も使う愚は改善の余地があります。

 私が、成年後見人法定代理人として、争った事件では、名古屋高裁で完全勝訴していますが、「国は、判決理由とは異なる見解を縷々主張するが、いずれも採用することができない」とまで明言されています。しかも、国第16条等についても、民法第158条1項の準用、又は法意に照らした解釈についても、両方で同じことを言われているのです。

 それでは、この場合の請求方法として、何がベストかとなりますが、今のところ、社会保険審査会への再審査請求を目指すのが最善と考えます。3回も先例があり、しかも、3回目には、社会保険審査官等が、同じ間違いを繰り返すので、裁決としては異例の、遺憾の意の表明までされているので、請求を認めてもらえる可能性が高いと言えます。行き成り社会保険審査会へは再審査請求はできないので、前段の措置が必要ですが、これは、極端な場合、本人でも、ご家族でもできます。もし、社労士に委任する場合でも、弁護士の場合の着手金と比べたら、一般的には格段に安い筈(現在は、自由報酬制ですので、この場合は見積書をもらってください)です。また、訴訟のような、印紙代も郵券代も不要で、一番大きなメリットは、比較的短期間で結論が出ることです。そして忘れてはいけないことは、時効中断上は、訴訟と同様の効果があることです。

 先に紹介した名古屋高裁の事件の上告受理申立てが却下されない段階で、訴訟を提起し、勝訴(今後は勝訴する筈)しても控訴され、これに勝っても必ず上告受理申立てとなります。その都度高額の着手金を払っていたら大変な額になります。

 時の経過と共に、更正決定の成り行きも明らかになりますので、読者の方を含め、楽しみにしていていただきたい。ご注意いただきたいのは、消滅時効により不支給とされた公的年金のある方は、裁定から5年以内であれば、合法的に奪還請求ができますが、裁定通知を受けてから5年経過すると、支分権(支払期月ごとに受ける年金の具体的請求権)の消滅時効が完成してしまい、請求は不可能となってしまうことです。このため悔しい思いをされた相談者の方もみえましが、どうすることもできませんでした。

 本件に関する無料相談をここ1年間ほど恒常化して全国対応で実施してきましたが、従来は、正式には、事務所、又はメールに限定していました。母の初盆を期して、これにFAX、又は郵送(返信用封筒要)による相談を加えたので、IT環境にない方等も、遠慮なく相談してください。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 11:42| Comment(1) | 5 広報
この記事へのコメント
先生!共に乗り越えたい、それが私の楽しみです。私は精神二級で、先生に依頼しているMといいます。先生のみなぎるPowerとスリリングな展開に本当ワクワクしてしまう程です。先生、最後までよろしくお願いします。
Posted by メイ恵理香 at 2013年08月31日 02:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: