2016年09月24日

私を振り回す面白いお客様 B


この話は、6月18日、及び8月13日の話の続きである。重なった部分は割愛させていただくので、少々分かりにくい表現になることをお許しいただきたい。

主人公は、私が今行っている行政訴訟とほぼ同じ内容の民事訴訟(結果、国家賠償)を提起し、既に取下げているのであるが、この取下げた事件に関して、S.H弁護士と代理委任契約(相手方に言わせると、文書作成料10万円、着手金20万円)を結び、30万円の着手金を支払ったのであるが、これを返せという訴訟を別の成年後見人を立てて東京簡裁に提訴していた。このときの成年後見人が急死してしまい、結局この処理まで私の所に回ってきた経緯である。

主人公は、前件と同じ成年後見人を立て、兵庫県弁護士会に紛議調停申立てもしており、1度は、和解(案)に対して了解の旨の返答をしているのであるが、その返事の直後、確答を保留し、結果、調停案〔20万円+17,000円(取り下げ時に戻ってこなかった収入印紙代)〕を蹴っている。

取下げに係る「大事な質問に何も答えず、何の役にも立っていない文書作成料が10万円相当では高すぎる」という私の考え方に同調したようである。

私は、調停委員には、25万円+17,000円での再調整をお願いしたのだが、弁護士会は再調整はしないという。

従って、最終判断は、主人公にしてもらったのだが、私の考え方に従うということで、調停不成立とした。

その後、私は、東京簡裁に提出済みの訴状の訂正を余儀なくされ、請求の趣旨自体を全面的に変更した。

S.H弁護士もある意味被害者(当初は受ける気もなかった等)であるので、気の毒に思い、訴状訂正申立書の最後に、早期の裁判外和解には応ずる用意のある旨を既に8月17日に書いている。

しかし、S.H弁護士からは、未だ、私に対して何の連絡もない。主人公とは、神戸地裁で、偶然会って、その時に、和解したいといったようであるが、私には何も言ってこない。私が、早期の裁判外和解なら応じる旨を述べたのは、時間の節約等の観点で東京出張を避けるためである。期日は、来週9月28日(水)である。
成年被後見人とそれを知りながら重大な契約を平気で結ぶくらいの弁護士であるので、主人公と話が付いているので、これで良いと思っているのかもしれない。それとも、裁判上の和解と勘違いをしているのか!? いくらなんでもそれはないだろう!?

私が本日伝えたいことは、そんなことではない。主人公は、一旦決断はしたものの、被告(S.H弁護士)から何の連絡もなかったので、自分から当初の和解(案)で良いから話に行くと言い出す始末である。

卑しくも、現職の弁護士が、このような詰らない事件で負けることはできない筈であるので、ギリギリまで我慢して待っておればいいことであるのだが、主人公としては、相手が弁護士であるので、色々なことを言ってきて、期日が2回、3回と要するようになることを心配しているのである。

私としては、そんな心配はないと説明しているのであるが、腹に落ちないようである。そんなことを言い出すのなら、最初から提訴などするな!! 神戸簡裁で良かった!? と言いたいところであるが、安易に考え走り出している。

実は、私は、消滅時効問題だけでなく、NTT現職時代から色々な訴訟に係ってきているし、消費生活アドバイザー関係、情報公開関係、及び不動産関係等多くの事件で弁護士及び公共機関の指定代理人と争ってきている。私が目的としていることに関しては一度も負けていない。

主人公は、私の表現には満足していても、このような私の実績を知らないので、不安になるものと思う。

しかし、本当のところは、そこが障害者の障害者たるゆえんであるといった方が適切である。この病気は、全く治らないものではない。奇跡的に直った人を私は一人だけ知っている。

消滅時効事件の国の指定代理人は、病気そのものに関する基本的な認識すらないのである。間違った勝手な言い分を平気で主張してくるのである。

私が言いたいことに誤解があってはいけないので、はっきり言わせていただく。発症初期には、病識もない者が、裁定請求が遅れるのは、当り前のことである。国のいうような時期に裁定請求できた人はたまたま運が良かっただけのことである。

そんな事案にまで、間違った法律上の障碍説を主張するのは、法治国家・福祉国家の国の行う行為ではない。無責任な官僚には腹が立つが、一人、二人、三人と正義感の強い異端児が現れることを祈念している。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:39| Comment(0) | 1 障害年金

2016年09月17日

裁判官の心証形成


私が成年後見人を務める障害年金支分権消滅時効の神戸地裁の事件では、来る10月26日(水)の7回期日で結審の予定であるが、先週のブログで紹介したように、神戸の事件より約7ヵ月も後から提訴した、私が保佐人を務め、提訴の同意を与え、本人訴訟支援をしている名古屋地裁の同類の事件では、過日9月1日(木)の第2回目期日で結審となった。

これは、別事件で共同受任しているある弁護士がおっしゃったように、裁判官の性格の違いなのだろうか。この弁護士は、判決の勝敗について話されたのだが、大胆にいってしまえば、進捗の速い遅いにも関係してくるようにも思える。

長くかかっている方の原告の置かれた状態は、私が成年後見人をしているのだから、当然民法第158条1項の類推適用等も予備的主張をしている。この要素があった方が早く結審しそうに思うのだが、結果は正反対である。

もっとも、前者は9月13日(火)の第6回期日は、原告側から当日第4準備書面を提出しており被告にその気さえあれば、当日事前に目を通せるだけの余裕時間を設けて早めに提出したのだが、被告指定代理人にはこれを読んでもらえていなかったようで、この第4準備書面の陳述さえも保留されてしまった。

名古屋の場合も、当日早めに第2準備書面を提出しているので、条件は同じだと思うのだがこんなに格差ができてしまった。あるいは、名古屋では、法務省の指定代理人は地元名古屋だが、神戸の場合、責任者となる指定代理人が大阪から来る等の少し違った事情があったのかもしれない。

しかし、7回目を除いても、実質6回ということであり、この間の4回分は、少なくとも期間に換算すると半年以上の期間となり、原告にとっては、大きな負担軽減である。

ところが、早く結審してくれても判決内容(主に理由)がしっかりしたものでないと、どちらからも控訴に進んでしまうので、ここが重要なところである。

名古屋の事件では、結審から判決までに約3ヵ月の期間を設けており、十分な準備体制に入ったように私には感じられた。

ここで明快な判決文を示していただけると、提携予定先とのお試し共同受任の4件もスムーズに進めることができ、私の提携先社労士の既存客のこの問題での掘り起こしもスムーズに進む訳で、保険者国に法改正なり運用改正の決断を迫ることができるのだが、果してどんな判決理由が示されるものか油断は禁物である。

万一、私に言わせれば万一である。原告敗訴の場合、相手方の同意を得て、飛躍上訴(民事訴訟法第281条1項ただし書)をしようと思っている。

相手方が同意をしないということは、相手方が上告審で負けると思っていることを表に出すということと同意語であるので、おそらく同意に応ずるものと思っている。いつまでも「判断しない最高裁」では、存在価値がないので、ぼちぼち最高裁の存在価値と重要性をアッピールしてもらわないといけない。

参考
名古屋地裁の事件 私が保佐人 提訴同意 本人訴訟支援
提訴    H280526(火)
@ 期日  H280706(水)
A 期日  H280901(木) 第1準備書面提出 結審
判決    H281130(水)

神戸地裁の事件 私が法定代理人成年後見人として本人訴訟
提訴    H270911(金)
@ 期日  H271208(火)
A 期日  H280209(火) 第1準備書面
B 期日  H280316(水) 第2準備書面
C 期日  H280517(火) 第3準備書面
D 期日  H280712(火)
E 期日  H280913(火) 第4準備書面  0916 第5準備書面
F 期日  H281026(水)
判決    H29 !?
タグ:飛躍上告
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:34| Comment(0) | 1 障害年金

2016年09月10日

異例の早期結審 勝訴を確信!!


先週9月1日(木)私が保佐人を務め本人訴訟支援をしている障害年金消滅時効の問題(未支給年金支給請求事件)で、2回目期日で結審となった。判決は名古屋地裁で11月30日(水)10:00である。この事件でこんなに早く結審になるのは、異例のことで初めてである。

勿論、訴えの内容がとんでもないものであれば、初回や2回目で結審になることもあるが、直接携わっていない弁護士が読んでも、おかしな主張はないといってくれている。その弁護士の見立てでは、今まで下級裁判所は、私の事件(平成24年4月20日の名古屋高裁判決)以外は、全て、国を勝たせてきているので、「勝てるかどうかは、弁護士の性格による」と言われる。

しかし、私は勝訴を確信している。主張と反論の内容は勿論、判決までに3カ月も設けていることを考え合わせると間違いないものと思われる。従来どおりの判決理由を書くのであれば、1カ月半、長くても2カ月を設ければ十分である。これは大胆な予測であったのだが、私は開業直後、どんな展開になるのか全く予測できない、このブログをアップし始めた初日(20111102)から、「ブログを始めるに当って」において「当ホームページは、これを見られた方の今後の生活が一変するような、ラッキーな情報に出会える可能性を持っています。できるだけ目を通してやってください。」と超大胆な予測を述べているのだから、それと比べれば、今度の予測の方が遥かに確からしい。

障害者の命綱ともいえる重大な権利を、最も遵法精神を発揮すべき国が、違法に制限していたのでは法治国家・福祉国家とは言えない。国の主張は、正論ではなく、曲論である。その理由は、末尾記載の遣り取りからも想像していただけるように、読者諸兄にご理解いただけるような簡記は困難であり、このブログに生データとして掲載することも今の段階では困難である。

困難な理由は、物量のほかにもある。この議論は、我が国最先端の論争であるので、私の書面も、一晩寝ると直したい部分が現れてしまう現状であり、未完成であることもある。しかし、ある程度目処が付いた段階では、膨大な量にはなるが、このブログにアップできる日も来るかもしれない。

現在私が、法定代理人成年後見人として、神戸地裁で争っている事件の遣り取りの経緯を記載するので、これと比較していただければ、今回の結審が明らかに異常値であることが分かっていただける。

国の運用に疑問を持ち、苦情を申立てたり、提訴した先輩はあるが、国の主張の虚構を解明した人物は、今のところ私以外にはいない。

従って、唯一の直球勝負での勝訴を勝ち得ているのであり、これからも勝訴や審査請求での容認裁決の実績を残していけるものと思っている。まして、強力な提携先予定の法律事務所とは、既に4件の共同受任体制での試行提訴の準備に入っており、先の2件の経過を併せ考えれば、いよいよ目に見える形での成果を報告できる日は近いものと楽しみにしている。

私の提出資料
20150911 訴状 23枚 証拠 甲第1号証〜甲第17号証
20160301 第1準備書面 61枚 甲第18号証〜甲第29号証
20160316 第2準備書面  2枚 甲第24号証の2、甲第30号証
20160427 第1準備書面訂正書 13枚 
20160517 第3準備書面 17枚 甲第31号証〜甲第39号証
20160913 第4準備書面 43枚 甲第40号証〜甲第44号証(予定)

被告の提出資料
20151208 答弁書 3枚
20160209 第1準備書面 53枚 乙第1号証〜乙第35号証
20160324 答弁書 5枚
20160517 第2準備書面 11枚
20160913 第3準備書面 22枚 乙第36号証〜乙第41号証
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 14:32| Comment(3) | 1 障害年金