2019年09月28日

hi-szk様からのコメント投稿について


hi-szk様については、以前にも紹介したことがあるが、1度、本ブログへの投稿を禁止した方です。

しかし、最近の投稿内容を見る限り、私の考え方に同調している部分が多くあります。従って、投稿を許容しているわけではありませんが、誤字等はしばしば見られるものの特別に支障となるほどの長文も見られず、ご意見として拝聴しているのが現在の私の対応です。

一方、この方からは、平成30年10月5日付けの「訴追請求状」を頂戴しており、この内容が的確であるので送ってくださったことに対しては大変感謝しているのです。

hi-szk様は、このテーマに関する関心は非常に高く、熱意も感じられるので、折角の投稿が読まれないのではもったいないので、最近の投稿事例を紹介させていただきます。

一番新しいのが、先週の、「私の問題@に関する改善意見に対する」賛成表明です。今1つは、8月24日の「補佐人の主張・見解」に対するコメント(内容解説的なもの)です。

読者諸氏には、この方の立ち位置が分からないので理解し難い面はあると思いますが、障害者の支援者等この問題に関係の深い方の意見であると思考を巡らせていただければ良いのではないかと思っています。


この訴追請求状を書かれた方は、たぶん、正義感の強い弁護士か学者(兼務もあり得る)であると私は考えています(勿論、受任弁護士の可能性も高い)。

請求理由自体も当を得ていますし、この最高裁の誤った判決が、余りにも大きな悪影響を及ぼしていることも事実です。

しかし、訴追請求状に係るこの事務は、衆議院の訴追委員会が行っており、非公開ですので、国民の誰もが関係する事柄であるにも拘らず、進捗が分かりません。

訴追請求状自体は、何人も提出することができるので、この事件を受任した弁護士でなくても提出はできるのです。受任弁護士は、北海道の弁護士であると思われるので、受任弁護士でない方が、書かれるとすると東京近辺の学者の可能性が一番高いと私は考えたのです。

これを誰が書いたのかは、非常に重要なことなのでできるだけの公開を期待したい。

罷免の実績については、余程の破廉恥な行為で新聞紙上を賑わした等でないと実績がないので、裁判の判断自体の違法が罷免事由に当たるかどうかは難しいところです。

しかし、問題が問題であるだけに、公正な判断を期待したいし、私は、最高裁の重要性とこの判断の故意性を考えれば、罷免事由になるべきであると考えている。

裁判官役の議員がおかしな判断を下した場合は、選挙で対抗できるが、訴追委員会(同じメンバー!?)がおかしな判断をしたときは、我々はどうすればよいのか。制度の不透明性を改善する必要があるのかもしれない。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 13:35| Comment(1) | 日記

2019年09月21日

障害年金支分権消滅時効問題に係る私の改善意見


一昨日9月19日(木)15:30から約1時間、愛知県社労士会の法務委員会でこの問題について委員への説明を実施した。

約45分間で説明し、15分間は質疑応答の時間を設けていただいた。7種類の添付資料とレジュメ12頁を45分で分かり易く説明するのは、中々の難題であったが自己採点では75点ほどの出来栄えであった。

なぜこのような説明会を開催することとなったかであるが、社労士法には、全国社会保険労務士会連合会から厚労大臣に労働社会保険諸法令の運営の改善等について改善意見の申出をできる規定があり、私が、これを活かして2つの改善意見を提出したからである(連合会では、会員個人の意見を直接には受付けておらず、県会の意見具申を受付けの条件としている)。

1つは、障害年金支分権消滅時効の問題そのもの、今1つは、その問題に対する行服法に基づく厚生労働大臣に対する異議申立ての却下の違法である。以後、本ブログでは、前者を本題(問題@)といい、後者を入口論(問題A)という。

本題(問題@)の内容は、「障害年金の支分権消滅時効の違法な運営(遡及請求が認められた場合の遡及5年を越える遡及分の支給制限)」であり、入口論(問題A)の内容は、「上記本題に関わる厚生労働大臣への異議申立てを却下している違法な運営」である。

数は少ないが、官会法による審査請求等を受理して、審理のうえ棄却している事例もあるが、これも結論ありきの棄却であり、別の問題がある。そして、更に困ったことには、これらの経緯を経た提訴に対しても、国の答弁が、継争の途中から棄却から却下に変わってきていることである。

これでは、教示に従って、真面目に不服申立てをしてきた請求人は、途惑うし、人としての扱いを受けていないこととならないか。

これらに対する私の改善案を先に述べる。
改善案
本題

国年法第18条(厚年法第36条)1項に「ただし、年金を遡及して支給する場合は、10又は20」年間分を限度とする」を加える。
入口論
支給制限をした事案については、この問題についても教示を行い、窓口を統一して、官会法又は行服法に基づき審理を行う。

理由
本題

無制限支給の当否の問題は、消滅時効の問題ではなく、支給期間の問題であるため。(国の主張する論理は、抽象的観念操作であり、時効消滅の要件事実が存在しない)
入口論
@ 年金決定通知書への付記は、裁定と不可分一体の行為であり、これに対して不服申立て方法が一切ないという運営は法体系上あり得ないため。
A 既に国会答弁(内閣参質169第171号平成20年6月24日答弁書第171号「民法の規定に基づき、個別の事情を勘案して時効の援用を行うかどうか判断することとなる。」)において、個別具体的に判断する旨答弁されているが実体は一律に取扱われているため。

本題について、なぜこのような改正を要するか、及び改正の効果について簡記する。

国が基本権について時効の援用権を放棄している事実
本来、基本権に対する権利不行使(裁定請求遅れ)に対しては、国は時効を援用して時効消滅を主張できる立場にあった。しかし、それでは長年納付してきた保険料納付の努力に対して、余りにも酷となり、制度の趣旨にも反するので、国は、基本権については、内閣法制局参事官の意見を参考にして、昭和45年9月10日以降、裁定請求遅れに「宥恕すべき理由がある場合」には、時効の援用権を放棄する運用を始めた。

基本権に対して時効を援用されると、支分権は1カ月分も生ぜず、年金は全く受けられなくなるところ、特段の行政措置により、受給権者の救済を図った反射的効果として、支分権の無制限支給の問題が生じているので、この調整を立法の手続きを経て行うことに対しては、一定の合理性がある。

改善案について
年金法にも会計法(平成19年7月6日以前に基本権発生分に適用)にも、権利行使できないうちに、支分権を時効消滅させるなどという精神は存在しない。

年金法の準用する会計法は、「5年間これを行わないときは、時効により消滅する」と述べており、年金法は、全額支給停止されている支分権についてさえも時効進行させていない。

それを、保険者の都合により、基本権に対する権利不行使(裁定請求遅れ)を支分権に対する権利行使とみなした観念操作により支給制限している運用であり、このように国民を欺いた運用を見逃してはならない。

しかし、一方、無制限支給が適った場合、保険者の事務担当者は色々なことを考えてしまい、現在でも厳しい認定日(遡及)請求が、益々厳しくなる現実も考えられる。

従って、原則を10年又は20年遡及と定め、時効特例法に該当する場合等特段の事情のある場合等は、不服申立て又は提訴による救済の道を採れるよう改善するのがベストであると考える。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 12:29| Comment(1) | 1 障害年金

2019年09月14日

同業者を仲間にしよう


先週の土曜日は、短いブログを書き上げて、3県合同の特定社労士の能力担保研修に出掛けた。今週はその研修の第3回目である最終日であるので同じパターンである。

先週の話である。メイン会場は、いつもながら、3人掛けのテーブルが横に3つ、縦には20前後並べられている。5分ほど前に到着した私は、向かって右側の前から3つ目の席の空いていた真ん中の席に入れていただいた。

偶然だが、左側の席の若い女性から声を掛けられた。その方T.K様は、特定社労士研修の打ち上げで、私の席の近くにみえたようで、当時名刺交換をしていることが分かった。お名前を憶えていたわけではないが、お聞きして、スマホの名刺管理ソフト エイトを検索してみると、私が「20121117(土)」と加筆した画像がでてきたのである。

名古屋からは少し遠いが、豊橋のK事務所に勤めているといわれる。この事務所のボスM.K様は、同じく3県合同の研修である「法的措置能力養成講座」の受講生仲間として知り合い、考え方が似ているところもあり仲良くなった方である。

この講座は、私が社労士になる前年から始まっており、私は2年目と、最後となる3年目に参加したのである。

そんなこともあり、私は、M.K先生に消滅時効問題についてメールを送ったこともあり、お隣のT.K様は、当時からこの事務所に勤めておみえで、そのメールを読んだことがあるといわれる。それでは、私のことを忘れるわけがない。私は、名前は勿論、名刺交換したことも思えていないのである。その反省もあり、本日のテーマである。

M.K先生との名刺交換が、「2012(H24)1012(金)眺座」と追記されているので、たぶん、講師を交えての懇親会で話が弾んだものと思われる。


先週の講座終了後、2階から階段を下っているときに、S.H様といわれる私より10歳以上若いと思われる男性の先生から声をかけられた。「私も、消滅時効問題には興味がありますから、fbで友だち申請させていただいた」といわれる。

社労士の先生からの友達申請は、ほとんど承認のサインを送っているが、丁度その時ごたごたしており、一言も言葉を掛けなかったかもしれない。失礼の段お許し願いたい。

障害年金支分権消滅時効問題は、本当に大事なことで、国がいう理由では、支分権の消滅時効が完成するわけがないのである。

無制限支給には、色々な考え方があり、何がベストかについては、意見が分かれるところではあるが、無制限支給の是非の問題は、消滅時効の問題ではなく、遡及分に関する支給期間の問題なのである。

このような重大な問題について、改善の糸口を見付けられるのは、社労士しかいないのである。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:37| Comment(0) | 12 交友