2020年02月22日

有難い弁護士の先生からの顧客紹介


昨日15時頃、日頃から親しくさせていただいている弁護士の先生から電話があり、障害年金のことで相談に乗ってほしいお客様の紹介があった。

勿論、即答でO.Kしたのだが、しばらくして、そのご本人のお兄様から電話があり、できれば本日訪問したいとのご希望である。知多市の方であるが、幸い車で来ており、車は南区に置いてあるとのこと。中区の弁護士事務所から車を取りに行き、豊田市の私の事務所に届くのは17時頃になるが、それでも本日で良いかとの念押しである。

幸い、丁度空いた日であったのでお待ちしていると、予定どおりの時刻にチャイムが鳴った。

本人は、重度のうつ病であったが、お兄様が同伴であったので、約2時間弱で概ねの説明と質疑応答は終わり、即刻委任契約の締結も無事終了した。

未だ、初診日も曖昧で、直近の国民年金期間の保険料も滞納があるとのことであったが、詳しい話を聞けば、厚生年金加入時の初診で、遡及請求事案であるので、非常にやり甲斐のある案件であった。

この先生からは、最近だけでも2件の障害年金裁定請求代行の紹介をいただいている。私は、開業当初から弁護士の先生との縁が深く、最初にお客様を紹介してくださったのは、Webで私を知った女性の先生で、一宮の事務所から豊田まで、お客様を自家用車に載せて連れてきてくださったのである。

このお客様は、この先生が障害年金の遡及請求を裁判で勝ち取られたケースの方で、遡及5年を越える遡及分の請求を私に任されたのである。

スキル、経験、費用面等全てを考慮して、ご自分で行うよりも私に任せた方がご本人のためだと判断してくださったようである。

世間は狭く、後で分ったことだが、この先生は、愛知大学の法科大学院の第1期生で、大学という一面では、私と同窓である。そして、昨日お客様を紹介してくださった先生は、同法科大学院の第2期生、このお二人は前々から知り合いであったのだ。

私が、弁護士の先生と懇意になったのは、NTT時代に約6年間法務担当を経験したことにある。当時の東海支社は、名古屋で3つの弁護士事務所と顧問契約を結んでおり、ほかに静岡、岐阜、三重の3県でも各々1つずつ顧問先弁護士事務所を持っていたのである。

私は、名古屋の3つの事務所とは今でも深いお付き合いがあり、これらの3事務所からも顧客の紹介があるが、私が、適任の弁護士事務所として顧客を紹介させていただく方が多い。

昨日顧客を紹介してくださった先生は、上記の3つの会社の顧問先弁護士事務所には属していない。私は、退職後に障害年金支分権消滅時効の問題に係わったのであるが、その時に上記の3事務所のほかに、NTT労組が契約している弁護士事務所(全国の弁護団の内の1つ)にも相談に乗ってもらっていたのである。勿論、無料相談である。

通常、この手の相談は、30分〜1時間程度であるが、私の覚えでは、2時間半もの長時間にわたって親身になって相談に乗ってくれたのである。そして、その成果が逆転勝訴に役立ったのである。

縁は続くもので、過日は、愛知県社会保険労務士会政治連盟のある幹部が、複数でこの事務所に相談に来ているのである。この事務所は、K政党とも顧問契約を締結しており、2人の弁護士で応談したようである。

弁護士事務所のNTT労組との顧問契約の内容には、労組そのものからの相談のほかにも、私などを含めたNTT OBを含む組合員からの無料相談が入っているので、色々な相談の関連で、時折、障害年金との関連が生じるようである。

様々なご縁から、NTTとは関係しない事務所ともご縁ができてきて、今や私は、どんな事件でもその事件に合った最適な弁護士事務所を即座に照会できるほどになってしまった。これは、地元に限らない。幸いなことに良い勉強の機会を得ている。

感謝!! 感謝!! である。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 12:41| Comment(0) | 12 交友