2023年08月12日

自称年金娘からの応援の電話


宮崎県の 自称年金娘 メイ恵理香さんから 久方ぶりの激励の電話を受けた

私が開業した初期の頃のお客様で 宮崎から 片言 言葉で 電話をいただいた方である

オーストラリア人と結婚し 1 児の母であるが すでに 離婚し 大事な一人息子 海亜君を 育ててみえる

本グログにも 2回 投稿いただいている

読者の反応で 何を言っているかよく分からないという ご意見もあったが そこは 病人であり 障害者であるので 大目に見ていただきたかったところであった

本人の言いたいことを できるだけ 本人の言葉で 直接伝えたいと なるべく 修正を せずにアップしたのであるが そのような意見もあった

今回は 高次機能障害で 約1年間 入院していたそうである

病状が悪化し 漢字が 書けなくなっているとのことである

いろいろ 忘れたことはあるが 私のことは しっかりと覚えていて お母さんの携帯電話から電話をくれた

病状が悪化した時に お母さんや 弟が 自分を裏切ったと思い込み 私には手に負えない状態になったことがある

現在の状況を聞くと 一人息子の面倒を お母さんが見てくれているとのことで 家族との仲も 正常化したように思われる

何か お手伝いできることがあれば 言ってくれとのことであるが 彼女の場合は 時効中断から 5年以上が 過ぎているので 今行っている 遅延損害金の 請求は できない

しかし 気持ちは嬉しいので その 旨は伝えた

彼女の 今までの 諸活動が生きるのは 制度が変わり 厚生労働大臣 に対して 当時の異議申立ての却下に対して 何らかの請求ができるか 民事の 再審請求で 勝訴するかしか残されていない

これらの問題を含め 多くの問題を 抱えている 障害年金の 支分権消滅時効の問題は 何が何でも 法改正なり 運用改正に 持っていきたいと 改めて 強く思う
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:02| Comment(0) | 1 障害年金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: