2018年06月23日

人生1回限りの絶対的な事故


今年に入ってから、身近で親しい人の死に 4 回直面した。

最も新しい事故は、6月16日(土)に訃報が入った。高校生の時から親しくしていた名古屋市天白区に住む同級生の女性である。賢くて、運動神経も抜群で、体の不調も聞いていなかったので、名前を聞いた時には、余りの意外性にびっくりした。クラス会では、最後の二人になるのではないかと、私は勝手に想像していたのだ。

第1報では交通事故と聞いたので、左ハンドルの大きなベンツに乗っていたので、ダイアナ妃ではないが、車対車等の大きな事故を想像したのだが、意外にも、自宅近くで横断歩道を渡っていた時に、トラックに跳ねられたとのことである。歳とはいうものの、それくらいは、避け得る能力を持っていたはずと残念でならない。色々な役を引き受けていたので、多忙を極めていたから、何か考え事の最中であったかもしれない。

私は、予定が重なり、通夜にしか参列できなかったが、その時のご主人のお話では、6月4日(月)に事故に遭い、意識が回復することなく、2週間弱で亡くなったとの報告であった。

私は、ゴルフも何度も一緒にプレーしており、過日は、私が名古屋に行った帰りに喫茶店で会い、私は緑内障の手術をしたので、私の術後の回復の状況を見て、ツーサムでプレーしようと約束をしたところであった。

彼女は、ゴルフの会員権も3つ以上持っており、私が、未だ未達成のホールインワンの経験もある。

6月18日(月)の日経新聞の私の履歴書では、阿刀田高氏が、男が女に関心を抱くのは、“顔、心、床”という言葉がある旨述べてみえる。そして、男の条件としては、“お金”が加わるのではないかとも言われている。

しかし、この歳になると、そのうちの何一つも関係なく、多感な頃の思い出が一番であるのではないかと、今は、事故や死が信じられないし、非常に寂しさを感じている。

目前の大事な約束も果たさず、突然先に逝ってしまった。何か、因縁を感じてしまうのだが、妻が意識不明で、意識を回復することもなく入院していた期間も丁度2週間、よりによって、葬儀の6月18日(月)は、私の誕生日である。

高層マンションを数棟持ち、何不自由なく人生を謳歌していたのに、突然ゼロになってしまうのである。

ご冥福を祈る。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:10| Comment(0) | 11 所感

2018年06月16日

初めての補佐人許可申請の不許可体験


初めて民訴法第60条の補佐人候補として許可が下りず、7月13日(金)には、2回目期日を迎える名古屋地裁での事件では、私は、補佐人としての許可がないまま本人訴訟支援を行っている。

上記の補佐人の業務を有償で請けることは、社労士法にも弁護士法にも抵触する可能性があるので、この部分については、仮に許可が下りた場合についても委任契約上も無償(サービス)としている。

事件の内容は、下記に示すが、このように重大で、困難性の高い事件を無償で引き受けることは、年金受給者である私でも困難であり、有償で受任しているのである。

その根拠は、労働社会保険に係る指導・相談業務は社労士法第2条第1項第3号に定める「3号業務」として、有償で受任できるのと、報酬が自由に決められるところにある。

この事件の内容と経緯の概要は、前者については、地方公務員災害補償基金に対する福祉事業に係る障害等級認定に対する不服である。後者については、本人の行った審査請求が、法の定める不服申立期間を徒過しており却下され、続いて行った再審査請求についても棄却されたので、大手新聞の記事をみて、私に本人訴訟支援を依頼してきたのである。

この事件の困難性は、2つの面を持つのである。第1の問題が審査請求が行審法第14条第1項ただし書のいう「やむをえない理由」、及び同条第3項ただし書の「正当な理由」であるかどうかであり、第2の問題が、障害自体が「複合性局所疼痛症候群 RSD CRPS」という私にとっては馴染みのない障害であることである。

従って、権威ある文献等を手に入れて、傷病及び障害の状態の基礎知識から勉強を始め、受任の可否を判断したのであるが、私に引き受けてほしい旨の委任者の意思が余りにも強いので、前者の問題は、極めて狭き門であることを説明後、それでも委任を希望されていたのでお引き受けした稀有な事件である。

本日のテーマは、上記補佐人の裁判所の許可であるので、話を戻すが、私は、今までに社労士法第2条の2第1項に基づく補佐人は、簡易裁判所以外の裁判所では数件以上を経験しており、こちらは、裁判所の許可はいらないので今回の不許可については、「裁判所の許可」について用心が足らなかったと反省している。

これを最初に経験したのは、名古屋高裁であり、私が傍聴席から見守っている様子に鑑みて、裁判所の書記官から「許可するから申請書を出すよう」裁判官の意向を伝えてくれたのである。

次の経験は、東京高裁で、最初から原告名の「補佐人許可申請書」と「送達場所及び送達受取人届出書」を送付し、すんなりと認められ、担当書記官との初回期日の打ち合わせも、私のところに電話がかかってきたのである。

しかし、今回の名古屋地裁では、書記官がこの制度自体を知らなかったようで、依頼者原告のところには、「社会保険労務士」は「補佐人にはなれない」旨の電話回答であったとのことである。

民訴法60条の補佐人の概要を依頼者に伝えたところ、今度は、「補佐人候補はどういう人ですか」との質問があったようである。

従来は、同様の事例や成年後見人候補とする場合にも、私を必要とする事情を事前に書面で提出していたが、今回は、依頼者が精神の障害者ではなく、お若いころには、文学青年であった方で、しっかりした考え方を持った方なので、私はこれを怠った。

