2016年04月30日

一事不再理について

本日は、一事不再理に関するあれこれを実例に挙げて述べる。これにより何を言いたいかというと、何事についても疑問を持って、とことん考えることが大事だということをお伝えしたい。そもそも、私が社労士になったのも、このようなブログを250本も続けることになったのも、私にその姿勢があったから起こったことである。

人は幼少期には、何に対しても疑問を持ち、「なんでなんで」と身近な者に次から次へと質問をぶつける。一つの疑問は、更なる疑問を呼び、際限がない。そしてその頃の脳は大発展を遂げる。しかし、残念なことに、この姿勢は、ある一定年齢に達すると、脳も楽をしようとするのか、次第に衰え、この好奇心は徐々に減退してしまう。

幸い私は、少し変人であるので、未だ、何か変だということに対しては人一倍の鋭い臭覚を持っている。ところが、一事不再理ということに関しては、安易に考えており、理解不足であったことを最近知った。

元々、一事不再理については、刑事訴訟法上の考え方と民事訴訟法上の考え方とは、考え方の根本を異にするのであるが、私は後者においても原則的な考え方 に重きを置き過ぎていたようである。

S.H様の障害厚生年金事後重症裁定請求事件について、再審査請求の公開審理の当日の午前中に電話を受け、その時からこの事件を受任したことは既に紹介済みであるが、結果、続編が発生してしまった。

この方の事件については、審査会が私との約束を破って、平成26年3月31日に障害基礎年金の2級の裁定を下してしまい、これは、形式上は容認処分であるが、実質は棄却の処分であったので、申立人には勿論不服があり、私は審査会に対し、どのような対応策があるのかを尋ねた。

審査会は、これは不服申立制度の最終審であるので、これに対しては裁判しかないという。そこで形式上の容認処分に対する裁判という余り例のない裁判を私が支援して行ったのだが、三者の合意で取り寄せたカルテの情報に、原告と看護師との会話があり、その内容が、「今回の入院が糖尿病の初体験である」というような原告の発言があった。ここを被告に指摘され、裁判所もこれを認めたので、裁判は負けてしまった。原告は疲れ切ってしまい、ここで諦めてしまったので、この裁判は確定してしまった。

ここからが本日の本題であるが、行政と司法(裁判)は別物であるので、裁判で確定してしまった事件についても、行政では一事不再理にはならない。

具体的にきっかけを話すと、昨年10月からの初診日の取扱いの変更である。これは、 初診日の証明ができないがためのみで、障害年金を受給できない人たちを救済する目的で、従来20歳前障害の場合についてのみ認められていた第三者証明(原則 複数)の制度を一般の場合にも認めるというものである。

そこでS.H様と話をして、この制度を利用して再挑戦することにした。ところが当初から難関が予想された。それはこの事件が事後重症請求であったことである。当然、再挑戦も事後重症請求となるのだが、事後重症請求は65才以降にはできない制度になっているのである。

案の定、年金事務所でも2週間程度をかけて検討してくれたが、同じ答えが返ってきた。 そこで私は、普通に考えればその通りだが、審査会が約束を破り独断で処分をしてしまったという事務処理誤りをしている。この運用改正の文書には、勿論事後重症はダメだとは書かれていない。しかし、本件は本人がたまたま65歳を越えてしまった。この点を考慮していただきたいとお願いした。そこで担当者は上司と相談し次のような回答をしてきた。

前回の処分に対して審査請求がなかったというのである。つまり、前回の処分は 審査会の裁決に基づき行われたものであるが、これは審査会の裁決とは別物で、あくまで行政庁(厚労大臣)の処分であるから、それに対しては審査請求ができたというのである。考えてみればその道理はもっともである。そうすると、私は、一事不再理について早合点をしていたことになる。

ところが本件については、はいそうですか、といって引き下がることはできない。そうであるならば、審査会は2回も間違を起こしていたことになる。再度述べれば、私との約束違反で一言の断りも無く裁決をしてしまったこと、及び審査会の裁決には、裁判以外に対処策が無い旨回答したことである。従って、本件が事後重症であったがために本人に不利になっては理不尽である。

この事件については、平成10年10月9日が初診日であったのかなかったのかだけが争点に絞られてきており、今回の運用改正の目的も、初診日を確定できない者の救済であるので、上申書でもどんな形でも良いので特別の検討をお願いしたい旨再度申し入れをした。

現在、年金事務所等において検討中であるが、未だ回答はない。

世間では一事不再理を早合点して、中途半端な結論に甘んじている事件が多くあるものと推測し警告させていただいた。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:26| Comment(0) | 1 障害年金

2016年04月23日

信頼には何としてでも応えたい私

私の障害年金に対する取り組みの応援団長であるメイさんは、実は私に対しては、絶大なる信頼を寄せていてくれている。勿論、人には話せないような色々な話もしてくれるが、家の中を荒らされるとのことで、結果、私は、彼女自身の依頼により彼女の実印も預かっている。

携帯の電話機が何度もなくなったり、私のブログの記事等を入れた木戸コレクションもなくなっているという。メイさんに言わせると、これらの行為を取り締まるべき警察も持っていってしまうとのことである。法律上、場合によっては、強制入院等は考えられるが、思想犯の被疑者でもない彼女に対しては、どうしてそこまでのことをするのか。

自分の命より大事にしている一人息子と切り離されて、入院やら投獄やらの経験は一度や二度ではないようである。縦割り行政の弊害著しい行政も、こんな面では必要以上に連携を密にしているのか !?

おかしなことがあり、メイさんが警察に電話すると、名前を聴いた担当者は、メイさんの担当は、部署が違うと言って、ここではそれ以上の話を聞いてくれないという。ご本人は、「私には、専任の担当者がいる」と苦笑いしてみえる。

少し前には、強制入院に関する資料が出てきたとのことで、業務上何かの役に立ててくださいとの話で、私はメイさんから関係資料も頂戴している。ここでは、人権も何もあったものではないという。

彼女は、障害年金受給時の診断では、情緒不安定人格障害とのことであったが、少し前からは、主治医から、高次脳機能障害の疑いもあるとの話も出ているようで、病気との戦いも大変である。

こんな彼女が、障害年金の消滅時効の運用がおかしいことをどこで見付け、どのように確信を持ったのか聴いたこともないが、私を信じ、一緒に闘ってくれ、全面的に信用して実印まで送ってくるメイさんには、何が何でも本来業務でお返しをしたく思っている。

病院からは、成年後見相当か保佐相当か補助相当かは、主治医でないと言えないと言われているようであるが、既に、家庭裁判所には出向いたようで、担当者からは、内々、メイさんなら成年後見で行けそうだとの話を聞いているようである。

そうなれば、民法第158条1項の類推適用等の予備的主張が可能となり、ほぼ勝訴は確実であると思っている。長い道程であり、これからも暫くの時間はかかるが、成果が目で見える形で示せる日が近いものと確信している。長年、自分ではどうしようもない難病と戦ってきたのだから、その分も報われるべきであり、私も、ここら辺りで、祝杯をあげたく思っている。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 09:05| Comment(0) | 1 障害年金

2016年04月16日

判断をしない最高裁

4月11日(月)15:00頃、メイさんの事件の受任弁護士の先生から電話を受けた。上告も上告受理申立ても受理されなかったとのことである。民事訴訟法上、312条からいっても、318条からいっても受理されるべき内容であるのに、最高裁は明らかに判断を避けている。3%には入れず、97%の方になってしまった。しかし、最高裁には専決権があるので、文句は言えない。

色々な意味で重要な事案であるのだが、最高裁は重要過ぎて影響が大きいから判断を避けているのか、重要性が分かっていないから判断しないのかもさっぱり分からない。私が電話した時の書記官の対応は、適切なもので、いつ結論が出てもおかしくない状況であるので、「意見書を出すのであれば、一刻も早く」というものであったが、先週ブログで紹介したように、受任弁護士の先生との意見調整をしている内に、つまり、「最期の一弾」を撃つ前に最高裁には逃げられてしまった。

メイさんは、さぞ、ガッカリしているだろうと翌日になって、電話したところ、まだ何も聞いていないという。話している内に、まだこの新しい携帯番号、弁護士の先生に伝えてなかったという。FAXも置いてないし、メールも添付が上手く行かないときがあるので、それでは未だ知らないのは、当然かもしれない。

今からできることは限られてくるが、それでも、全く、手も足も出なくなった訳ではない。司法と行政は別であるので、一つには、行政不服審査法による厚労大臣への異議申立てからやり直す方法である。ここで棄却されれば、この棄却処分の取消を争える。メイさんは、この問題の初期の頃のお客様であるので、当時、行政における正規の請求方法を模索中で日本年金機構理事長や権限ありと教示された厚労大臣への請求はしていたが、現在、数多く行っている審査請求(今年3月31日までの行政不服審査法改正施行前は「異議申立て」)は、一度も行っていないので、これができる。

今一つは、私と弟さんを成年後見人に就任申請し、今度は、民法第158条1項の類推適用等を請求根拠として、本人訴訟をする方法である。弟さんも成年後見人であれば、弟さんに法廷で陳述してもらえばよいので、私が宮崎まで行かなくても、第一審で徹底的に議論ができる。

後者は、色々制約があるが、本人は可能であるという。従って、ご本人には、先ずは、宮崎市が成年後見制度利用促進事業に対して、どんな施策を打っているかを調べ、主治医には、目的を話し、自分が成年後見相当か、保佐相当か、あるいは補助相当かを尋ねるよう依頼した。

もし、保佐又は補助相当となると、この訴訟事件について、私及び弟さんに代理権付与を与えてもらうよう申請をする必要があるからである。前者であれば、民法第158条1項の類推適用という強力な武器が加わる。

後者の場合は、国の法解釈誤りという直球勝負での争いで、国の屁理屈と全面的・徹底的に争うこととなるが、私は議論で負けることは無い。

本人は、ここで諦める積りは全くなく、私は、第一審で自分が思う通りにとことん主張できるのであれば、裁判官を納得させるだけの自信は持っている。

行政によるこの暴走を裁判所や弁護士が止められなくて誰が止めるのか。年金の受給権を社労士が護れなくて誰が護るのか。名ばかり法治国家を一部の記者を除きマスコミも無関心である。

となれば、次の行動は見えてきたのと同じで、第一審で勝つことを目指すだけである。
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 08:46| Comment(0) | 1 障害年金