2020年06月20日

偶然と洞察力


発明発見等にいえることであるが 偶然と 努力の結果による洞察力が 結果に大きく影響するものと思われる

私が 今 問題にしている 障害年金 支分権消滅時効の問題では 私が提訴に 踏切る前に すでに 提訴をしておみえの先輩が いく人かお見えになったのであるが これは大きな発見であると思う なぜなら ほとんどの人が 違法や不合理に気付かなかったのであるからである

私が気付いたのは 民法第158条1項を請求根拠に訴訟の最中に 被告国があまりにも おかしな主張をしたことから 気付いたのであって 洞察力が あったからではなく 単なる偶然によりもたらされたものである

しかし この訴訟の類似事件の訴訟に関しては 超有名な優秀な弁護士を含め 優秀な弁護士が 数多く 関わったのであるが 民法166条1項の被告の法解釈誤りについて 気づいた弁護士が一人もいなかったというのは驚きである

被告は、民法第166条1項の「権利を行使することができる時」の意義について、「期限を行使し得る期限の未到来とか、条件の未成就のような権利行使についての法律上の障害がない状態を指すものと解される」と、昭和49年最高裁判例を引用して主張しているので、この2つを除き、「債権成立の時」があると 洞察力と応用力があれば気付く筈の内容である。

その後 私は 被告の民法第166条1項の「権利を行使することができる時」の解釈が間違っていることを発見したのだが これもまた偶然に 会計法精解と言う 書物を見付け 初めて 上記の3種類の解釈があることが分かったのである

偶然が重なることは運が良いのか それとも四六時中そのことに関して 考えているご褒美なのかは分からないが 超優秀な弁護士が 気付かなかったことを 一介の中途から始めた社労士が発見できたのだから これを結果に 結び付けない手はない

これに関係した主張については 地元有名大学及び法科大学院の非常勤講師も務められている H .M 弁護士に 事件を依頼し 私と 共同受任の形で 訴訟を追行しているが 法律的な工夫した表現については その先生に負うところが大きい

しばらく前までは ほとんどの裁判所で弁論が中止されていたが コロナ感染が治った こともあり 各地で再開されているようである

同じく中止されていた金沢の事件も 昨日が電話会議による 弁論で 次回が 7月29日(水)13:30と決まった この日に 本人尋問があり 多分そこで結審となるが 判決は 約2か月半後の10月が予想される

これは 朗報になるものと目論んでいる 次に繋がる1勝としたい
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 13:50| Comment(0) | 11 所感