2020年07月11日

賭博行為 「娯楽の延長線」


本日の日経新聞 30面 社会欄 には 黒川前検事長不起訴に 賭博行為 「娯楽延長線」という記事が 左上 片隅に 約8 cm × 17 cmくらいの 枠内で掲載された

私は 少し甘いかもしれないが この記事に対して 全くの違和感がない

検察界の ナンバー 2である 検事長が コロナ禍で 騒いでいる中 新聞記者と 麻雀をしていたということに対しては 非難されて 然るべきと思っていた

しかし これを 犯罪かどうかという視点で見ると 極めて疑わしい この検察の判断に対して 弁護士等から再審査請求等の異議が出るかもしれないが 私はその必要はないと考えている

地検は いろんな事件で 不起訴の理由を明らかにしないことが多いが この記事を読む限り その理由をある程度明らかにしている

当初 常習賭博などの疑いとされていたが 詳しくは常習賭博 賭博 贈収賄 の疑いで弁護武士や市民団体から告発されたのである

地検は 賭博容疑は起訴猶予 常習賭博容疑は犯罪が成立せず 常習賭博容疑は嫌疑なし と判断した

地検によると 黒川前 検事長ら4人は任意の事情聴取に対し いずれも 賭博行為を認めた

不起訴とした理由については 賭けられた金額は多額ではなく娯楽の延長線だった 黒川検事長は辞職し 報道機関の社員らも 社内処分を受けたと説明した

地検などによると 1000点を 100円に換算する点ピンと呼ばれるレートで賭け麻雀をしたとされている それぞれ1万円~2万円程度の現金のやり取りがあったという

賭け麻雀は 約3年前から 同様のメンバーで繰り返され 月1、2回程度の頻度だった

黒川検事長は新型コロナウイルスの緊急事態宣言期間中に賭け麻雀をしたことを報じられ法務省が5月21日内規上の訓告処分とし 翌22日に辞職した

弁護士や市民団体が東京地検に刑事告発した

朝日新聞社報道部は10日 「本社員の行いは 極めて不適切でした 皆様の信頼を損ねたことを改めてお詫びします」とコメントした 産経新聞社報道部は 「記者倫理や行動規範を徹底させ信頼回復に努める」とコメントした

世の中色々な方がおみえになり 例えば 私の若い頃の話だが 私の 母方の 在所の跡取りである 消防署に勤めながら 百姓を継いでいた長男は 同僚が 勤務中に 麻雀のメンバーを組む話をしていたと 真剣に非難していた会話を思い出すが 私に言わせれば これくらいのことはコミュニケーションの 一つだと思っている

そのせいかどうかは分からないが 私は この地検の判断については 身内を庇ったのではなく 公正な判断であったと 納得している
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:39| Comment(0) | 13 社会・仕組み