2020年08月29日

クスリ絵


クスリ絵とは 色、形、そして神聖幾何学模様などを組み合わせた文字どおりの「眺める薬」である 症状ごとに デザインされた 60種類の絵が掲載されている 90頁ほどの 書籍になっている 裏面には解説があり どのような時にどのように 使うと効果的である等の効用が書かれている

私はそのようなものが 存在すること自体 全く知らなかったのであるが 私の健康を 気遣って いてくださる お客様が 送ってくださり 昨日届いたのである

私は 現在 このお客様に お役立ちできる仕事は 何一つ 引き受けていないのであるが いつものことながら ありがたいことと 感謝している

送ってくださった直接のきっかけは 最近 私が 大騒ぎしていた 後発性白内障 の関係であるが この書籍には 実にいろいろな症状について 工夫された 不思議なデザインが 選び出されている

これは医師が考案したものであるが 人間が本来持っている 免疫力が上がり 潜在能力が 引き出されて 不調や 問題が次々と 解決していくことを目的としている

このお客様はこの本の 効用を 信じており ご自分の症状に該当する 絵を 壁に貼って 定期的に 眺めているご様子である

今回の私の症状といえば かすみ目ということになるかもしれないが 肺炎、気管支炎も 予防に関係するかもしれないし 抜け毛・薄毛、白髪 は すでに該当することが明らかである

なかなか不思議な デザインであるが 折角の機会であるので 私も これらを 切り取って 壁に貼って 定期的に 観察してみようと思っている


先週紹介した 「全盲の弁護士」 については 書籍名も 著者も誤っていたので 謹んで訂正させていただく

書籍名は 「全盲の弁護士 竹下義樹 」であり 著者は 小林照幸氏である

なお この 書籍を K. F氏に 送られた S . F弁護士について この書籍で実名により紹介がある(109頁、110頁)  私も大変お世話になっている この先生を これを機会に 実名で紹介させていただく

書籍の表現によると 藤原精吾 弁護士は 若い時から 堀木訴訟に 携わっておられ 竹下義樹弁護士が 弁護士を 目指す きっかけになった 目標とする弁護士の 先生であったことも この書籍により わかる
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:35| Comment(0) | 15 健康