2019年01月19日

恒例行事となった確定申告 全く進歩なし


電子申告を初めて既に多くの歳月が流れているが、毎年1回だけしかこのソフトに触らないので、思い出しながらの作業となりストレスを感じる。少なくとも、毎年欠かさずやっているのに快適に済ませた記憶がない。

大小様々なレシート等を日付け順に区分して、貯めておいた物に一連番号を付けるだけでも数時間を要する。

これをパソコンで投入し、決算書や申告書類にするまでは、途中で不具合等があってもソフト会社に電話をすれば、時間はかかっても解決は保障されている。家計費分計などは、ソフトのお陰であっという間に済んでしまう。

いつも上手くいかないのが、このデータをe-Taxで税務署に送る作業である。単純なはずのこれが上手くいかないのであるから不思議である。時々パソコンを変えることもあったり、認証の方法が変わっていたり、読み取り端末が変わっていたりするのであるから、この時しか縁のない者にとっては厄介である。

そして、上手くいかなかった場合の問い合わせ先も1カ所では済まなくて、次の問い合わせ先を案内されるのだから、毎年、これで期限までに完了するのかと不安になる。

こんなことなら、税務署まで作った書類を持参した方が便利かとも考えるが、分厚くなった領収証等を提出するのも嫌な面がある。中には、しばらく、保管しておきたい領収証等もあるが、これをコピーするのも無駄な作業で気が進まない。

今年は、昨年と同じパソコンで作業を始めたので、送信面の余分なトラブルは発生しないはずであるが、切羽詰まってイライラするのが嫌だから、今年は早めに準備を始めた。

残念ながら、この道のスキルのない私は、トラブルのないのを神に祈る道しか残されていない。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 14:54| Comment(0) | 11 所感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: