2018年01月27日

綱渡りでの名古屋高裁控訴結審


昨日 14時00分からの名古屋高裁第5回期日は、危うく不成立になるところであった。時刻になっても、控訴人本人が来ないのである。 少し前に、日時の確認と今回は印鑑を持参するよう依頼したところであったが、身近な人がお亡くなりになり気が動転して失念していたようである。

何分で来られるかを聞いたところ、30分との返事、書記官に相談したところ、ギリギリ待てる時間とのこと。結果 14時35分に本人が到着し、期日は無事終了した。

既に14時45分からの遺族年金の不支給処分取消請求控訴事件の関係者が続々と法廷に入りきれないほど入廷していたがなんとか 45分少し前には、予定の第5回期日を終わらせることができ、一挙に緊張が緩みほっとした。

これが不成立になると、折角巡り会った行政事件についても、公正な判決を下すことで有名な藤山雅行裁判長が判決文に名前が記されない可能性があったのである。

私の得ている情報では、同裁判長は来年退官と聞いていたので結果判決が4月11日14時30分と決まったので、昨日の期日が成立した今でも3月を過ぎているので、その辺は具体的にどうなるかは定かでない。

しかし私の見る限り 右陪審及び左陪審共に公正な判断をしてくれそうな方たちであるので、私はこの裁判を大事にしてきたのである。

振り返ってみれば、第3回期日においても、控訴人本人及び私がともに交通渋滞に巻き込まれ 約15分間遅刻したのである。こんな経験は初めてだったので 車の中から担当部署に電話して、現況を伝えると共に到着予定時刻をお知らせし、取るべき道をお伺いしたことがある。

こんなにヤキモキしたことはない。これ以上は懲り懲りだと思っていたところ再演である。深く反省しているが、人間、どんなに大事なことでも忘れることはあり、健常者でもそうなんだから、くどくなっても構わないから、前日に電話で確認すればよかったと反省しきりである。

裁判所には勿論のこと、国の指定代理人にも申し訳なく思ったが、準備書面では 国がこんなことを言っていいのか、というくらいのことを平気で主張する国の指定代理人にも、辛抱強く待っていただき誠にありがたく思っている。

今回主張の控訴人の準備書面の内容は、いわばタブーとされてきた「基本権の時効援用を国が放棄している面」等の究極の問題にも触れ、この問題が根の深いものであること等についても十分説明を加えた。残念ながら、肝心な部分については、被控訴人からの反論はなかったが、先ずは、この判決に一番の関心を寄せているところである。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 16:44| Comment(0) | 1 障害年金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: