2020年09月26日

年金事務所の職員も知らなかった障害年金の有利なもらい方


障害年金の取扱いには 法改正によらず 運用により 変更をしてきたことが多い という経緯があり 色々 不合理なことが多く 多くの問題を含んでいる

これとは直接関係しないが 障害年金の再裁定請求に関し 年金事務所の優秀なベテラン職員でさえ 取扱いが わからなかったことがあった

すでに 事後重症の障害基礎年金を 受領している方に対して 障害厚生年金の認定日(遡及)請求 を試みた時のことである

しばしば お世話になっている優秀な担当者であったが 障害厚生年金が 認められた時は 既に受領済みの障害基礎年金を 返してもらう必要があるというのである

これは不合理であるので 新しく受領する 障害厚生年金と すでに終了済みの障害基礎年金を 相殺(精算)していただくことは できないかと逆質問した

友人の先輩社労士が 同じようなことを名古屋市のある年金事務所から 言われていたようで これを解決するのに 相当苦労した話を 聞いていたので できること自体は 自信があり 進めたのである

私の事件を担当された職員は 素早く対応し 上部機関に相談してくれたのである

その結果 もし 今回の再裁定請求が 認められた場合は 障害基礎年金と障害厚生年金の 2つの年金受給権が存在し 併給調整されるので どちらを受給するかは 受給権者が 選択すれば 良いというのである

この回答により 念書を提出する必要もなくなったし この再裁定請求が正規の 請求方法であることも公然となり 問題は一挙に解決した

解決したとはいうものの すべてが解決したわけではない 例えば 障害厚生年金の3級の認定となった場合 今まで 受領していなかった障害厚生年金の期間だけ 障害厚生年金を期間限定的に選択できるかどうかの問題である

しかし そうなった場合 診断書の内容から 3級認定自体に不服を申立てすることとなるので 一先ず その問題は置くこととする

全く同じ内容の請求を 重ねてすることはできないが 請求内容が 異なれば 年金の裁定請求は 回数制限がないのである

このこと自体を知らない 年金事務所の担当者も おられるようで 多くの受給権者が間違った案内をされている

実際に 不利な取扱いを受けていることが あるのであるから この点については 日本年金機構に対し 職員の教育を充実し 受給権者の立場に立った サービスを 提供してくれるよう強く望む

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:08| Comment(3) | 1 障害年金