依頼者が、従来私が作っていたような書類を作れる訳はなく、依頼者は、電話帳の該当部分をFAXで送ったようだが、電話により、やんわりと断られたようである。

しかし、裁判所が電話のやり取りだけで不許可にするとは思っておらず、知りたいことがあれば、裁判所の方から直接私に質問があるだろうと、軽く考えていたので、私の油断は大いに反省の要がある。一方、東京高裁のときと同じように、最初から「補佐人許可申請書」と「送達場所及び送達受取人届出書」の両方を出しているので、後者は、補佐人の選任とは関係のない事柄であるので、連動させて、後者の問題を抹殺したこの書記官の対応には不具合がある。

申請の理由は、ほぼ前回、及び前々回と同じで、以下のものであるが、申請を許可した方が、当事者にも裁判所にも好都合であると思うのであるが、今回の名古屋地裁の判断には、理解できない点が2点ほどある。

(申請の理由)
 争点自体が、行政不服審査法、地方公務員災害補償法、民法及び一般的に広く知られていない病状の絡む難しい内容であり、原告一人では的確に対応することが困難であるため。

 本人は、かつて、弁護士委任していた訴訟事件につき、その弁護士が不得手な部分について、準備書面の一部を本件補佐人候補に作成を委任した実績があり、本人は補佐人を信頼しているため。

 障害年金支分権消滅時効の成否を争う事件において、全国各地で、訴訟が起こされているが、未だ、他に特段の事情のない事件においては、本件補佐人候補以外で勝訴の実績がないため、社会保険法に詳しい人物を補佐人としたいため。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 12:40| Comment(0) | 1 障害年金

2018年06月09日

セクハラ・パワハラ事件の中間報告等について


本日は、5月12日(土)にアップした「セクハラ・パワハラ事件のあっせん申請について」、の中間報告と社労士会労働紛争解決あっせんセンター愛知の宣伝をさせていただく。

私が正式にあっせん申立てをしたのが、5月15日(火)であったが、同センターは、翌日の5月16日(水)には、参加不参加の回答期限を5月30日(水)として必要書類を被申立人に送ってくださった。

結果、被申立人は、回答期限の末日ぎりぎりになって、参加する旨の回答をしてきたが、被申立人の態度からは、通常不参加が予想されるところであった。

前回報告させていただいたように、被申立人に対しては、既に5月10日(木)に和解勧告の意味を持つ労災申請をしており、被申立人の証明が必要な事項についても同日書類を送っていたのであるが、これに対しては、平均賃金の関係資料だけを返送してきたのである。

肝心の事業主の証明部分については、「業務災害と認められる事実はないと判断しておりますので、事実証明に係る部分についての書面の提出は出来かねますのでご了承ください。」として、必要書類は同封されていなかった。

これが何を意味するものであるかは明らかであるが、これに対しては、少々厳しく、「労災申請は貴職の受任案件とは別件であるから、証明できるところだけ記入後速やかに返送するよう代表者にお伝え願いたい、労災事故として取扱うか取扱わないかは、貴職や貴社が決めることではなく、所轄の労働基準監督署が決めることであること、申立人は同様の被害者が二度と発生しないよう徹底的に争う意志であること、賃金明細を見ただけでも、早出残業代以外の残業代の不払い等数件の違法が推認できること、労基署の調査資料を証拠の一つとして手元に置いておきたいこと、及びM営業部長の行為は執拗で、ストーカー容疑でも告訴の準備をしていること」等を返信したので、参加の回答に至ったものと思われる。


本件の事件番号は、第30-1号である。このことから、同センターの利用が繁盛していないことが予想されるが、どうして、利点が多く、欠点の少ない同センターの利用が少ないのか、私には分からない。

紛争調整委員会によるあっせんは、込み合っていて、被申立人に通知するだけでも1か月以上はかかるとのことであり、監督署への相談では、相談者が一番知りたい妥当な請求額については、立場上アドバイスできないとの回答であったようだ。

これに対して、同センター愛知では、規定の手数料も、年度ごとの特別措置で無料であり、上記のように事務手続きも迅速であり、事件によっては、3回までのあっせんが予定されており、あっせん人には、必要に応じて、弁護士の先生まで加わる。

そして、一番の利点は、あっせん申請前のことに関しては、サポート社労士がアドバイスをしてくれる。本件についても、労災申請が通るかどうかではなく、労基署が違法行為に関して調査はするであろうことを示唆していただいた。そして、労基署で直接お聞きしたところ、調査結果は、申立人本人にはいただける旨の情報を得たのである。加えて、刑事告訴の可否の可能性についてもアドバイスをいただいた。

この支援は、相談者が会社側でも、労働者側でも行われており、これはあっせん委員とは無関係で、相談者の味方なのである。

あっせんは、大くの窓口があり、具体的選択に当たっては、複数の制度を比較して、自己に最も合った制度を選択していただきたい。

そうすれば、自然に社労士会労働紛争あっせんセンター愛知の利用が増えること間違いなしである。


追申
私の白内障の手術に関しては、昨日、術後2回目の分院である柿本クリニックでの診察を済ませた。

眼圧 10 14 裸眼視力 1.2 1.0 と視力の回復も順調で、利き目の方がはっきりと見えるようになったので、日常生活も極めて快適で、パソコン仕事も思ったよりスムーズにできている。

次は、2週間後で、最終的には、月1にはなるが、半年間の通院を要するので、白内障手術に関する報告はこれで終わりとさせていただく。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 15:05| Comment(0) | 13 社会・仕組み