2020年02月29日

裁判官に関する新刊本「裁判官も人である」の通読


先週、今年1月29日に発行された「裁判官も人である 良心と組織の狭間で」(岩瀬達哉:ジャーナリスト著)を読んでみた。

多くの内容が「絶望の裁判所」及び「ニッポンの裁判」(いずれも瀬木比呂志著)と重なることは分かっていたが、副題がなくても容易に想像できるテーマについてジャーナリストが考える司法の在り方等について確認したくて敢えて読んだ。

司法組織のヒエラルキー等に嫌気が指して辞めた瀬木教授とは違った見方を期待したのである。

しかし、残念ながら、司法の現状に対する見方に決定的な違いは見当たらず、良心と組織の狭間で苦しんでいる裁判官の紹介は、いわば歴史上の人物のみで、現状についての報告はなかった。副題からすると、そのような裁判官も居ることがある程度書かれていても良い書籍であるが、私の通読での印象では生々しい現状についてはゼロである。

現実には、ほとんどの裁判官がドライに割り切り、裁判官カードに記載を要することとなる、最高裁や最高裁事務総局が期待しないような判決を出さないという事実の再確認であった。

この書籍内の記事「「コピペ判決」が横行する」と、私の行っている行政訴訟の判決理由を比べると、本年1月15日(水)に私が受けた第一審判決(岡崎支部の単独裁判)は、正に、この記事が照会するコピペ判決なのである。

この判決が、なぜ「コピペ判決」なのかについては、後日に譲ることとして、ここでは、この記事が照会する2つの原因について紹介させていただく。

この記事「「コピペ判決」が横行する」の冒頭には、以下のとおり記載されている。
「もともと正解指向が強く、順調に受験競争に勝ち抜いてきた「優等生」たちは、時間とエネルギーをかけて判決を書いても、最高裁によって偏向していると受け取られると、怪我をしかねない。それより過去の判例を機械的に受け入れ、それに則って判決を起案しておけば無難なうえ、裁判所での名誉ある地位を得やすいことを知っている。」

「最高裁事務総局に勤務経験のある元裁判官は、ため息交じりにこう語った。
「若手、中堅を問わず少なからぬ裁判官は、裁判を重大と感じる度合いが薄れていて、判決の理論構成も水準が落ちている。もっと時間をかけ、深みのあるものに仕上げてもらいたいと思うこともしばしばです。」」

「本来、判決文は、裁判官が「記録をよく読み、よく考え、証拠に照らして的確な判断を下さなければ書けない」ものだ。これを「普通の事務」のように処理することを可能にしているのが判例検索ソフトである。」

本書は、「「コピペ判決」の横行する」もう1つの重要な原因を挙げる。
それが、人事であり、その重要な判断資料となる「裁判官カード」であることを指摘している。「都心から留萌に積極的に行きたい人は、まあ、いないでしょう。だからといって、裁判所を廃止もできない」と続く。最後に引用文として、このカードについて紹介するので、読者諸氏には、色々な角度から、司法の在り方について考えていただきたい。

「希望しない任地への異動を合法化する仕組みが、すべての裁判官に提出を義務付けている「裁判官カード」である。このカードは3種類から成っていて、「裁判官第一カード」は判事補に採用する際、提出させている。これは一種の身上書で生年月日、学歴、司法試験の合格日など個人情報を記載するものだ。
そして、8月1日に提出するのが、「裁判官第二カード」と「裁判官第三カード」だ。第二カードは、自身の健康状態や過去1年間の入院歴の有無。家族構成とそれぞれの健康状態、妻が働いている場合はその勤務先などの記入を義務付けている。第三カードには、自己評価や仕事への意欲などを記載するようになっている。」

前者の判例検索ソフトについて、説明を加える。

最高裁は、前記判例検索ソフト「判例秘書」及び「知財高裁用 判例秘書」など各種ソフトを年間約7500万円かけて購入(2016年度予算額)している。

見方によっては、最高裁は、「コピペ判決」を奨励しているのである。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 11:44| Comment(0) | 13 社会・仕組み

2020年02月22日

有難い弁護士の先生からの顧客紹介


昨日15時頃、日頃から親しくさせていただいている弁護士の先生から電話があり、障害年金のことで相談に乗ってほしいお客様の紹介があった。

勿論、即答でO.Kしたのだが、しばらくして、そのご本人のお兄様から電話があり、できれば本日訪問したいとのご希望である。知多市の方であるが、幸い車で来ており、車は南区に置いてあるとのこと。中区の弁護士事務所から車を取りに行き、豊田市の私の事務所に届くのは17時頃になるが、それでも本日で良いかとの念押しである。

幸い、丁度空いた日であったのでお待ちしていると、予定どおりの時刻にチャイムが鳴った。

本人は、重度のうつ病であったが、お兄様が同伴であったので、約2時間弱で概ねの説明と質疑応答は終わり、即刻委任契約の締結も無事終了した。

未だ、初診日も曖昧で、直近の国民年金期間の保険料も滞納があるとのことであったが、詳しい話を聞けば、厚生年金加入時の初診で、遡及請求事案であるので、非常にやり甲斐のある案件であった。

この先生からは、最近だけでも2件の障害年金裁定請求代行の紹介をいただいている。私は、開業当初から弁護士の先生との縁が深く、最初にお客様を紹介してくださったのは、Webで私を知った女性の先生で、一宮の事務所から豊田まで、お客様を自家用車に載せて連れてきてくださったのである。

このお客様は、この先生が障害年金の遡及請求を裁判で勝ち取られたケースの方で、遡及5年を越える遡及分の請求を私に任されたのである。

スキル、経験、費用面等全てを考慮して、ご自分で行うよりも私に任せた方がご本人のためだと判断してくださったようである。

世間は狭く、後で分ったことだが、この先生は、愛知大学の法科大学院の第1期生で、大学という一面では、私と同窓である。そして、昨日お客様を紹介してくださった先生は、同法科大学院の第2期生、このお二人は前々から知り合いであったのだ。

私が、弁護士の先生と懇意になったのは、NTT時代に約6年間法務担当を経験したことにある。当時の東海支社は、名古屋で3つの弁護士事務所と顧問契約を結んでおり、ほかに静岡、岐阜、三重の3県でも各々1つずつ顧問先弁護士事務所を持っていたのである。

私は、名古屋の3つの事務所とは今でも深いお付き合いがあり、これらの3事務所からも顧客の紹介があるが、私が、適任の弁護士事務所として顧客を紹介させていただく方が多い。

昨日顧客を紹介してくださった先生は、上記の3つの会社の顧問先弁護士事務所には属していない。私は、退職後に障害年金支分権消滅時効の問題に係わったのであるが、その時に上記の3事務所のほかに、NTT労組が契約している弁護士事務所(全国の弁護団の内の1つ)にも相談に乗ってもらっていたのである。勿論、無料相談である。

通常、この手の相談は、30分〜1時間程度であるが、私の覚えでは、2時間半もの長時間にわたって親身になって相談に乗ってくれたのである。そして、その成果が逆転勝訴に役立ったのである。

縁は続くもので、過日は、愛知県社会保険労務士会政治連盟のある幹部が、複数でこの事務所に相談に来ているのである。この事務所は、K政党とも顧問契約を締結しており、2人の弁護士で応談したようである。

弁護士事務所のNTT労組との顧問契約の内容には、労組そのものからの相談のほかにも、私などを含めたNTT OBを含む組合員からの無料相談が入っているので、色々な相談の関連で、時折、障害年金との関連が生じるようである。

様々なご縁から、NTTとは関係しない事務所ともご縁ができてきて、今や私は、どんな事件でもその事件に合った最適な弁護士事務所を即座に照会できるほどになってしまった。これは、地元に限らない。幸いなことに良い勉強の機会を得ている。

感謝!! 感謝!! である。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 12:41| Comment(0) | 12 交友

2020年02月15日

「8歳の子供に分かるように話してください」


先月、1月19日(日)だと思われるが、NHK総合23:00から放映のグッド・ファイトの一シーンで、標記のような裁判官の発言があった。

刑事事件がらみのある弁護士事務所のあれこれを題材にしたドラマであるが、私は、この裁判官のこの発言に、謙虚さと正義感をお持ちであると尊敬の念を抱いた。

勿論、私の行っている行政訴訟とは、審議の方法もシチュエーションも全然異なるが、このような裁判官がいたら、おかしな判決は出ないのではないかとさえ思った。

全く偶然ではあるが、20190105(土)の本ブログでも同様の内容をテーマとしているのである。

題名は、「あるリケジョ弁護士のことば「小学生に説明するように」」である。

話の内容は、裁判官の主張の内容の理解度に関する話であった。主張内容を普通に記述しても中々担当裁判官には通じない。小学生に説明するように丁寧に主張する必要がある。裁判官は、その程度だと思わないと後悔を残すことになるとおっしゃっていたのである。

特に、裁判官に万能や正義を期待しても、期待を裏切られるだけで、訴訟進行上害になるとのお考えであった。

「私のやっている裁判は、ほとんどが行政訴訟であるので、なお更その傾向は強く、リケジョ弁護士のお言葉に変に納得してしまった。」とも書かれている。

8歳といえば、我が国では、ほぼ小学校3年生に該当する。小学校では、低学年(3年生まで)と高学年(4年生から)では、先生からの見方は随分と変えられているが、裁判官には、正に低学年でも分かるように説明する必要があるのである。

説明の仕方の問題であれば、そんなに苦労しないが、行政訴訟においては、裁判官が国の味方をしたり、根本となる前提を誤認していたり、誤解釈していたりするのだから手に負えない。


本日は、社労士成年後見センター愛知の登録資格の更新研修があり、名古屋に出掛けるが、出かける前での投稿としたので、短い内容で終わらせていただいた。折角の研修ゆえ、何か有益な情報なりが入手できれば幸いであるが!?
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 00:17| Comment(0) | 11 所感