2017年03月25日

瀬戸会分派


一昨日、瀬戸電報電話局電話運用係長時代の前任者T.S様から電話があった。珍しいことにゴルフの誘いである。私は5月中旬頃までは忙しいので5月下旬なら参加できる旨返事をしたところ、未だ、私が参加しても3名だとのことだが、この話を進めたいと言われる。

今一人のメンバーは2〜3年に1回程度開催している瀬戸会のメンバーで T.Kさんだと言う。前回の瀬戸会の折にゴルフの話が出たようである。できれば4名でプレーしたいとの話は即座に一致したが、先ずはゴルフ場の選定である。 近くて余り高くないところということで探すことになった。

私が一番近いゴルフ場は貞宝カントリーである。強い希望があった訳ではないがT.S様もそこで良いという。次はもう一人のメンバー探しだが、瀬戸会の常連では年齢のこともあり現役プレイヤーがほとんどいない。T.Kさんが女性であったので、瀬戸会メンバーでなくても良いのでT.Kさんに女性を連れてきてもらったらどうかとの提案をしたところ、その(案)で進めることになり、本人に打診してくれた。

しばらくして電話運用関係では参加できる人が見付からないとの連絡を受けた。誰か適当な人はいないかとの相談を受けたがやはり常連メンバーでは見当たらない。今まで瀬戸会には参加していないが、今後、誘っても良いのではないかとの候補に挙がっていた一人にY.M様がいる。この方は私の後任でありT.S様とは、業務上直接関係はなかったのだが、勿論、知らない人ではない。

その(案)で打診してみようとはなったが、話を持ち掛けるにも、電話番号も分からないという。瀬戸会の女性側の幹事役を務めてくれている地元出身のN.Mさんが知っているのではないかと話したところ、それ以後は全てT.S様が調整をしてくださり4名でプレイができることになった。

無事メンバーが決まってみると、オールNTTでも前例のないようなメンバー構成になっていた。T.S様は、私の前任者、 Y.M様は私の後任者である。同じ職位の連続三代の者が、約40年後に、同組でゴルフのプレーをすることなど一度も聞いたことがない。しかも、T.Kさんは、私が着任した時には、既に旭営業所に転出していたが、全員が電話運用課のO.B・O.Gで揃ったのである。

これも、いつもながらこまめに幹事役を務めてくださっているT.S様がいて成り立ったことで、ご足労に感謝している。この方は国家公務員でいえば上級職採用の方で御実父も、旧国鉄の幹部であったほどの、いわゆる家柄の良い方で、上級職採用でありながら極めて人柄の良い方である。何事にも、いつも労を惜しまず動いてくださる。

当時を思い起こせば、T.S様の行っていた施策で「ありがとうございます運動」というものがあった。電話運用は、少し前まではDSAと言って、市外通話の接続によって収入を得る最前線の現場であったが、電話交換の自動化が進み、電話交換業務の過渡期になっており、私が転出する頃には、これをスムーズに遂行することは、労使共通の重要課題になっていた。

こんな中、私は前任者が頑張った功績を形に残そうと、この「ありがとうございます運動」を業務研究という業界雑誌に投稿した。結果は佳作で、全文紹介はなく、テーマと投稿者の所属氏名等のみの掲載であったが、そのことはT.S様もご存知である。私がなぜこれを投稿する気になったかというと、青木雨彦というコラムニストがいて、偶然、瀬戸に立ち寄った時に104に電話をしたそうである。その時に応対した電話交換手の態度が非常に気持ち良く、しかも終わってから「ありがとうございます」と言われたと著書に書かれたのである。

青木さんに言わせると、「私は困っており、電話をかけたい方の電話番号を教えていただいただけで、これに対して何の料金を払っていない」というのである。今でこそ電話番号案内は有料で、結構高い料金設定であるが、当時は無料であった。

この運動の基本的な考え方は、無料といえども、かけたい先をお聞きになる方は、次にほとんどの方が有料である電話をされる訳で、先を見越したこれらの一連の行為及びその人に対して、「ありがとうございます」と感謝しているのである。

瀬戸の電話交換手が皆が皆このような感動を与える応対ができる訳ではない。勿論、応対者は分かっているのだが、異常に機転の利いた頭のいい 交換手であったのだ。運も良かったのだが、この一言がNTT (当時は電電公社)を代表する行為になってしまうのだから、顔の見えない電話の応対というものは怖いものである。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 15:40| Comment(0) | 12 交友
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: