2020年07月25日

私のライフワークに係る 裁判所説得方法の 模索


ここでいう 私のライフワークとは 障害年金の遡及請求が認められた場合の 遡及5年間支給制限という 国の不合理な違法な運用の改善のことである

改善を訴える 一つの方法として 裁判を利用しているが 色々試した 法律的な主張は 裁判所の判断に対して 必ずしも これが有効に機能していない

というよりも その 論点の根本について深く検討されず 原告の主張は 独自の主張であると 議論から 逃げられていることが多い

私には納得し難いことであるが 仮に独自の主張が正くても 裁判官は 独自の主張が 誤っていることを 証明しなくても 判決理由とできるのが 現在の 民事裁判の ルールのようである

行政事件では 被告は行政庁 (国又は地方公共機関等) であるのだが あってはならないことであるが 第一審から 相手は 実質的に 裁判官(所) であるということが 多いのが現実である

そこで かねがね考えていたことは 自然科学からの説得という 側面である

頭の中では 色々考えてきたところであるが 最近 「とてつもない数学」 永野裕之 2020年6月3日 ダイヤモンド社 刊 からのヒントの取得を試みた

これは使えると膝を叩くほどの ヒントは見付からなかったが このことは 自然科学の世界でも 法律の世界でも 共通であるといえることは 古代ギリシャのユークリッドが 著したとされる 全13巻からなる 「原論」における考え方である

原論は 紀元前3世紀頃に編纂された最古の数学テキストであると同時に少なくとも100年前までは高校の教科書として世界中でそのまま使われていた 驚異の大ベストセラーである聖書を除けば 原論ほど世界に広く流布し多く出版されたものはないだろうといわれている

なぜなら 数学だけでなく全ての分野に通じる論理的思考 (ロジカルシンキング) の 方法が書かれているからである

質においても量においても論理的思考の手本が原論ほど見事に示されている 類書は未だに類を見ないといわれている

原論に書かれている論理的思考の方法 それは定義と公理から始めて正しい命題を積み上げるという方法である

論理的に物事を考えていこうとしたらこれから何も引くことはできない また これ以上に何かを付け加える必要もない

「定義」とは言葉の意味である 議論に使う言葉の意味が曖昧だったり 誤解が あったりしたら 合理的な話し合いは期待できない

「公理」は「これだけは前提として認めることにしましょう」という約束事のことを言う

「命題」は客観的に真偽(正しいか正しくないか)が判断できる事柄のことを指す

センスやヒラメキに頼るのではなく 議論を積み上げることによって 深い洞察を得るのは論理的思考の醍醐味であるが 積み上げることができるのは正しい命題だけである

命題でないものや 誤った命題(偽りである命題)を積み上げて得られた結論は論理的に正しいとは言えないのだ

このような定義 →公理 →(正しい)命題 →結論という論理的思考の方法を最初に明言したのは 哲学者のプラトンであったといわれている ユークリッドはプラトンの教えの通りに幾何学を中心とする数学の教科書を書いた それが「原論」である

具体例を挙げないと分かりにくい所かもしれないが この方法自体 民事裁判の進め方と 全く同じなのであるが 裁判官には 判決及び判決理由を付けるにあたって 制限が少なく 色々な方法から 問題の核心ですら すり抜けられているのが 現在の 行政事件での 裁判の現実となっている場合が多い

これは 正義を守るための 最後の砦としての 裁判における やり方としては 問題であるが このこと自体を 問題として取り上げている 者は ほとんどいない
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 14:40| Comment(0) | 13 社会・仕組み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: