2020年06月27日

ゴーンショック


私はこの手の本はあまり読まないのだが 朝日新聞取材班(経済部、社会部)による 幻冬舎(20200515)刊 ゴーンショックをごく一部読んだ

読んだ部分は 目次 真っ向対立(82頁) 異例の保釈(95頁) 日本で 死ぬか出て行くか(336頁) 公平な裁判を(372頁) 弁護団の当惑(383頁) もうひとつのストーリー(395頁) あとがき(406頁) 参考資料 である

私には400ページを 越えるこの種の本を 読んでいる時間はない

注目点は色々あるが 主な点は 朝日新聞が 組織を上げて 取材した 取材能力と 弁護士の実力により どれくらい 結果が異なってくるか 及び 裁判所が どこまで 公平な 裁判をするか であった

最初の弁護人 ヤメ検の大鶴基成は 2019年1月24日 ゴーンが ルノーの 後ろ盾を失い 事実上解任された 

次に就任する 弘中惇一郎 は無罪請負人 と呼ばれるほどの 刑事事件の 凄腕の弁護士で 趙有名な多くの事件で実績を上げている

同じく 高野隆 は 刑事弁護界の レジェンド と 言われているほどで 前者と比べると地味な事件ではあるが 40件ほどの実績を残している 英語が堪能で憲法論理から構築した理論的な主張を展開した

性格もやり方も異なるこの両者を取り持ったのが 主任弁護人の 河津博史のようである

有罪率99.4%の 我が国では このような困難な事件で 無罪を勝ち取るには 実力のある 弁護士に 依頼しないと ほとんど不可能であることは 予想される

しかも 裁判の世界でも チェリーピッキング (都合のいいシ事実だけを選んで出す) が頻繁に行われ 色々攻防が続くこととなる

逃亡を実行に移させたのが 長期間の拘留なのか 有罪率99.4%の側面であるのかは定かではないが 余生を自由に生きたかったことだけは否定の余地がないであろう

この行方は 主人公の 思わぬ逃亡劇で 幕を閉じた感じであるが マスコミ媒体を 通した舌戦は今後も続きそうである

私が関係する 行政訴訟においても 裁判の 公平性については 明らかに 保たれておらず ゴーンの この選択も 公正な裁判が期待できないことが 違法な逃亡を正当化する 一つの 口実にされてしまっている感じがする

刑事にせよ民事にせよ 絶大な権限を持つ裁判所には 国民から 信頼される 公平な判断を 切に期待する
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 15:00| Comment(0) | 13 社会・仕組み

2020年06月20日

偶然と洞察力


発明発見等にいえることであるが 偶然と 努力の結果による洞察力が 結果に大きく影響するものと思われる

私が 今 問題にしている 障害年金 支分権消滅時効の問題では 私が提訴に 踏切る前に すでに 提訴をしておみえの先輩が いく人かお見えになったのであるが これは大きな発見であると思う なぜなら ほとんどの人が 違法や不合理に気付かなかったのであるからである

私が気付いたのは 民法第158条1項を請求根拠に訴訟の最中に 被告国があまりにも おかしな主張をしたことから 気付いたのであって 洞察力が あったからではなく 単なる偶然によりもたらされたものである

しかし この訴訟の類似事件の訴訟に関しては 超有名な優秀な弁護士を含め 優秀な弁護士が 数多く 関わったのであるが 民法166条1項の被告の法解釈誤りについて 気づいた弁護士が一人もいなかったというのは驚きである

被告は、民法第166条1項の「権利を行使することができる時」の意義について、「期限を行使し得る期限の未到来とか、条件の未成就のような権利行使についての法律上の障害がない状態を指すものと解される」と、昭和49年最高裁判例を引用して主張しているので、この2つを除き、「債権成立の時」があると 洞察力と応用力があれば気付く筈の内容である。

その後 私は 被告の民法第166条1項の「権利を行使することができる時」の解釈が間違っていることを発見したのだが これもまた偶然に 会計法精解と言う 書物を見付け 初めて 上記の3種類の解釈があることが分かったのである

偶然が重なることは運が良いのか それとも四六時中そのことに関して 考えているご褒美なのかは分からないが 超優秀な弁護士が 気付かなかったことを 一介の中途から始めた社労士が発見できたのだから これを結果に 結び付けない手はない

これに関係した主張については 地元有名大学及び法科大学院の非常勤講師も務められている H .M 弁護士に 事件を依頼し 私と 共同受任の形で 訴訟を追行しているが 法律的な工夫した表現については その先生に負うところが大きい

しばらく前までは ほとんどの裁判所で弁論が中止されていたが コロナ感染が治った こともあり 各地で再開されているようである

同じく中止されていた金沢の事件も 昨日が電話会議による 弁論で 次回が 7月29日(水)13:30と決まった この日に 本人尋問があり 多分そこで結審となるが 判決は 約2か月半後の10月が予想される

これは 朗報になるものと目論んでいる 次に繋がる1勝としたい
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 13:50| Comment(0) | 11 所感

2020年06月13日

業務に必須の パソコンの利用


現在も 土日祝なしで 外出時以外は ほとんどパソコンと 対面している

NTT の現職時代 パソコンの投入作業は苦手で 部下や派遣社員にお願いすることが多かったので 開業以来 苦労している

最近 目が悪くなってきたようで パソコンの画面が眩しいのである

使い出して しばらくするが 背景 画面を 黒くして 文字の色を 白の浮き彫りにすると 鮮明に見えて 眩しくもない

原則 これにしているが ワードやエクセルは 機能するのだが PDF ファイルについてはAcrobat Reader の DC 版では 機能しない

私の業務にパソコンは必須であるので 開業して 8年半余になるが色々な思い出がある

一番の窮地に陥った時は ランサムウェアに感染し Word Excel PowerPoint の ファイル名を変えられてしまい PDF ファイル以外では ファイルを開くことができないのであるから使えなくなってしまった時である

この時も 色々な方法を試みたが 無料で試していた Dropbox が 一週間以内のバックアップ情報なら 復元してくれることが判明した

無料で 約8GBまで使っていた Dropbox の方に助けられたのである

そのお礼という意味ではないが Dropbox については 現在使えないほどの容量(テラ単位)を 有料契約している

有料契約をしていた OneDrive(ただし、 データ保管だけでなく Word Excel PowerPoint等の 利用料を含む) については復元不可能であったのだ これが 全滅していたらその時に 業務再開は 不可能となっていたはずである

次に投入の苦手な私が 助けてもらったのが 日本法令の 事務の方であるN様である 業務とは直接関係のない ことにまで いろんな要望に親切に応えてくださった

私が 日本法令企画の ホームページを利用したこと 及び たまたま 年金の特集記事に寄稿したことが縁である 本当に助かった

この点については 現在は Microsoft と Office 365ソロ の契約をしており Word Excel PowerPoint 時には社外の PDF についてまで 電話及び遠隔サポートで 親切な対応をしてくださる これには本当に 助けられ 常連客である

本日の ことだが チームビューアを利用してパソコン画面を 遠隔操作で スマホから見たり操作したり できるようになった

業務との関連ではないが これはパソコン画面よりも見易く 目の悪い 私には非常に助かっている

こうしてブログを投入しているのも 比較的誤変換の少ないスマホから 音声入力により 行なっているが これも時間の節約になり 大変助けられている

現在でも かなり 有効に利用できているので これが 5Gの世界になると 利用範囲はもっと拡大するものと期待している

その頃まで 業務を 続けられる保証はないが 健康である限り 皆さんのために頑張りたい

私にしかできない仕事があるのでその気持ちは強い

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:41| Comment(0) | 6 IT