2022年02月12日

待ちに待った社会保険審査会からの裁決書


昨日、2月11日(金)、厚生労働省保険局から配達証明郵便物が届いた。

通常裁決書は、月末か月初めに届くので、これを待ちに待った裁決書と期待するにはちょっと時期がずれていると感じたが、やはり、裁決書の到達ではなく、類似事件の公開審理の案内書であった。

類似事件というのは、言わずと知れた「障害年金の支分権が、裁定前に時効消滅しているか否か」を問う事件である。

今回のこの事件は、第二部会の係属で、前回は第一部会の係属であったので審査長以下の委員も異なることとなるが、今回は出席を控え、「公開審理の意見陳述に代えた文書」を提出する予定である。

既に、 前回の出席でこの事件に対する対応の概略は理解できており、主張すべきところはほとんど主張してあり、かつ、提出すべき書類もほとんど提出してあるので、文書の提出についても、強調すべき部分と代理人と同じ考え方の先例を提出(事件番号等の引用のみとするかも)のみとなる。

この文書で、何を強調するかは、別途公開するかもしれない。なぜなら、今までの社会保険審査会の判断が、余りにも国寄りで、公正公平を旨としていなかったからである。

今回、この資料を受け取って新しく分かったことが2つある。一つは、令和3年4月15日(木)の口頭意見陳述において、「回答できる立場になく差し控えたい」と2度も述べた二人の担当者が厚生労働省事業管理課 工藤年金審査専門官と同長谷川年金審査専門官であったこと と 社会保険審査会の本拠地の場所が来月3月14日(月)から、厚生労働省の庁舎から少し離れた所に変わることである。

この案内の事件では、社会保険審査官が保険者意見に従い年金法の適用時期を誤って棄却しているが、これは改正法の適用時期を「受付」時点と誤った基本的な誤りである。

口頭意見陳述において、回答する立場にない人が保険者代表として出てくる意味は全く分からず、これでは長い期間待たされただけで、何のための口頭意見陳述であるか全く理解できない。

保険者及び社会保険審査官が法の適用時期を間違えているのだから、全く無法地帯と言っていい。これらの方々が、障害者にとって最も重要な権利である障害年金について実務を携わっているのだから全く信用ならない。

社会保険審査会の本拠地が、厚生労働省本省と少しぐらい離れたところで、その独立性が強化されるとは思えないが、それでも、心機一転頑張っていただきたいものである。

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 11:54| Comment(0) | 13 社会・仕組み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: