2016年02月27日

後継者現わる


「現わる」と書いたが、現実に、後継者が現われた訳ではない。「強力な後継者候補が現われた」、というのが正確な表現だ。先週、「積滞」について書いたばかりで、もうこの状態は、私はやはり、強運の持ち主であると思わざるを得ない。

この方は、私が特定社労士になるための必須研修受講中に、後半のグループ討議で同じグループとして一緒に活動した女性で、たぶん、私の3人の娘より若いのではないかと思っている。たまたま、 私がグループ討議のリーダーに選ばれたので、私は必然的にメンバー全員に色々な話をしなければならず、当時から私の考え方には同調していてくれた感はある。

当時、トヨタ系の会社で人事・総務系の仕事をしてみえたが、現在は名古屋市で、社会保障・福祉系の仕事をしてみえる。

その後も、年金消滅時効問題には関心を示してくれており、私が名南経営で講演した時も聴きに来てくれた。以後、私が彼女の住居近くの国際会議場に行った時などには、時々会ったり、メールやラインではちょくちょくやり取りしていた。 私も、もう歳だから、後継者について対策をしておく必要があり、彼女に、将来の開業に関する意見を聴いた。 具体的には、この内容である。「後々、開業の意向ありますか。私が、辞めた後、その活動を受け継ぐことは、どうですか。」

2月21日(日)の即日中の返信では、社労士の仕事は少し離れているので、すぐの開業予定のないこと。給与計算とか、人事制度とか、人事コンサルの仕事にもそんなに関心はないこと。しかし、「木戸さんの活動には、心から賛同しています。木戸さんの助手として活動参加させていただけるようならよろしくお願いします。」との 返信があり、早速、初仕事を依頼してしまった。

現在奮闘中の神戸の事件の第1準備書面(案)は、必要最小限言っておくべきことだけでも、57枚になってしまった。時間との戦いであるので、この(案)に対して、誤字・脱字、ダブリ、勘違い・筋違い等の指摘をしていただき、私の作成した(案)に対する意見をお願いした。

彼女の実力に関しては、安心感を抱いている。特定社労士になるための試験にも 1回で合格しており、グループ討議中の質問等からも信頼出来ると思っており、 偶然知ったのだが、通っていた高校も愛知県では一、二を競う名門校の卒業生である。

不思議なもので、私が豊田市で自由業フォーラムで知り合った行政書士H.Tさんが、その高校の合唱部で1年先輩とのことである。私は、学歴を重視している訳ではないので、その後の学歴を聴いたこともない。しかし、学歴も職歴も色々な経験も、人は経験によって成長するので、ないよりは、あるに越したことはない。

それに私は、NTTの出身であるにもかかわらず、ITに強いとはいえない。彼女はITにも強く、仕事も速いので、大きな力になってくれそうだ。是非、私のライフワークが、開業中に決着しないような場合には、跡を継いでほしいと、大いに期待している。

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:24| Comment(0) | 13 社会・仕組み

2016年02月20日

現状と回想


私が旧電電公社に入社した頃は、 今で言う、固定電話を引き込むのに何年も何ヵ月も待たされたという悠長な時代であった。

第一、 加入申し込みをするのに、 電信電話債券を買わされた。これは、そのまま持っていても良いが証券会社が即座に買い取ってくれる体制もあった 。

電話を引くのには、電話線を張ったり、電柱を建てたり、とう洞を掘ったり、局内の機械設備を整えたり、相当の準備をしなければならないので、莫大な資金が必要ではあったが、基本的に、一度引いてしまえば、その加入者は、割安な移転料で、全国何処でも希望する設置場所に移転することが出来たという事情があり、電話加入権という一つの財産権が形成された。これは売買されたり、これを担保にお金を借りることも出来た。電話局が登記所のような役割も担っていたことになる。

電話を引くためには、電信電話債券を買わされるので、これが加入権と同じだと思っている人もいたが、これは別物である。当時の電電公社は、電話事業が主流で建設工事華やかなりし時代であった。これだけの負担をしても中々引いてくれないのである。線路や宅内の人は、電話が開通するとお神酒が出たりして、時には担当していた営業の人までそのお祝いに呼ばれたりしていたのだから、独占事業というのはのんびりしたものだった。

今や隔世の感があり、加入権の存在すら忘れられており、対人の音声による通信は携帯やスマホが主流になってきたが、この電話の積滞と同じことが私の仕事で発生してしまったから、昔のことを思い出してしまった。広辞苑等で積滞で調べても出てこないから業界用語であったのかもしれない。

この積納解消が、社会的使命で、毎年度最重要の事業計画として、当時の5ヵ年計画の中で、見直しをされていたのである。

私が主業務にしている異議申立てや訴訟の仕事は、この仕事に精通している人以外に手伝ってもらえる部分が少なく、今のところ、最先端を走っていることもあって、私自身、一晩寝ると直したいところが出てくるのだから、対策の打ちようがない。異議申立ての内は、改正法が適用になるまでは議論の場を設けていただけそうもないので、なんとかなるが、これが棄却され、一挙に訴訟に移った場合は、6カ月以内に提訴する必要が生じて、暫く経過するとかなりの混乱になることが予想される。


私は当初から、決着までの一貫した対処策を予定して受任しているので、その場合の対策も既に検討中である。当面は相当の実力と実績をお持ちの弁護士事務所に対して東海地方で一カ所、東京で一カ所の提携先を協議中だが、障害年金 受給者でも手掛けることができる料金の設定で苦労している。何故2カ所を予定しているかというと、被告が国であるので、どこの事件でも東京地方裁判所に提訴できるのだが、私の地元が愛知県豊田市であるので、地元の方々に対してまで遠方ゆえの不便をお掛けしては申し訳ないからである。一般的に、弁護士の着手金、日当は高く、障害年金受給者が手掛けるには、相当の壁になっているのである。

この私が見込んだ両法律事務所には、寛大なご対処を、期待しているところである。

愛知県社会保険労務士会 三河中支部 交流会旅行観光バスの車中にて

posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 10:54| Comment(0) | 11 所感

2016年02月13日

お客様の行動からのヒント


私のお客様は、障害年金を受給しているほどの精神障がい者の方が結構多いのだが、私は、そのお客様から教えられることが多く感謝している。何といっても、割合でいえば、統合失調症の罹患者が一番多い。この方たちからは、時には、私の予測できない、思わぬ行動を強行され困ることもあるが、それには、れっきとした因果関係があるのである。

本日は、既に、このブログにも何度も登場しており、都合により東京と神戸を行き来しているN.F様のことを書かせていただく。そもそもの彼女との縁は、ある新聞で私の事件の名古屋高裁での勝訴判決の記事を見た彼女からの突然の電話である。行きなり、判決書の写がほしいと依頼された。余りの熱意に暫くして送ったのだが、それから相当の長期間音信不通であった。

この間、何をしていたのかと言えば、デイケアの仲間や行政の窓口の担当者等の支援の下、審査請求、再審査請求、及び別件としての訴訟の提起をご自身の名前で行っていたのである。

現在は、私が、成年後見人に就任しており、その立場で私が法定代理人として障害年金消滅時効事件の本人訴訟をしている。

今日の話題は、彼女と私の事件の裁判記録との関係である。彼女は、この記録の写を全部ほしいというのである。市販のファイルに換算すると、厚目のファイルで3冊分程度にはなるのではないか。私が協力して、謄写ができるようになったとしても、自分でコピーするのには、品質保持上ADFではできないので大変である。 その間担当の書記官は監視を余儀なくされる。地元弁護士会に頼んでやってもらうと1枚45円 だという。仮に、1,000枚あれば最低でも4万5千円と郵送料等が必要となる。

私は、それでもほしいという彼女の気持ちが分からず、彼女には、今、実際に行っている自分の裁判の記録を保管していけば、これよりもずっと充実した資料だと説得するのだが、聴く耳を持たない。

私の、一部手書きの図解入りの書証やピアノを教えていた私の妻の当時の行動に関する記録や長年闘ってきた歴史や全てが大事で、ご自分のお守りとして、写をずっと持っていたいというのである。ご本人の母親も病歴があり、私の調査では、平成9年5月5日、母55歳、本人33歳の時に死んでしまった。4月30日に入院し、病院に居ながら、どうしてこの病気で一週間で死んでしまうのか。原因も知らされず、ずいぶん辛い思いをしたようである。これらのこと全てが、裁判記録と絡んでおり、切っても切り離せないのである。

仕方ないので、経緯等を確認後、 私が必要ということにして私の名前で地元弁護士会に謄写申請を出すことにした。私が話を聞く前に、既に3度程は、東京や神戸から名古屋地裁を訪ねてメモを録ったり、謄写を依頼したりしていたようである。正規の謄写の申請資格はなく、 私は、突然の電話で、現場まで、来てくれと依頼されたことも、そのための委任状を依頼されたこともある。

ご本人は元々裁判所の傍聴等は好みのようで、暇さえあれば近くの裁判所に出向き傍聴していたようである。私が成年後見人に就任する前から、不服申立制度や裁判の制度についても興味を持っていたようである。

偶然とは恐ろしいもので、彼女が私の高裁での判決書を根拠に提訴した東京地裁での裁判長が、私の事件の名古屋地裁での第一審の裁判長と同一人物であった。このM.M裁判長は、中味がよく分かっていたので、彼女の事件については、却下(一部棄却)判決を下したのだが、別途、給付請求訴訟は可能である旨を判決文の中に書いてくれた。

おまけに、その時の担当書記官の上司が、その時の提出先窓口は、行政訴訟の窓口とは異なる民事訴訟の窓口である旨非公式に伝えてくれた。この言葉が頭から離れない彼女は、私の作った訴状をコピーして、これを基に、地元の社労士が作ってくれた「私の気持ち」や、法テラスで知りあった弁護士の作ってくれた「請求の趣旨」及び「請求の原因」を脈略なく提出し、正本と副本が違うとか、書証の番号が合わないとかの指摘を受けながらも、裁判所の書記官が付番してくれたりして、私の知らない内に、東京における身上監護等を目的に追加就任した別の成年後見人と、息子さんの名義で民事訴訟(その意味も分からず)として、もう一件の提訴をしてしまったのである。

私は、今からでも遅くないから、請求の原因を書いてくれた弁護士が代理人になって続けてくれないようなら、取り下げた方が良い旨のアドバイスをしているが、彼女は中々決心がつかない。

こんな彼女であるので、自身の裁判については、色々な面で興味を示し、本件でも、乙号証として提出されている平成26年5月号のジュリスト(労働判例研究 第1226「 公的年金支分権の消滅時効の起算点 -障害基礎年金支給請求事件」 東京大学労働法研究会)に、東北大学の岳さやか准教授が書いた私の事件に関する記事に話が及んだ。もう約1年9カ月も昔のことになるので、私は気にもしないでいたが、実は、私は、その時に13カ所の問題表現を見付け、発行元の有斐閣の担当者と電話とメールのやり取りの後、有斐閣と著者に抗議文書を送っているのである。これに対しては、何の返事もなく失礼なことと思っていたところ、彼女は、国がこの記事を書証として提出して、学者でも国の主張が正しいと支持している、と主張しているのだから、その時の抗議文を書証として提出し、国の主張は間違っていると主張すべきだという。

全くそのとおりで、私は、本件及び補佐人として提出済みのメイさんの上告絡みの理由書にも、福岡高裁の控訴理由書にも、この書証を追加することを決意した。 正に、お客様は神様だ !! 用法がおかしいかな !?
posted by 326261(身にロクに無い:身に付いていない:電話番号!!) at 11:28| Comment(0) | 1 障害年金