2013年05月04日

電話相談について

 私は、メニュー外ではあるが突然の電話相談についても広い気持ちで快くお受けしている。勿論無料相談になる。差し迫った困難があるときにかかって来るから、社会における本当の需要の実態を知るには新米社労には良い勉強になるからである。これらの相談は圧倒的に労働者側からの相談が多い。

 それでも、数日前に、F.Dからスマホに転送された電話には、少し変な気持になった。岐阜県の妊娠初期のパートさんである。私の事務所が社労士事務所であることを確認すると、ご自分が誰かも名乗らず、行き成り質問が出された。「妊娠による体調不良で、先月勤め始めた会社を即刻辞めたい」という。会社にその旨伝えると、「15日までは辞められない」と言われたという。「本当に辞められないのですか」と言うのが、彼女の聴きたいところである。労働契約書も、労働条件通知書もなく、解雇予告が要らない試用期間中の者であるのか等も分からない。自分がサインして押印したものを会社に提出しただけだと言う。戸外にいたので、事情を話し、電話番号と氏名をお聴きして、後から電話する旨伝え電話を切った。

 帰宅後電話すると本人が出た。期限の定めのある労働契約であることは察しが付くが、確認できるものはない。期限の定めのある労働契約は、やむを得ない事情がある場合を除き、原則として、どちらからも途中で解除することはできない旨一応は原則論を話す。しかし、労働者側からの申し出の場合、止むを得ない事情のある者にまで、法律により労働を強制することはできないので、事情のある者は期間の定めがあっても、何時でも解約の申し出ができることになっている。使用者側は、特別法によって、天災事変等、及び労働者側責任で監督署認定時以外は、30日以上前に解雇予告する等の義務があるが、労働者側は、その効力は民法上半分以下の期間である2週間経過後に発生する旨説明する。

 それでは、「2週間経たないと辞められないのですか」と質問が続くことになる。契約上はそれが義務だが、貴女は妊娠初期の体調不良者で、大事な時期に居るので、会社に良く事情を話して体調の悪いときは休ませていただく旨伝えるようアドバイスする。質問者は、それでも不安だから、「休むとどうなりますか」と聴いてくる。貴女の都合による契約違反(債務不履行)だから、会社が損害賠償を請求できるのが法律上の建前ですが、お聴きする限りの状況から判断すると、会社はそこまでやってこないと考えられるので、「できるだけ円満に話が付くように説明してください」と説得する形になった。

 なお、「会社が納得しなかったら私はどうしたらよいですか」と再質問してくる。ご自身や生れて来るお子さんの体が一番大事だから、私だったら、当方の事情を一方的に通告し、体調不良時に限定し、休む方を選択する旨伝える。

 それでもなぜ辞められないのかが分からないようである。逆に貴女が経営者だった場合、契約内容のことを忘れて、「はいはい、明日から辞めてください」と言えますか、と質問しても答えは返って来ない。権利と義務が同じものの裏表であることが分かっていないようだ。

 ある意味無責任な回答であったが、電話相談に対する応急措置としては、満点の応対はできない。自分がどちらかを選択しなければならない場合、「私だったら」と例え話を出すのが一番分かり易いと思ったが、どんな気持ちで受け止めてくれたかは分からない。それであるのなら、最初から冷たくお断りする方が相談者のためになるのか、迷うところである。わざわざ岐阜からF.Dに掛けてくることを考えると金銭的な余裕があるとは考えられない。

 私の事務所のF.Dは、東海四県下からに絞ってある。「転送を受けただけでも、転送を使わせてもらって申し訳ありません」と丁寧におっしゃる方もみえるので、人間と言うものは、実に千差万別である。

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 21:08| Comment(0) | 5 広報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: