2016年10月29日

民事訴訟の証明責任の誤解!?


10月8日のブログで紹介した岐阜地裁の判決文の結論部分を引用する。「・・・、すべて当然に時効により消滅しているというべきであるから、他の争点について検討するまでもなく、原告の請求には理由がないからこれを棄却することとし、主文のとおり判決する。」というものである。

ここで少し臍を曲げて考えてみよう。裁判での証明責任は、原告及び被告の双方にあり、そのいずれもが自己の主張の正しいことを証拠に基づき証明することになる。この証明責任の問題は、双方が証明を尽くしてもなおかつ真偽を確信できない場合に、どちらに証明責任を持たせるかの問題である。

私が、この事件の遣り取りを客観的に見ると、議論の核心部分である前提事実自体を双方が間違って認識しており、この間違った前提事実を正しいこととして議論を深めているので、なんとも論評のできないところであるが、本日は、冒頭の「原告の請求には理由がない」に焦点を絞り、話を続けたい。

裁判という手段自体を考えれば、この請求が認められたときに利益を受けるのは原告であるので、真偽がどちらにあるとも確信が持てない場合には、原告に証明責任があるように感じられる。そして、そのような考えが一般的であるとも思う。

しかし、この問題は、原告が損害賠償を求めている事案ではない。損害賠償の事案であれば、問題なく上記の考え方を支持できるが、この問題は、本来、保険者が受給権者に支払わなければならない障害年金を、保険者が、法律解釈を誤って消滅時効が完成しているとして支給していないのが実体である。

そうであれば、この場合の証明責任は、保険者にあるのではないかという見方が本日のテーマである。

岐阜地裁は、原告の請求には理由がないというが、それでは、被告の主張には理由があるというのか。岐阜地裁が何を考えているのかさっぱり分からないが、私から見ると、被告の主張には理由がない。

この判決理由では、負けた原告は納得し難いだろうから、仮に同じ結論を下すにしても、原告がなるほどと納得できる判決理由を出すべきである。そのように努力すれば、真実を探究する姿勢も変わってくるので、最重要な前提事実を間違って議論を続けることもなくなるものと思われる。それは、裁判所の責任ではないが、的確に進行上の指揮権発動ができるかもしれない。土俵外の事実で事が決まってしまっては、国民は堪ったものではない。

これだけ読んでも、何が間違ったまま議論されていたのかは、相当の専門家でも分からない。少し解説すると、問題になっている重要な前提事実は、支分権(基本権に基づき発生し、月単位で支給されている具体的請求権:月単位でもらっている年金と考えてください)の納期(支払期月)である。

被告は、支分権は、基本権の発生した日の属する月の翌月から順次2ヵ月ごとに発生し、その翌月の初日から消滅時効が起算され、5年経過ごとに、会計法の規定に基づき順次自動的に時効消滅する、と主張している。

ところが、これは、抽象的観念論にすぎず、過去分の支分権の支払期月は、長年にわたり繰り返えされていたのではなく、5年間分の支払いと同様、納期(支払期月)は両者を含め1回しかないのである。

本案では、他の事柄においても、このように、前提事実が異なったまま、推論を積み重ねているので、多くの下級裁判所において、本質論とはかけ離れた理由から間違った判決が多く出されている。

私の関与する神戸の事件については、過日10月26日(水)に結審したので、来年1月17日(火)13:10に判決が下される。

私は、どちらに証明責任があるかは別にして、十分に証明責任を果しているので、理不尽な判決理由は出されないと思っているが、お客様は、他の裁判で、ほとんどが国が勝っているので、私の見通しを信じてくれず、次回の大阪高裁の交通実費を概算払いしてくれた。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 15:50| Comment(1) | 1 障害年金

2016年10月22日

ウエストポーチの置き忘れ


10月15日のfbに、社会保険労務士法人 名南経営の相談役K.K氏が書いてみえた記事にこんなものがあった。

「昨夜、帰りの新幹線中に忘れた大枚?入り + カード満載の財布。当り前のように何事もなく戻って来ました。ここは良知の国、日本。大丈夫だと信じていました。誇らしいと思います。」

昨日、私は同じようなことをしてしまい、元気が出なかったが、この記事に支えられて、希望を持ち続け、意気消沈は3時間ほどで回復した。

昨日は、地元豊田市の市民相談(年金・労働相談)の相談員の担当日で、嫌いな背広にネクタイをして訪問した。相談室に案内され、この姿にウエストポーチは似合わず、失礼があってはいけないと、バンドをはずして机の右端に置き、そのまま忘れてきてしまったのである。直後に、お客様宅で用事を済ませて帰宅したが、18:30頃、外出のため免許証を忘れてはいけないとウエストポーチを探したが見当たらない。経路を逆追いして、市役所の相談室に忘れてきたことを思い出した。

早速、電話したところ、守衛さんが調べてくれたが、見付からないと言われる。私も、K.K氏同様、出てくる(私の場合は、「いつかは」であるが)と信じてはいたが、既に、無意識で不携帯運転をしており、来週の出張では、新幹線の予約済みで、この記録を使えるEXカードもウエストポーチの中である。

内容物は多彩で、財布は勿論、社労士手帳、身分証明書、各種資格者証、プリペードカード・クレジットカード・キャッシュカード等である。よく使うカードは、全てこの中に入れていたので、返ってこなかったら大変なことで、必要な手続を考えただけでも、うんざりである。脱力感一杯で力が出なかった。

ふて腐れて、本日届いた月刊社労士10月号を仰向けになって読んでいたところ、市役所の守衛さんから電話が入って、「出てきた」との知らせである。この時の安心感は大きく、一挙に元気を取り戻した。

思い出してみれば、私は、この姿勢の時に、朗報を得ている。平成24年4月20日付の名古屋高裁の障害年金時効問題の逆転勝訴の人生最大の朗報も、この姿勢で、ふて腐れて、仰向けになり、松本克美先生の「時効と正義」を読んでいた時であった。

当初の守衛さんの話しっぷりでは、自分は持ち場を離れることはできないので、別の人に依頼して調べてもらったような口ぶりであったので、私は、依頼を受けた人が、別の場所を探しており、それで見付からなかったのだと確信していた。人の出入りする場所でもなく、邪な心を持った人が介在するチャンスすらないのだから、必ず出てくる筈で、私は、翌日立会いを求め、自ら探しに行く予定までしていたのである。

私の場合、K.K氏の場合と比べたら、格段に安全な場所での置忘れであったが、それでも、「あった」、と聞くまでは、一抹の不安があり、常に、このような大事な物を軽い気持ちで持ち歩いているのだと認識を新たにせざるを得ず、あってはならない再演の防止上は貴重な経験をしたことになる。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:27| Comment(0) | 11 所感

2016年10月15日

検診結果にショック


9月27日(火)特定健康診査を受診した。10月11日(火)数値をみてショックを受けた。自分自身、運動不足は自覚していたので、いつかは具体的な数値として宣告される日が来るものとは覚悟していたが、予想していたとはいえ、懸念事項が現実のものとなり大きなショックを受けている。

昨年までは、※の付された項目は全くなかったのだが、今年は、一挙に3つも付き、メタボリックシンドローム判定「予備群」とされてしまった。

身体計測 胸囲 基本値 cm 85.0未満 のところ、 ※ 89.0
血中脂質検査 中性脂肪 基準値 r/dl 30〜149 のところ、 ※ 171
同上   HDL-コレストロール 同上 40〜96 のところ、 ※ 34
 である。

既往症のある人や、医者から言わせると、「大したことではない」と言われるが、若い頃は、ほぼ、ミスユニバースの体形と酷似していた私としては、ウエスト70前後であったのだから、これが89では、これは「何とかしなければ」という気持ちにさせられる。

昨日の妻の受診日に、妻の主治医に少し時間をいただき、対策案を相談した。一番良いのは、散歩だと言われる。食事を減らすのは、他にも影響するので、止めた方が良いとのこと。一番大きな筋肉は、大腿部の筋肉だから、散歩が一番と言われる。

30分程度からですか? と質問したところ、時間ではなく歩数だとのこと。一挙に1万歩は無理だから、5,000歩から始めると良いとのアドバイス。私は、そこまで言われても、まだ、所要時間を気にしており、油圧ステッパーではダメですか? と問い直す。
ダメではないが、雨天くらいにしておいた方が良いとのご託宣。

後者の場合、15分で汗をかき出し、5分間汗を出して入浴するのが、効率的で、私の目標であったが、守られていなかった。自分自身でしか管理できないことを守れていなかったのだから自業自得である。ワーク・ライフ・バランスを重視し、推奨している社労士がこんなことではいけない。

先生は、散歩の場合、意欲にも繋がると、あくまで散歩を第1候補に挙げられる。折角専門家にアドバイスをいただいたのだから、時間など気にせず、これは素直に守らなければならない。

私のライフワークについては、まだ、私の意思を継いでくれる人はいないので困ったこと(有力候補はいたのだが、諸般の事情により固まらなかった)ではあるが、キーマンである保険者に決定的ダメージ(法改正又は運用改正の決断をさせること)を与え得る訴訟での完全勝訴については、提携予定先との試行訴訟の訴状(案)の完成が近づいており、事前調整を経て、11月21日(月)には、関係4者 + 提携予定先のスタッフによる面談調整・最終(案)の決定と予定されており、私だけの仕事ではなくなった。

従って、私が定期的な運動を日課にして、少し事務が遅れるとしても、主に、審査請求(旧法の異議申立て)事案となるが、そのために事務の進捗がお客様に影響が出るほどに遅れるとは思っていない。少しでも異変を感じられたら、遠慮なく忌憚のないご意見をいただきたく切望する。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:39| Comment(1) | 15 健康