2019年08月17日

受理された訂正済み訴状


先週の土曜日8月10日には、石川県から自家用車で相談におみえのK.F様と豊田市山之手町のガストで3時間ほど打ち合わせをした。

疑問点、分からないところはメモをしておいてくれるよう依頼したのだが、用語からして理解できなかったとのことで、何のメモもお持ちでない。予測できたことであるので、私が用意した全ての資料について、考え方や使用する書証について、順序立てて説明をした。

訴状の全面訂正である変更の理由が、被告の答弁の変更にあるにせよ、途中で訴状を全面的に変えるなどおそらく全国的にも例がないことであると思われる。

従って、8月20日(火)の提出期限を待たず、同日付けの訂正済み訴状等を、第1準備書面、訴状訂正申立書等と一緒に、8月13日(火)に持参してもらったのである。

担当書記官は転出しており、後任は、法廷に出抜けていたとのことで、女性の書記官が、丁寧に見てくれ、受理されたそうである。

民訴法第60条の補佐人については、許可の有無を聞けなかったのだが、本人いわく、そのために指示に従い600円の収入印紙を納めたので、許可になる筈だという。

これは、許可の600円ではなく、申請のための600円ではないかといっても、これで許可が下りなければ、詐欺と一緒だと自信満々である。

来週早々電話で許可の有無を聞くそうであるが、もし、許可が下りれば、今度は私が、金沢まで自家用車で走って行かなければならない。

K.F様は、高速道路が混んでいて、途中で降りてしまい、約1時間遅刻してみえたが、私は、そんな訳にはいかない。

それは兎も角として、理論上は議論で負けないが、裁判所は執行権を持っているので、勝敗は、平成29年10月17日の最高裁判例を適用させないことができるかどうかにかかっている。

この一連の裁判では、正しい支払期月について議論されていなので、本件について、この最高裁判例を適用することはできないはずであるが、ほとんどの裁判所では、「裁定前に時効消滅することがある」という意味で、安易に適用してしまっている。

本件については、原告本人が、何度も何度も裁定請求してくれるよう、役場や年金事務所を訪問しているが、平成27年6月15日前の記録は、全くないのである。

この事実を基に、昭和42年4月5日通知の考え方等を示し争うこととなるが、このような理不尽を平気で見放す指定代理人の気持ちが理解できない。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:45| Comment(0) | 1 障害年金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: